カテゴリ:2012.7 ATAMI海峯楼( 6 )


ゆうべ、それから今朝は
幾分すごしやすかったような。
なっが~い夏も、ようやく終息の方向ですかね・・


何が好きって
朝晩ぐっと涼しくなって
虫の声に秋の気配を感じる頃と
厳しい寒さが緩んで
ひなたの温かさに春の訪れを感じる頃。
これは日本に暮らす醍醐味ですな!




というわけで、戻ります^^
夏休みの思い出。




c0180581_160988.jpg



チェックインのときに
貸切風呂を2回予約できるので(空きがあればもっとOK)
晩ごはんの後と、朝ごはんの前に予約しておいた。


貸切風呂というより普通の大浴場じゃん?
っていう広さもさることながら

脱衣所には
アメニティも、バスタオルも
これでもか!っていうくらい豊富にあって



さらに




c0180581_13161100.jpg




ここにもFREEの冷蔵庫あり °д°;


部屋の冷蔵庫だって
まだほとんど手をつけられない状態なのに
(おなかいっぱいで)




でもせっかくだし・・
貧乏性の常套句




c0180581_160273.jpg




温泉といえば
やっぱりこれですな。












さて

さっぱりしたあとは
朝ごはんへ。

明るいダイニングでは
ディナーさながらに
スタッフの方がひとり付いて
きちんとタイミングを見ながらサーブしてくれます^^




c0180581_1605973.jpg



このサラダがびっくりするほど美味しくて♪
食べたことない野菜が入ってたのよね~
セロリに似てるんだけど
サクサクした歯ざわりでクセのない味。
胡麻ドレッシングも酸っぱすぎず
今まで食べた中で一番かも。
糸鰹のように見えるのは
イカを乾燥させた?んだったか
これまた激美味&未体験な食材に感動。


中身は見えないけど
陶器のカップの中身は
冷たいじゃがいものスープで
これも美味しい!


ホテルの朝ごはんでは
必ず、たっぷりジャムをつけて
クロワッサン(堅いパン好きなので普段は全然食べない)
を食べることにしてるので
もうここまでで
かなり満腹気味なのに



c0180581_1614041.jpg




これは酷というものよ・・。










c0180581_13555392.jpg




後ろ髪を引かれながら
朝食を終了したあとは
チェックアウトの時間まで
売店(というにはハイソすぎる)の物色や
館内の散策を。





c0180581_13561976.jpg



とにかくこちら
ガラス建築のモデルハウス?
であるかのように、細部に渡ってゴージャスで。

なんといっても
もとはバブル期に建てた
大企業の保養所だったそうですからね。


中でも
3Fにあるウオーターバルコニーというのが
この建物の最も美しい場所らしいというのは
事前調査済みである^^
ぜひ見なくては・・

ただし
ウオーターバルコニーは
1泊1人6万円(しつこい)のお部屋に
泊まられたお方が、お食事をされるための
スペースでもあり。
よって、一般人が、いつでも勝手に
見られるわけではないらしい。
館内案内によると
見学可能なのは午後から夕方にかけて
ということで、残念ながら
今回は見られないかぁ・・となりました。




ほどなく
チェックアウトの時間がきて
ロビーに行くと

さきほど朝食を
エレガントにサーブしてくれた
カツゼツが良くていい声で
涼しげな目元でイケメンの彼

が、また私たちを担当してくれるようである。


さっき香りをチェックしておいた
THANNのルームアロマの購入を希望すると
「すぐご用意いたします♪」
と、とても嬉しそう。


庭についていくつか訪ねると
眺望を遮ってしまう木が
隣家の敷地にあるがゆえ・・な話など
とっても感じよくお話してくれるので
ダメもとで、と思って
「今の時間でもウオーターバルコニーを
ちらっと見せていただくことなんてできます?」
と訪ねてみると




「申し訳ございません、それはちょっと・・」




などといわれるどころか


むしろ
パアッと明るい表情になって


「もちろんでございます!」



ですって~053.gif




もちろんでございます
って、なんか素敵じゃないですか♪
こんなに肯定してもらえることって
なかなかないよね~
・・と思っちゃう




その後
お忙しいチェックアウトの時間帯にも
関わらず、いい声の彼は
たいそう丁寧に3Fまで案内してくれて
「お2人で写真、お撮りいたしましょうか」
ともいってくれて
(それは丁重にお断り)


ウオーターバルコニーを一目見て
満足したあとは
彼+2人のスタッフの方に
熱く見送られながら
宿を後にしたのでした。




とにかく
ここ、海峯楼で
終始一貫して印象的だったのは
やっぱり一番には、ホスピタリティって
ことになるのでしょうか。
あーでもでも食事も
自分史上、ナンバー1だったのよね。

なんというか
働いてる人の愛が伝わってくるといったら
おおげさかしらん。
だって食事だって
一番美味しく食べてほしいという
真剣な思いがなかったらあそこまで
丁寧な仕事はできないでしょうしね~。
アメニティの豊富さやドリンクの行き届きぶりも
とにかく
ここに来た者、ひとり残らず
100%満足させて帰すぜ!
という気概に溢れているのかな
と感じました。






c0180581_1356364.jpg





ATAMI海峯楼、120%満足でしたわ~^^
また来たい!!




c0180581_162320.jpg








箱根吟遊編へつづく・・
by miyoda-miyomiyo | 2012-08-29 20:27 | 2012.7 ATAMI海峯楼 | Comments(0)

さあ


お楽しみの晩ごはんですぞ^^




c0180581_15555113.jpg





日没前
海のみえるダイニングにて
おしながきを熟読中。





このおしながきを大事に持ち帰ったので
正確な名称を今から紹介できるのでして^^




c0180581_18115319.jpg



美しい前菜たちの正式名称はこちら。


もずく掻き揚げ
大仙鶏塩焼き
焼き無花果胡麻クリーム
金時草浸し
枝豆の包み揚げ
鮎焼き寿し
キスの一夜干し雲丹和え




そ、そうでしたっけね~っ^^;



いまとなっては
この素敵な前菜たちの名前が
画像なかのどれがどれにあたるのか
一部曖昧なのが遺憾ではありますが


美味しかった!
麗しかった!

ということだけは
まちがいなく。




以下





さあ~っと行きます。




c0180581_18121520.jpg


お椀

鱧と蓮根餅
じゅんさい、冬瓜、人参、梅肉、柚子。



だし最高~♪
こういう繊細なおだしのものって
日常生活においては、なかなか食べませんからね。




c0180581_18123428.jpg


造里

本鮪、赤羽太、帆立、鰺、海葡萄
寄せ醤油、白ほん酢。



お刺身たち、新鮮さが輝いてました^^
なかでも、ふだんそんなに好んで食べない
帆立がかなり衝撃的でした。
歯ざわり、サクッですもん。




c0180581_18125849.jpg


焚合

穴子しゃぶしゃぶ
浜防風、ズッキーニ、湯葉
梅肉だれ、柚子胡椒



穴子しゃぶしゃぶは
係の方がテーブルで仕上げてくれます。
柚子胡椒を加えると劇的に味が変化してオモシロ美味しい。




c0180581_18132077.jpg


強肴

黒毛和牛溶岩焼き
加茂茄子、スナップエンドウ



これ
とる前に思わず一切れ食べちゃってありまして
実際にはもうちょっとボリウムあり。
とろけるお肉だったけど
もうちょっと熱々であってほしかったかな。




c0180581_18134699.jpg


食事

毛蟹御飯釜炊き
生姜餡、三つ葉

留椀

合わせ味噌仕立て

香の物

二種盛り



毛蟹ご飯ヽ°д°ヽ
おいしくないわけないし。

最初
そのまま食べると
「?案外カニカニしてないねえ」
と思ったわたしたち。
ところが
そこにアツアツの生姜餡をかけると
ウマ!

生姜餡の味というか
なんか突然カニの味が際立って!


係の方の
「もうそろそろお腹のほうも
一杯になられてると思いますが
おかわり、いかがなさいますか?」
という穏やかな問いかけに

「もちろんお願いします」
と即答。

あ~しかしあの生姜餡、絶妙だったわ~053.gif



c0180581_1814676.jpg


水菓子

夏果実のアールグレイ仕立て
桃コンポート ピオーネ
パッションフルーツシャーベット
葛切り



桃コンポートまでは
かろうじて美味しくいただいたものの
別腹も一杯になっちゃって
葛切りが完食できなかったのが
かえすがえすも残念だわ~
遠い目・・




いやー

なんていうか
すべてにおいて隅々まで工夫が凝らしてあって
そんでもってセンスもいいもんだから
一口一口が楽しめる内容でしたよ。
いままで食べた宿の食事でNo1かも。


ただ

コースの途中で
「メニューにはありませんが、シェフからの一品です」
ということで登場した

すっぽんの煮こごり
・・が!°д°;

夫婦揃って、煮こごりが大の苦手な我ら(汗)
すっぽんだってほぼほぼ初めてだし。


しかし
シェフからのご厚意とあらば
揃って残すわけにもいかず

2人で涙目になりながら
必死で飲み込んだのだった・・;д;








ごはんのあとは




 
予約してあった
貸切風呂でゆーっくりひとっぷろ





・・のあとは




c0180581_15572670.jpg







そして部屋には





さっき食べ切れなかった




毛蟹ごはんのおにぎりがある
という幸せ。





c0180581_15584161.jpg


本当は4個あった^^;
by miyoda-miyomiyo | 2012-08-07 23:55 | 2012.7 ATAMI海峯楼 | Comments(0)

失速してました^^;


夏休みの余韻冷めやらぬここ数日。
naoのお盆休みにあわせて、京都へプチ旅行に
行くっちゅう話が浮上してきたのである。
危険だわっ・・
思い出が上塗りされないうちに
こっちの記憶もちゃんと残しておかねばと
堅く決意しておる次第です+з+
ラスベガスはっ・・?(自問自答)



さてさて



御殿場プレミアムアウトレット(←かな~りいまいちだった)を後にして
箱根の山道(←結構吐きそうなカーブの連続)をさくっと越えて
真鶴の海沿いの道路(←海、近っ!)をびゅーんととばして
たどり着いたATAMI海峯楼




c0180581_1724895.jpg
HPより





到着すると、すぐに中からスタッフが
飛び出してきてくれて2人がかりで大歓迎してくれます♪

車のドア開けてくれて荷物もってくれて
「道が細くて大変ではありませんでしたか」とねぎらってくれて




そして
ここでも車のキーを預けるだけでOK。

そしてそのあと、うちの12年選手は
マセラッティの隣に鎮座させられておりましたとさ(汗)


ここ海峯楼は
4室のみの宿、で、4室のうち2室は
1泊1人6万円のお部屋であるからして
マセラッティで乗り付ける人がいるのも
当然っちゃ当然なんである。
もちろんうちらの泊まるのは
あと2室の、ノーマルなほうですよ^^




c0180581_237413.jpg




中に入ると
想像していたよりぎゅっとまとまっている印象。
ロビー、といってもこのスタイリッシュなソファ(カッシーナ?)
のセットがひとつと、あとはおみやげ、というか
お部屋にあるアメニティなどを中心に
陳列してあるコーナーがこぢんまりとあるくらい。




c0180581_2372689.jpg








お酢と何か・・忘れたけど^^;
さわやかでおいしいウエルカムドリンクを
ここでいただいて
さっそくお部屋へ。



ロビーから徒歩20歩(笑)のところにある
洋室・尚山 が私たちの部屋である。
リーズナブルな2つのうちもうひとつは和室で
こちらの洋室の方が人気なのか
どうやら予約がとりづらそうだ。






c0180581_238175.jpg
c0180581_239168.jpg




もぉ~
素敵!じゃないですかっ?



またこのベッドがフッカフカで053.gif
前夜のリッツのベッドも極上の寝心地だったけど
もう、なんか甲乙つけがたかった。





c0180581_17511545.jpg


お好みのBGMもかけられたりするオーディオに




c0180581_2385926.jpg


冷蔵庫の中身はFREE♪
(ビールも入ってました^^)




c0180581_2384049.jpg



貸切温泉があるので
一度も使わなかったけど
独立シャワーブースもある立派なバスルーム。

備え付けでバスローブ
あと浴衣もパジャマもあります。




c0180581_2394748.jpg


ソープ類はTHANN





c0180581_2310953.jpg



あと
入口はいってすぐのところにある
同じくTHANNのルームアロマが
すごく素敵だったので買って帰りました♪
うちの玄関でも今これとおんなじ香りがするのがホント幸せ^^







そして





リアルタイム更新のときにも
なにはともあれ紹介した
超・女子ツボサービスのこれ。




c0180581_2313081.jpg



SISLEYのコフレ~♪


これはいったいいくら相当でしょうかね!(貧乏性)
てかポーチだって、使いまわしできちゃうよね!
ほんとに女子のツボを心得とりますな~
感心するわっ^^





そしてさらに




部屋においてある館内の案内を熟読していて
アメニティ(←まだいう)のページに
「他にもいろいろ取り揃えておりますよ!
お好みでお試ししていただけますよ!」

・・的なことが
さらっと書いてあるのを
見逃さなかったわたし。



バスルームにあった
THANNシリーズはもちろん
他にもロクシタンとかブルガリとか
いろいろ紹介されていたので



ためしに(笑)



アロマセラピーアソシエイツ
シャンプー&コンディショナー

さらにずうずうしく
ボディミルクも・・・


ってお願いしてみたら




c0180581_2313229.jpg




こんなん来ました~°д°





これ
比較するものないのでわかりづらいけど
普通に売ってるハンドクリームくらいの
大きさありますんで!





海峯楼さん、太っ腹。








c0180581_17473245.jpg
晴れていればこの眺望(HPより)






まだ続く・・
by miyoda-miyomiyo | 2012-08-01 20:13 | 2012.7 ATAMI海峯楼 | Comments(0)

パーフェクトな朝食


c0180581_19584783.jpg


こんなの食べちゃったら
もうどんな朝食も満足できんかも…

どれも美味しくて
きれいで
なにかマイナス点があるとすれば


c0180581_915596.jpg



全部美味しいのに
多すぎるので
涙を飲んで
残さないといけない、という
ことくらいでしょうか…



c0180581_1959104.jpg




※ゆうべからブログのアプリが
かなり不安定で、
書いてもUPできなかったり
なので、晩ご飯やお風呂や部屋の
模様をすっとばしちゃってますが
様子見ながら
また差し込んでいきます( ´ ▽ ` )ノ






by miyoda-miyomiyo | 2012-07-13 09:02 | 2012.7 ATAMI海峯楼 | Comments(0)

ATAMI海峯楼に到着



c0180581_17461451.jpg



た…大変でした!(◎_◎;)


御殿場から熱海というのは
箱根越えをしなければいけなくて
久々に車酔いしそうなほどの山道。


そして
今宵の宿、海峯楼は
熱海駅の裏、めちゃめちゃ急な
ほっそ~い坂道を縫うように
登って行ったところにあって
気持ち悪さMAX寸前でしたわf^_^;)


c0180581_1746166.jpg




どこもかしこもガラス張りっ!




c0180581_17461726.jpg





ここ


なにが素敵って


アメニティが



c0180581_17461841.jpg




シスレー♪
by miyoda-miyomiyo | 2012-07-12 17:34 | 2012.7 ATAMI海峯楼 | Comments(0)

真鶴

c0180581_162822.jpg




初めて通ります( ´ ▽ ` )ノ



ところで
今朝のフードプレゼンテーション
書いて投稿したのに
エキサイトのアプリの不具合(多分)
で、表示されてなくて(T_T)


時系列は乱れるけど
あとから
なんとか…
なりますように(~_~;)


もうすぐ今日の宿に着きます。
by miyoda-miyomiyo | 2012-07-12 16:23 | 2012.7 ATAMI海峯楼 | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31