やりすごす日々



年上の友人から
「辛いことがそうでなくなるのは
時の経過を待つしかないです」
というメールをもらって
本当にそのとおりだと思う。
それ以外にない。

でも

楽しい時間はあっという間にすぎる
などというけれど
悲しい時間は全然すぎません。

あれからまだ三週間とちょっとしか
たってないというのがほんとにありえない。


このところ少し
「麻酔が切れてきた」感がある。

あまり号泣しなくなったけど
そのかわり悲しみの種類が
静かに、深くて重い。

と思いきや
ここ2,3日は
歩いててなんの前ぶれもなく
ぶわっとけて泣けてきたりする。

そんな
いままでに体験したことのない
よくわからない自分の感情の
浮いたり沈んだりを
なんとかやりすごす毎日です。


いわゆる「喪の仕事」の
第2~第3段階を
行きつ戻りつしてるのかしらん
とか考えながら



それでも
今週末、久しぶりに
楽しい予定を入れてみた。


となりで
笑ってると思ったら
突然ドォ~と泣いてたり、ゆえに
ハラハラさせてばっかりの夫に
おでかけを提案したら
嬉しそうだった。


紅葉見に行って
「絶対桜も来よう!」
と思っていたし
ちょっと遅いけど、京都行ってきます。
仁和寺あたりならまだ間に合うらしい。


「おかあちゃんに見せたかった(;-;)」

・・ってなるのは
まあ、仕方ない。
Commented by yumi at 2013-04-14 14:47 x
悲しみは深く、重い・・・本当にそうです。
6年経った今も、衝動的に涙が溢れてしまうことも・・・
そんな自分と折り合いをつけながら暮らしていくといった感じでしょうか。
でも、楽しいこともたくさんあります。もう、心のそこから笑えないーと思っていたのに、たくさん笑えます。
決して消えることのない痛みを持ってこの先、生きていくのですが、それによって、まわりの大切な人に対して、心の痛みや、より深い思いを持てる様になったかな・・・私はそれを知ることができました。
どうぞ楽しいこともどんどん計画してくださいね。
母を亡くしてから一年くらい、想像もできない幸せなこともありました。きっと母が私がくじけないようにお膳立てしてくれているんだな・・・と。
きっとお母様も見守っていますよ。
Commented by miyoda-miyomiyo at 2013-04-17 22:10
yumiさま
ありがとうございます。
ほんとにそんな日がくるのか、そうおもえる日もあれば
全然そう思えない日もあって
一か月しかたってないことを考えると
まだまだまだまだだなあ・・と暗い気持ちになります。
たぶん、今って、直後より違う意味で辛い時期かもしれんなと
考えたりもします。
母という人の死、人生の後半を見届けて
いろいろこの先の人生についても考えるところがあります。
人間って、悲しい生き物だなあ・・とか、です。

今、身近にお母さんをなくされた方はいないので
参考になりますし、励みになります。
ありがとうございます!
by miyoda-miyomiyo | 2013-04-11 20:30 | 日々雑記 | Comments(2)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31