カテゴリ:映画のこと・本のこと( 42 )

旅行の話と映画の話


「いってきます」も言わず
彼の地より帰ってすでに2週間余。

暑さでだらけるとともに
大きな旅行が終わった虚無感に苛まれて
ブログにログインすらしてなく(7/12以来)

これはいかん(-_-;)とばかりに
ちょっと気分転換することにしました^^
9年近く使ってきたブログスキンが
なんだか最近ちょっとばかし古臭く見えてたのでねー
(居心地悪くて戻す可能性もなきにしもあらず)



c0180581_15185737.jpg


2013年の年越し以来だから
3年半ぶりのラスベガス
行く前はウダウダ言ってた
舌の根も乾かずいいますけど
ラスベガス最高でした♡

正直、やっぱり
あたしぁーハワイよりベガスだわ、と。
浮気してごめんよっ
という、とにかく楽しい滞在でして





c0180581_1519139.jpg


とはいってもやってたことや
食べたものはかわりばえなく
見たショーも「O」と「ONE」(どっちも2回目)
なので、旅行記はあっさり目になりそうな

今回のベガス滞在で
新しかったのは、冒頭画像
初めてのトレジョ・ショッピング♪
そして、とにかくUberが快適だった件
あたりですな!

ホント、Uberよりタクシーが勝る点って
ひとつもないわっ






c0180581_15191954.jpg


トレダージョーに関しては
買ったもの画像は一部でして(もう食べた&ばらまいた)
大興奮で買い物しまくり、楽しかったなー

ああっ!また行きたい!!



てなわけで
あっさり目旅行記、鋭意編集中








さて


c0180581_151932100.jpg


きょうはお休みだったので
朝から掃除、洗濯、買い物を精力的にこなし^^
さあーブログ書くぞーって思いながら
テレビをつけたら(なぜテレビをつける)

ちょうど始まってしまった
Roomという映画

いつもいいますけど
ちょうど見れるタイミングで
始まった映画は縁があるので極力見る

というポリシーのわたくし

ほぼ前知識なし
リモコンの番組説明によると
7年間「部屋」に監禁されていた母と子
のお話らしいので
おぞましい話だったら途中でやめよう
というつもりで見始めたら


そこから最後まで一瞬たりとも
目が離せない、素晴らしい映画でしたの。
特に後半は涙、涙で。

確かに内容は高校生の時に
男に誘拐された主人公が
その監禁された部屋で出産、その後7年
・・という
恐ろしい犯罪あっての
ショッキングなものには違いないのだが

憎むべき犯人がこの映画では
意外なほど描写されておらず
(そいつが捕まってどうなったかも言及がないほど)

全編にわたって
部屋で生まれて5歳まで
部屋しか知らずに育った
ジャックの目線で描かれているので
本当になんだかもう
こんなに心震わされていいんでしょうか
(こんな問題作で)っていう

部屋からの脱出シーンはまさに
手に汗握るほどだったし
ジャックが初めて見る「世界」や
ママ以外の人々が本当に
いやらしくなくて(これ重要)
もちろんジャックは「犯人の子」なわけだし
そのあたりママと周囲の人の葛藤も
めちゃくちゃあるのですが

いやー
すべて5歳のジャックの天使さ
浄化されるというかねー
(って、こんなまとめですみません)

映画観終わったあと
いろいろググってみたら
Roomはわたしなぞが絶賛しなくても
アカデミー作品賞ノミネート作だったんですなー
納得納得。


てか
この年(第88回)のノミネート作
ほとんど見てるわ。
マッドマックス怒りのデスロードでしょ
ブリッジオブスパイ
レヴェナントオデッセイ
作品賞のスポットライトは見てない(^^;けど

この中であたしが選んだら
まちがいなくRoom が作品賞
(マッドマックスも捨てがたいが)
ジャック役のジェイコブ・トレンブレイ君が
主演男優賞ね
(実際はレオナルドディカプリオが悲願の初受賞)
ちなみに主演女優賞はママ役の
ブリー・ラーソンが受賞していて納得。




画像は
食べながら見てたグリーンスムージー味
夫に「暑いからサッパリ系アイスを頼む」
と言ったらこれ買ってきた
サッパリかはかなり微妙
チアシードはなかなかよいアクセント♡



その傍らで



c0180581_15192661.jpg

暑いので人の水滴に食らいつく猫








.
by miyoda-miyomiyo | 2017-08-02 17:02 | 映画のこと・本のこと | Comments(0)

いやー

面白いとは聞いていたが!
めっちゃツボでした。
マッドマックス 怒りのデスロード

c0180581_13371935.jpg

最初から最後まで
終始一貫この絵ヅラ

キャハハハ~!
っていう人たちが
行って帰ってくる
っていう映画なんですけど

ハチャメチャで面白くて
アクションがすごくてすごくて
マシンがかっこよくて砂漠が綺麗で

あー
映画館で見ればよかった。



c0180581_13421166.jpg

仮面がパカッて取れたら
グッドルッキングガイでてきます♡
マックスね




ちなみにこの

c0180581_13422512.jpg

車から車へ棒高跳びみたいなやつで
飛びうつる人たちのシーンは
元シルクドソレイユのメンバーが
監修したとかしないとか






てことで


シルクドソレイユからの~
夏休みの話。


去年の夏に飛行機の手配はすんでる
今年のハワイ→ラスベガス旅行が
気づけばあと2か月後に
せまってきておりまして

ちゃくちゃくと手配関係
がんばってまーす^^

ホテルについては日々かわる
価格とにらめっこしつつ
ここにきてGWセールでHISが
たぶんこれ以上安値はないね!という
価格を出してきたので、決めました。



なにかと物議をかもしてるお方の
ホテルですけど

c0180581_2127512.jpg




あ、こっちでした



c0180581_2151495.jpg

だってホテルはいいんだもんー^_^;


一時はハイアットリージェンシーに
決まりかけたものの
最終的にはホスピタリティのトランプで。
なんで社長はあんななの


ラスベガスは前回とり損ねたエラーラの
ワンベッドルームを納得の価格で(4泊10万)
ほぼ決定。
今回はいつになく迷いがないです!

あとはー
ショーのチケットと
2008年以来のOを見る予定
それから
ハワイのシュノーケルの申込みとか
チャーリーズタクシーの予約とか
レンタカーの手配とか
あとまたOpenTableでレストラン予約と

ドルもどうだろう
そろそろ両替しとくべきかなー
とか。



かなりスイッチ入ってきたーヽ( ´ー`)丿



.
by miyoda-miyomiyo | 2016-05-08 22:26 | 映画のこと・本のこと | Comments(0)

あー
今日も一日が終わってしまうぅぅ

この2週間、濃かったわー
いえ、わたし基準ですけど。


夫の誕生日ランチに始まり
お姉ちゃんが泊まりにきて
名駅でシャンツーダンダンミェン食べたり
家の近くにできたタコス屋の
デリバリー頼んでみたり

半年ぶりの友達とあって
それがメキシコ料理でまたタコス食べたり
タコスづいてた週

3年以上ぶりの友達とあって(夫込み)
カラオケ屋でガハガハ笑ったり


映画はなんだかんだで3本ほど見て
5本の指に入る良い映画に出会ったり

送別会のお店リサーチ&調整したり
楽天お買いものマラソンにも軽く参戦したり

そーいえば
名駅のダンダンミェン、あんまり辛くなかったよ!
ってことで味仙の台湾ラーメンでリベンジしたり


ようやく冬の終わりが見えたので
春の旅行計画に着手、3~5月、各月の手配を完了
ただし途中
ヒルトンの予約システムのことで
クレーマーババアになったり(;3;)
こっちだって気分悪いんじゃー


そして今日
ホットヨガのきついクラス(あくまでもわたし基準)
ヨレヨレになるも
ここ数日気になってた股関節の痛みが
嘘のように消えてびっくりしたり。
可動域が広がるせいらしいです



※※※※※※※※※※※※※※※※



夫のバースデイランチはイノーヴェ
年末のレディースプラン会で
すっかり気に入ってすぐに予約を入れておいた。


c0180581_21504761.jpg
c0180581_2151653.jpg
口取り?的にでてくるバーニャカウダ超絶美味。
ブリオッシュにつけて食べる赤ピーマンのムース!
なんてオサレなのだー
しかもウマイ


c0180581_214231.jpg
c0180581_2151398.jpg
c0180581_21515255.jpg
メインまで怒涛のボリューム感であったが


c0180581_21521041.jpg
最後に出てきたこのフロマージュ
なかなかの上級者向けクサさで^^;
完食できず不甲斐ない・・


c0180581_21523942.jpg
ファーストネームでフレンドリー


c0180581_21432288.jpg
外観も素敵なイノーヴェさん
ぜひまた行く♪





c0180581_21525856.jpg
実家に通ってた頃は
隔週くらいで行ってた想吃担担面
デフォルトの辛さ、変えたのかなー?
黒酢水餃子は安定の美味しさ^^


c0180581_2153145.jpg
家のそばに唐突にできてた
RICO-TACOSというタコス屋さん
平日はデリバリーもあり

すっかり気に入って
週末にも、今度はテイクアウトで利用
つぶれないように宣伝せねばな!
歯医者で、美容院で



c0180581_21532724.jpg
エスニック女子会@メキシコ料理 ロス・ノビオス
やたらと居心地いい店だったなー


c0180581_2271479.jpg
今週何個目かのタコス






閑話休題。



1人で家にいるときは
タイミングが会えば
映画をさくさく見られるように
映画チャンネルをいくつも契約している。
あんまり考えずに、パッとつけたらちょうど
始まった映画なんかは縁があったと思って
よっぽどつまらなくなければ見る。

そーすると
時々はこんな当たりをひくのです053.gif


c0180581_21533654.jpg

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~


わたくしのように
まったく何も知らずに見ることが
たぶん重要なので
何もいいますまい(けして手抜きではない^^)

これヒットした映画なのかなー?
知らなかったけど結構新しい作品みたい。
最近、ドラマもそうだけど
ダウントンアビーね
自分の中でイギリス作品が熱いのだよねー
イケメンもオシャレな人も出てこず
あえて地味なのがツボでしてー

アバウト・タイムの主人公も
はっきりいってぜんぜんイケメンじゃ
ありませんから。

軽いラブコメだと思って見始めたので
いったいこの2人にどういう落とし穴がー?
と思ってみてたら、そんな単純じゃなくて
途中からもうじんわりいろいろと沁みてきて
素晴らしいですよー☆
本当にオススメしたい。
ただし予備知識なしで見ていただきたい。

レビューとかで結構「駄作」などと
吐き捨ててる人もいるけど
たぶん見方を間違えた不幸な人だと思うなぁー




この週に見たもう一本の映画が
インターステラーだっただけに
いやー、映画ってホントにいいものですねえー
と、なぜか水野晴郎口調に・・


c0180581_23162359.jpg


インターステラーが悪いって意味じゃないです
みんな違ってみんないい、という話^^


インターステラーはクリストファーノーラン監督
と、後で知って、あ、なるほど!となった映画。
インセプションと、どっか通じてる雰囲気。
ただ、3時間近い本編のうち前半は
やや退屈で、挫折しそうになったけど
終盤、伏線が回収されだすと俄然
いい映画見たー!って気になる。
そんな映画でしたよ^^

しかし、お金かかってんだろうなー
アバウト・タイムの、軽く10倍くらいは・・(-ω-)






というわけで




c0180581_21535192.jpg
最後は味仙の台湾ラーメン画像
刺激を求める心が満たされた時間^^

いつかむせずにすすってみたいものよ
by miyoda-miyomiyo | 2016-02-19 23:44 | 映画のこと・本のこと | Comments(0)

週末の映画、結局
アメリカンスナイパー見てきましたよ。


c0180581_1455262.jpg



この映画、実話ベースって
知らんかったですよ。
あらすじとかクチコミを
事前に見ないようにしているもんで
特に「見たい」と思ったのに関しては極力。
まー「見たい」と思ってる時点で
なんらかの情報はキャッチしてるわけですけど



えーと
クリントイーストウッド監督
ブラッドリークーパー主演
アカデミー賞有力候補で話題沸騰
・・くらいの予備知識で

どっちかっていうと
もちろんフィクションの
スパイ物?エンタテイメント性高いヤツ。
を勝手にイメージしてたので
前回エージェントライアン
引き合いにだしたりしてたわけですが


んーーーーー

これはーー
あんまり好きじゃなかったかも。


160人余りの敵を殺害し
仲間を救った狙撃手として
レジェンドとまで呼ばれたカイル。
戦地から戻りPTSDに苦しみながらも
家族との幸せな生活を取り戻すのだが
・・・!

最後は
えっ・・
という結末で


んーーー
んーーー


これ
あらすじ知ってたらまた感想は
違ったのかもしれんけど
よーするにまず
戦争アカン!という
シンプルな気持ちですよ。
しかし世界は複雑で
そう簡単じゃないと
わかってるだけに絶望的な
気持ちにならざるをえんというかねー

主人公のカイルも
なんていうか
いかにもアメリカの愛国者!
って感じで
割と単純な人物に見えたんで
苦悩してるところも
正直あんまり胸にしみるもんが
なかったのよねー
わざとなのかなー?

んー
だからやっぱりこの映画に関しては
いろいろと考えながら見たほうが
(こういう演出かー、とかね)
つまり結末を知ってたほうがよかったのかも

まーなんだかんだいって
イーストウッド監督は器用ですなー

でもやっぱり
アメリカ賛美ととられても仕方ないのかな?
という、漠然とした違和感はあるのよね・・






なにより残念だったのは





私の大好きな


c0180581_1455201.jpg

ハングオーバー!シリーズの


あのお下品映画にあって
このイケメンが主人公の一人であることが
どんだけ絶妙なバランスをもたらしているか
・・な存在 ブラッドリークーパー様が



c0180581_14552745.jpg

ね?053.gif






この度





超精鋭部隊・ネイビーシールズの
伝説的狙撃手になりきるために





15キロ増量の役作りを!



            ↓↓↓




c0180581_1504734.jpg


デデ、デカい


見る影もなくなって・・
マッチョ苦手なのよね(-_-;)



即刻元に戻していただきたい!
by miyoda-miyomiyo | 2015-03-05 22:51 | 映画のこと・本のこと | Comments(0)

月とハッピーターン


c0180581_16364415.jpg



つか
極小すぎだろ!
って言われそうですけど^^;
スマホの限界

たまにはわたくしも
人並みに天体ショーなるものを
鑑賞してみたという証拠。


はー
きょうも疲れましたわ。

単純に
3月まで3人でやってた仕事を
2人でやってる、それだけのことなんだが
たまってる事務仕事
+かかってくる電話対応(結構な量)
+窓口での各種手続き対応(結構な量)
を並行してやるのは
とにかく机の上がぐちゃぐちゃになるです。

ただでさえ
脳細胞絶賛死滅中なのに
その脳をフル稼働してるので

帰りの地下鉄で本を広げてもですね

今読んでるのは向田邦子の短編集
今日から新しい章なり
↓↓↓

赤澤しまは、森口佐江の入れてくれた渋茶をすすりながら、佐江の後ろ姿を眺めていた。佐江は、しま持参の菓子折りを仏壇に供え、慣れた手つきで灯明を上げている・・中略・・佐江が、セルの着物を来た背をかがめて白髪を下げると、しまの位置から、黒枠に納められた青年の写真が見えた。すっと通った鼻筋と薄い唇が佐江の鼻と口に酷似していた。佐江が鈴をたたいた。その音に驚いたのかしまの膝元のバスケットの中で子猫がみゃあと鳴いた。知り合いの米屋から佐江がしまのために譲り受けてくれた子猫である・・中略・・しまの息子・良夫はしがないサラリーマンだが三十年身を粉にして働き、やっと郊外に小さな建売を購入した。狭いながら庭のある家に引っ越すことになり、しまも念願の猫を手に入れたという次第であった。


というのが出だし1ページほどの情報
向田さんは脚本家なので
目に浮かぶような描写がお手のものである。
そして語り口調は完全に客観的で
どちらの人物目線でもないもんだから
これがねー
頭に入らんのなんの!
しまと佐江、老婆二人が
もー、どっちがどっちなのか混乱して
1、2ページ目を3回くらい行ったり来たりする始末。
脳が疲れて情報を受け付けないのですわ・・
残念だ。



そんな夜はひとりで月でも見ながら
夫は飲み会


c0180581_16365669.jpg


ハッピーターン・シュガーバター味☆


ターン王子いいね~
ひねり王子も好きです^^

味はね
甘い甘いハッピーターンですよ、うん。
でもやたら後を引くんだなー
ついついノンストップで
5枚も食べてしまいましたわ





そのあとは例によって
やっていた映画(たまたまね)
ゆっる~く鑑賞。


c0180581_17431369.jpg



音楽に関してはGleeでも
ディスコ特集で全部やったので
よーっく知ってるけど
そういえば映画は未見だった

前にもちらっと書いたけど
ジョン・トラボルタは結構好き^^

しかしー
でてくる女子がかなーりイマイチなんですわ。
トニーが一目ぼれしちゃう設定のステファニーも
変な髪型(流行だから仕方ないとはいえ)
変な服、ダンスがめちゃくちゃ素敵かっていうと
そういう見せ場もなく
おまけに性格も悪い(役柄だが)
っていう・・

さらに
トニーは街のディスコで
「キング」と呼ばれてるっていうのに
ダンスシーンは社交ダンスみたいなやつを
ゆるゆる踊ってるだけで

うーむ・・モノたりん!と思ってみてたら
ある夜のディスコで唐突に





ワハハ!


これこれ、これが見たかったのよ~♪

いやー
なんか斬新。


でも
思えばここが一番の見どころだったかな(^_^;)


ストーリーはこの後
薄~い友情ベースの
若者の苦悩などもはらみながら
展開していくわけですが
最終的にはトニーは
もうチンピラ仲間とは遊ばないぜ
という決意
彼女とはこれから
つきあうのかどうか
っていうもやーとした感じで終わりまする。


Glee のエピソードの中で
確かシュー先生が、この映画を
絶対みなきゃダメ!くらいの勢いで
絶賛してたと思うんだけど
・・謎。


あ、ビー・ジーズの音楽は
素敵です^^



c0180581_1637821.jpg

by miyoda-miyomiyo | 2014-10-09 00:00 | 映画のこと・本のこと | Comments(0)

梅雨のような天気が続いたと思ったら
ありゃ、夏、終わっちゃったの?
・・と見せかけて
いや、このままで終わるはずはない
という気もするし。
夏から秋にかわる時期の
朝晩のひんやり感は大好きだけれど
なんか今年は早いですな。
まだもう少しいてもいいよ、夏
などと思うここ数日。


先週後半は
人生初の急性腰痛(ぎっくり腰ともいう)を患い
東京のライブハウスに出演する姉(フラメンコね)
応援に行く予定は無念のキャンセル。
新幹線の切符もT-T

家で安静(&ヒマ)にしてる時こそ
旅行記をさくさく更新せずにどうする!
というまっとうな意思と
いや、腰が痛いんだし
座っての長時間の作業は負担になるんじゃ?
という悪魔のささやきがせめぎあい
今に至る^^;

今後の予定としては
ささーっと夏旅行を2、3回更新し
それからラスベガスを終わらせて
あと函館もどっかで挟んで
(どっちもあと1回くらいなので)
そしてまた夏旅行に戻れれば
という所存でおりますので
よろしくお願いいたしますなにをー?



というわけで、の週末。

最近
スカパーの映画チャンネルで
そのときたまたまやっているB級ホラーを
とりあえず全部見る
という行為がブームのうちら夫婦。

今週は
REC/レック 引き続き REC/レック2
というめちゃくちゃコワいやつを見ましたT-T
「ブレアウイッチプロジェクト」や
「パラノーマルアクティビティ」
と同じ手法の
あれ、それだけで
こわいんですよねええええ・・
暗視カメラ状態になったりするとそりゃもう。

謎の感染症が発症して閉鎖された
(中に感染者を閉じ込めた状態でですよ)
古いアパートを舞台に
たまたまいあわせてしまった
取材クルーが災難にあう!あいまくる!
とにかく何が起こっても撮り続けろ
てことなんですの。
カワイソウにー


最終的に謎の屋根裏部屋から

c0180581_14504359.jpg


こんなん出てきますのよT-T


これスペイン映画だそうで
英語じゃないのがまたちょっと
無味乾燥というか現実ばなれ感を増幅して
怖い!
そしてレポーター役のスペイン女性の
騒ぎっぷりがめちゃくちゃ
うるさい!

70分くらいの短い映画なんだけど
見終わったらハアハア・・ってくらい疲れましたわ。
でもクチコミによると
2を見て初めてRECは完結する
とか
1は序章にすぎない
とか書いてあるし
仕方なく引き続き見始めたら
2は、1が終わったその場面から
始まるという、ハードな構成でしてT-T
一息つかせてくれいっ

ハアハア・・


見てる途中
ホラーに造詣が深いぶいやんに
「REC見とる~?」とメールしたら
「前、DVDで見たよ
あれは怖いよ~フッフッフッ」

とな。

わたしたち、当たりを引いたようだわ。


ちなみに先週は ピラニア2 でした!
やたらと金はかかってそうな映画でした!

by miyoda-miyomiyo | 2014-09-02 20:00 | 映画のこと・本のこと | Comments(0)

カイとゲルダ


みよだは順調にエサを食べ(量は少ないながらも)
まずまず落ち着いております。
エサの切換えは完璧に成功した模様^^


っちゅーわけで
週末は阿智村の花桃まつり&映画・・
先週不完全燃焼に終わった解放感を
ぼちぼち思い出し喜び中です~(-υ-)


見てきたのは
超・話題作アナと雪の女王

c0180581_22375337.jpg


何故にうちら夫婦でディズニー映画?
かというと
雪の女王・エルサ役の声(歌)を
Glee のレイチェルのママ役
イディナ・メンゼル が担当してるとゆー
理路整然とした理由があります^^


いつものミッドランド名古屋空港
もちろんレイトショーで・・と思いきや
なんとー
松たか子、神田彩也加の吹替版が
よっぽど好評なんでしょうなあ~
字幕版は1日たった2回
(先週調べたときは吹替版と同じくらいやってたと思う)

しかも、今週土曜日までなんですと。


うーぬ


吹替版に押され
あえなく終了の運命にある字幕版
とはいえそこは日曜日。
しっかり満席のシアターで
劇場でディズニーは
なにげに初めてのわたくしでしたが

うん、
とっても楽しめましたよ♪
歌もよかった^^
松たか子、Let It Go 歌ったのかな?
そりゃ歌ったんだよねぇ~
やるなぁ^^


しかし
あれは女の子大好きだわ~絶対。
お姫様で魔法使いですもん。
そして幼少時にあの作品を見られるって
素晴らしいことですよ。


そうそう
大人のわたくしとしては
それよりなにより

見始めて途中で
(雪の女王のお城を探していくあたりで)
ハタ!と頭に浮かんだんです。

あ・・これ・・
カイとゲルダ?
って。

そうだよねぇ~
「雪の女王」だもんね。

アンデルセンの雪の女王。
子供の頃うちにあった少年少女文学全集?
みたいな本の中で、大好きだった
「赤毛のアン」や「あしながおじさん」に比べて
「雪の女王」はなんか怖かったので
熟読してないのだ。

カイの目だか心臓だかにガラスのかけらが
刺さって、カイが人格かわっちゃって
雪の女王にさらわれて
ゲルダが探しに行く・・と
いったような内容だったかと。
なんか挿し絵も地味で
大人っぽかったような記憶。

カイはたしか男の子だったし
内容はちょっと違うんだけど
全体的なムードはなんとなく似てるのだ


こういう
子供のころに封印された記憶(おおげさ)
なんかのきっかけでハタ!と思い出すのって
すごく不思議な感覚で、おもしろい。

上映終わってから興奮しつつ夫に
カイとゲルダだよっ、て力説しても
少女文学を夫がしっとるわけもなく・・(-_-;)
わかちあえるのはおねえちゃんくらいだな



とはいえ

ミュージカルLOVEの夫
アナ雪もたいそうお気に召したようで

c0180581_22234543.jpg


わたしが買い物しとるあいだに
さっそくこんなの、購入していた

わ、わかりやすっ^_^;



しかしサントラって
歌のところはあっという間に終わって
3分の2くらいはBGMじゃんね~
コスパ悪し!笑

by miyoda-miyomiyo | 2014-04-20 23:54 | 映画のこと・本のこと | Comments(0)

パニック映画を2本


きょうはお休み。
昼から出かけたのをはさんで
午前中に1本、夕方から1本
映画、たまたまやってたのを見た。


とくに朝のやつは
聞いたこともない映画だったけど
チャンネル合わせたらちょうど始まって
ついつい見入ってしまった
FROZENっていう


c0180581_2244827.jpg


営業終了間際のスキー場。
乗り込んだリフトが地上15メートルに
停止してしまい
若者3人が取り残されるという
とにかく寒い寒い映画でした。




c0180581_22434539.jpg

つまりこういう状態(T_T)


もう、にっちもさっちも!
とはこのことですよ。

事態を打開すべく、助けをよびに
15メートル下に強引に飛び降りたダン。
が、意外に凍っていた地面で両足を骨折(T_T)
このまま凍死か!と思いきや
さらに悪いことに、集まってきたオオカミに
生きながら食われてしまうという調子で
次から次に悪いことが起きる
もー、悲惨な映画っ!!

これ最後どーやって終わるの・・
という興味だけで最後まで見たけど

うーん

最後はね

ああ・・そう・・
っていう地味な終わり方でしたよ。
90分、眉間にシワが寄りっぱなしだった
と言う意味では釘づけに
なってはいたんですけど
(おかげで出かける時間が遅くなった!)
見てる間は、あの127時間を彷彿とさせる
息詰まり度だったけど、なんかたぶん
ちょっと詰めが甘いから、B級映画な扱いに
なっちゃったのかな、という感じ。

そもそもこんなあっちゅうまにオオカミが群れで
集まってくるとこにスキー場作っちゃいかんでしょ





そして夕方からのもう一本。




これですの。





c0180581_2334760.jpg


パニック映画とくくってよいのか?
はわかりませんが


実は初めて見ました^^;


公開当時(1997年)友人がハマって
3回劇場に行ったといっていたなあ。
わたくし、タイミングを逸し続けて
今日に至る。


オープニング、なかなかのワクワク感で

これはっ!
なんで今まで見なかったのか
後悔する系かも!


と思いましたが
見終わってみると



えーと


まずまず
といったところでした。
3時間って、長い。
いえ
退屈したわけではないけど
3時間といえば、お腹もすく長さですからね
これだけの時間、見続けたと思えば
「それだけの価値があったか」って
考えるのでねー。

にしても
レオナルド・デュカプリオ
本当にかっこよかったですな。
大人になって
「返せ~! (あの頃を)
っていいたくなるタイプの
若い男性特有の美しさというか。
ちなみに日本だと
わたしは最近の豊川悦司には
「返せ~!」
っていいたい。


でも見てよかった。
大晦日のショーで My Heart Will Go On
セリーヌ絶対歌うだろうから♪


そのあと9時から
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
がやるってなってて
見たい映画だったけど
(劇場へも行くつもりで行きそびれた)
さすがにタイタニック3時間見た後で
また漂流する気になれず・・(-_-;)

次の機会に
by miyoda-miyomiyo | 2013-12-20 23:45 | 映画のこと・本のこと | Comments(2)

本屋に寄る



c0180581_23265814.jpg


なんかつい毎号買ってしまう
別冊・暮らしの手帳
で、なにかヒントは得られているのか?ワシ!




c0180581_212109.jpg


そして、待ってた8巻053.gif

きのう何食べた?
を読むと、なぜこんなに
幸せ~な気持ちになるんでしょうねー
ニヤニヤしながら読んじゃう
不思議な漫画。

大好き♪
by miyoda-miyomiyo | 2013-12-17 23:16 | 映画のこと・本のこと | Comments(0)

見てきました。


c0180581_20285993.jpg




うむ!

楽しかった072.gif


J・J・エイブラムス監督 てことで
LOST 最終回、涙したわたくしとしては

スーパー8(恐ろしくつまらなかった)
アルカトラズ(見続けるに堪えなかった)
味わった失望感を
今回、ぜひ払拭したかったですよ、うん。
よかった、よかった^^


これはね~
ハリウッド映画がキライな人
あるいは
こういうのが許せない
コアなトレッキーの方々

以外は、まず
楽しめるんじゃないでしょうかね。


そして
これ、映画館でみるべき映画ですわ。
日曜夜のレイトショーってことで
観客は5人ほど^^;
自宅にいるかのように
リラックスして(ちと行儀悪く座って)
見ることができたのも楽しくて。

内容に関しては
ま、今回は割愛!しますが

ツッコミどころはなきにしもあらず
といえども、テンポの速さに
あれよあれよの2時間ちょい


えーとね
見終わった感をわかりやすくいうと
バックトゥザフューチャー
マトリックスをあわせたような?
・・わかりにくい?
全体的にカラッと明るい感じが
バックトゥザフューチャーだし
かっこいい映像や、迫力のCG
超・強い悪役(しかも美しい)が
マトリックスだし


とにかく
超・娯楽SF大活劇
そんな言葉あるのかは不明

ですんで~



たぶん今月いっぱいくらいと思われるので
がんばってすぐ書きました^^;
興味のある方は劇場へ急げ!




c0180581_20255139.jpg


ザッカリー・クイントのスポック役
100%ハマリ役ですけど
でもサイラー役もほんっとにハマってたと思う!

by miyoda-miyomiyo | 2013-09-25 00:00 | 映画のこと・本のこと | Comments(2)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31