カテゴリ:2008 ラスベガス旅行記( 6 )


2008年8月10日~8月16日
 ☆楽しかったラスベガス☆

8月15日 6日目


ゆうべ、というか昨日からの続きで
深夜1時半ころにパッキングがどうやら完了したので
部屋をでる3時頃まで少し横になる。

チェックインはいつもスムース。
サンフランシスコまでの1時間は3人の中でもっとも爆睡。
(一番昼寝しんかったもん)

SFOはほんとにいつも寒い。ここでの3時間あまりは
楽しみが終わってしまったという
喪失感もあいまって、かなりきついのだ。

今回はこじゃれたカフェに席を見つけて1時間くらいやり過ごせた。
c0180581_1125291.jpg


そして搭乗。
ここからは最後のツラ~い10時間。
早く過ぎることをひたすら祈りつつ、またウツラウツラ・・・。




こうして今年のラスベガス旅行は終了。
名古屋、あちい・・・

ペットホテルに預けたみよだをピックアップ。
(声枯れてんぞ~)

ぶあ~っとスーツケースと洗濯物をやっつけて
のんびりオリンピックを見ながら
晩ご飯は質素で胃にやさしく(?)
コンビニおにぎり~。



ああ今年も最高の夏休みだったな。

夫よ。
また来年も揃ってラスベガスに行けるように
がんばって働こうぞ!!

c0180581_1114598.jpgおつかれ~
by miyoda-miyomiyo | 2008-12-31 11:20 | 2008 ラスベガス旅行記
2008年8月10日~8月16日
 ☆楽しかったラスベガス☆

8月14日 5日目

実質今日が最終日。
いよいよ悲しくなってくる。

8時すぎに起床。
今日はいままでなぜか足を踏み入れたことがなかった
パリスへ。なかでも評判の高いバフェへ行列覚悟で参戦。
c0180581_103972.jpg
  
      パリにきてるようにしか見えん母娘・・          
c0180581_1092247.jpg
       

行列は40分ほどで済んだものの
う~~っぷ・・・
朝でがけに食べてしまったゆうべの残りのKKDが・・
お腹の中で、予定外の存在感を主張しており
滞在5日目、密かに進行していた胃の疲労とあいまって
パリの街並み風オサレなバフェを前にあえなく撃沈。
3人とも2回くらいしかおかわりに行けなかった!
無念・・・。

nao曰く、お嬢様の朝食。
c0180581_1032793.jpg


午後からはそれぞれ
フォーラムショップスで最後の買い物や昼寝&カジノ。
ラスベガスはこの各自・好き勝手感がよいのだね、きっと。


そして今夜、
ラスベガス最後に見るショーは「LOVE」
c0180581_1034584.jpg

c0180581_1035773.jpg


よかったわ~・・
ビートルズ、やっぱり天才だ
などとしょうもない言葉しか浮かんでこないけど
あまりにも定番すぎてじっくり聴かなかった曲も全部
こんなにいい歌だったんだと気づかされた。
CD買わずして帰れませんな。
naoも涙、涙だったよう。

ショー終わって出てくるとき
まわりの人、全員楽しげにビートルズを口ずさんでいる中にいて
本当に帰りたくなくて泣けてきた。
c0180581_106127.jpg



最後のディナーに選んだのはチーズケーキファクトリー。

胃はクタクタだったけど
アメリカンサイズな食べ物できっちりシメたかったし(笑)
c0180581_1094018.jpg

チーズケーキ・ア・ラモード(ア・ラ・モードってアイス付ってことなのね・・)
c0180581_1095497.jpg



こうしてラスベガス最後の夜は無情にも過ぎていったのであった・・

部屋から見える噴水ショーを
電気を消して、目に焼き付ける。
c0180581_10101070.jpg

by miyoda-miyomiyo | 2008-12-31 10:54 | 2008 ラスベガス旅行記
2008年8月10日~8月16日
 ☆楽しかったラスベガス☆

8月13日 4日目

4日目は必死で6時に起床し
webで予約した、バレーオブファイアへのツアー。
ツアーといっても我が家3人だけのために
クロスなび・黒沢さんが運転手&ガイドとしてついてくれるのである。
あまり世代もかわらない黒沢さんと、一時間ほどの道中
アメリカにきたきっかけの話や80年代の音楽なんかについて
話もつきない。

あのきらびやかなラスベガスの街並みからほんの数分はなれるだけで
「テルマ&ルイーズ」で見たような
な~んにもない道が広がるようになる。

休憩場所で会った、年齢性別不詳いかにもアメリカンファミリー(笑)c0180581_838950.jpg


こんなんです。
c0180581_8385891.jpg


痛いような暑さ。
c0180581_8391163.jpg


不思議な形の岩。自然にできたアミューズメント、貸切で遊べるね。c0180581_8392637.jpg



とにかく衝撃的だったのは
初めて体験した、全く音のない世界。
家にいたら、常に家電のウィーンという音が途切れないし、
海へいけば波の音、山へいけば鳥の声や虫の声が常にある
という環境に暮らすものにとって
バレーオブファイアというところは
ほぼ砂漠。風も水も生き物も静止しているのである。
あんまり静かすぎて耳がキーンとなるような
なんか圧迫されてるような、不思議な感覚に
ちょっと恐怖すら覚えてしまった。
よくある観光地のように、観光客でにぎやかというわけでも
全くなく、ひろ~い静かな場所に自分達だけ。
地球で最後に生き残った人類(おおげさ)になったような錯覚も味わえる。

ツアーのメインに黒沢さんが用意していたのは
ホワイトドームに向かう、トレッキングコース。
工程30分ほど、足元は砂(砂漠ですから)、結構キツいアップダウンと
おそらく40度超えの気温は
観光というよりもはやシゴキ(笑)
しかし、ひーひーいいながら(終盤は無言)たどりついた
黒沢さんおすすめの場所は
がんばっていった甲斐の充分ある素敵な場所であった。

アンテロープキャニオンまで行かなくても・・・?
c0180581_8394411.jpg


そのあとはプレミアムアウトレットに寄ってもらう。
(当初タイムズスクエアの予定だったが、お目当てのホールフーズマーケットが
まだオープンしていなかったため・・・無念)
ここでは主におみやげの買い物が目的である。
ロクシタンで日本ではみないコフレや
ちょっと安くなってる定番をありがたくゲット。
しかしここの暑さはコンクリートの照り返しなどで
ひょっとするとバレーオブファイアより厳しい・・・。


夕方部屋に戻り、もはや日課となった昼寝~。
また8時頃より行動再開。
晩ご飯はミラクルマイルのイタリアンで。
夜食にクリスピークリームドーナツという禁断のコースも
もはや定番と化している。

このツヤ・・・。c0180581_8404485.jpg



c0180581_8401918.jpg
激しい乾燥と日差しにさらされたお肌を
労わらねば取り返しのつかないことにもなりかねん・・・(砂でジャリジャリいうし~)

by miyoda-miyomiyo | 2008-12-31 09:58 | 2008 ラスベガス旅行記
2008年8月10日~8月16日
 ☆楽しかったラスベガス☆

8月12日 3日目

3日目は、未明の夫の不吉な腹痛から始まったのであった。
1年に一度くらい
思い出したようにヒドイ腹痛に見舞われる夫。(石か何か・・?)
それがラスベガス滞在3日目にあたってしまったのだ!
海外旅行障害保険の案内を持っていたため(←ホントよかった)
そこに連絡して、夫、自力でタクシーで救急病院へ。

しかし今日はチェックアウトとチェックインをしなければいけない日。
チェックアウトのほうはなんとかなるにしても
チェックインは、部屋の交渉とかしてほしいんだけどな・・
などとを考えながら帰りを待つ(鬼)。

するとぎりぎりで夫が点滴で復活して帰還・・・助かった・・。
でも病院ではクレジットカードの読み取りがうまくいかず
カードを使ってキャッシングするハメになったり
タクシーの運転手が道まちがえてけんかしたり
かなりすったもんだ大変だったそう。
なんと費用のほうも合わせて5万近くかかっているし。
お、お、恐ろしい・・・。

それからヘロヘロの夫が
次のホテル、シーザーズパレスのチェックインも
がんばってしてくれたのだが
ここでちょっと意地悪そうなフロントのおっさんに
最初、ローマンタワーという
支払ったのより低いグレードの部屋をアサインされて
またここでもすったもんだ。
もともとオーガスタタワー指定で予約してあったので
おっさんがまちがえたんだろうに
ローマンタワーなら今すぐ入れるけど
オーガスタタワーだと今すぐは部屋の準備ができてないよ、といわれる。
3日滞在するのにダウングレードなんて・・理不尽な。
ほんとはオーガスタタワーでさらに噴水の見える部屋を!
っていう交渉をするつもりでいたくらいなのに
やっぱりそんな妥協はできないよ~
ってことで
夫には申し訳ないけど、
チェックインできる時間まで待つことに。

勝ち取ったこの部屋。素晴らしい・・・。
c0180581_17284269.jpg

噴水もちゃんと見えてるし
c0180581_17522090.jpg


ようやく落ち着いたところで
夫を休ませ、ワシとnaoでなにか消化のいいものを調達に。
ホテル内のフードコートに巻き寿司とか売ってる店があったので
そこでみつけたSeafood UDON (怪しげ~)
を夫のためにお持ち帰りしたのであった。

その後急速に回復した夫。
今日は22時からのランスバートンのショーがある。
マジック大好きな夫のためにとったチケットだったので
なんとか間に合ってほんとによかった。
そしてさらにそのランスバートンのショーで
スゴイ展開が!!

上演中、写真はとれないので、こんだけc0180581_17285642.jpg


席はなんと最前列。
ランスバートンがお客をいじる、しかもかなりの親日家とは聞いていたが
まさか夫に白羽の矢が立とうとは・・・

客と軽く会話をして、
ノリのよさとか、言葉が理解できるか、などを
さりげなく見極めていたようで
何度か会話をするうち、「よし決定」とばかりに
突然舞台へと駆り出される夫!
ひゃああああ~!
演目(っていうのか?)はランスとの二人羽織マジック~。

夫は私からみてもなかなか器用に飛び入り出演の大役をこなし
客席のアメリカ人はドッカンドッカンウケまくっていました。
びっくり!
マジック好きの夫には本当によい思い出になってよかった。

そしてnaoと二人、
「今日はパパの日だね」
と納得(笑)

今夜のピクニックディナー
c0180581_17291211.jpg

by miyoda-miyomiyo | 2008-12-30 18:36 | 2008 ラスベガス旅行記
2008年8月10日~8月16日
 ☆楽しかったラスベガス☆

8月11日 2日目

前夜寝たのは4時近く。で、起きたら12時であった。
今日のランチは美しいwynnのバフェへ。
c0180581_165982.jpg


ほんとにここは美しくておいしい。
さらに今回は2時頃席に案内されて
だーらだーら食べてたら、ディナーのメニューも出てきて得しちゃった!
(カニとか登場するのだ)
c0180581_16592484.jpg


しかし満腹になって部屋にもどり
不覚にもまた昼寝をしてしまう人達。(ワシはカジノ)

部屋からの夕景c0180581_16593767.jpg


活動再開は夜の7時半頃で、
道を渡ってすぐのファッションショーモールでお買い物。
アバクロでポロシャツやビーサンなど。

そして晩ご飯はベネチアンのフードコートにあるネイサンズで調達。
c0180581_16595071.jpg


あと、Coffee Bean & Tea Leafで
キャロットケーキとカップケーキなどを購入。
お部屋で楽しくピクニックディナーしながら
北京オリンピックを見る。

明日はホテル移動なので、パッキングしていたらやっぱり
寝たのは3時近く・・・これがベガス時間なのだ~
c0180581_170259.jpg

by miyoda-miyomiyo | 2008-12-30 17:26 | 2008 ラスベガス旅行記
今年のラスベガス、今年のうちに!

2008年8月10日~8月16日
 ☆楽しかったラスベガス☆

8月10日(一日目)


セントレア発UA830便、搭乗手続きをサクッとすませ
ラウンジでくつろぎ中~
c0180581_164474.jpg


足元広めの席で快適・・のはずだったのにやっぱり眠れないワシ。
「ラスベガスをぶっつぶせ」などを見つつ、うつらうつら
10時間、寝たんだか寝てないんだか・・

機内食はこれ。さらに経費削減しましたね?
c0180581_1641581.jpg


ようやく着いたサンフランシスコで、やっぱし乗継に失敗。
簡単にいくとは思ってなかったけど・・3時間とってあったんだけどね~。
とにかく寒いSFO、次の便に振り替えてもらえたのは
まさに僥倖であった。

夕方ラスベガスに到着!!
今回3日目までの拠点、wynnにチェックイン。
夫とnaoが仮眠をとる間
いつものように荷物を開けて
クローゼット、洗面所の定位置に収めて滞在中の快適空間を作る。

二人を起こして7時過ぎ(と言ってもまだめちゃめちゃ明るいのだ)
ベネチアンの中のグランドラックスカフェへ。
前回はいけなかったので2年ぶり~。嬉しい~

そしてストロベリーショートケーキ・・。
c0180581_164322.jpg


こういう大きさなんですぞ
c0180581_1691391.jpg


多分唐揚が20個は入っているであろう、クリスピーキャラメルチキン。c0180581_1644169.jpg


おなかパンパンになって、ストリップを散歩。
とにかく中は冷房で寒いので、夜の屋外を歩くのは
ちょうどよくて気持ちよいのである。
c0180581_165376.jpg


22時からのO(オー)を見るため、むかったのはベラージオ。
華やかなホテル内をゆっくりそぞろ歩く。

チョコレートファウンテン!!なんて素敵な流れ!c0180581_1651522.jpg


今回が初めてのO。
なんだかわけがわからないうちに涙がドドドと溢れてしまう
素晴らしいショーであった。
なんだろう?人間って素晴らしい!!みたいな感動なのかな?
席が端のほうだったので次回必ずもう一度見るつもり。
ちなみに夫はかなり眠ってしまっていた、が、それもありなんだよね・・
退屈ってわけじゃなくて
あの幻想的な世界が極上の居眠りにいざなう、とでもいおうか。

そういうワシはKAで半分以上船こいでおりました。。
c0180581_165258.jpg

by miyoda-miyomiyo | 2008-12-30 16:56 | 2008 ラスベガス旅行記

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31