カテゴリ:2012.7 箱根吟遊( 6 )



c0180581_1745256.jpg



荷物を置いたら
とるものもとりあえず
大浴場にいってきた。
貸切状態じゃないと写真とれないし・・

この時間帯、女性用なのは
「月音」というお風呂。

露天風呂はジャグジーになっている。
なんかせっかく静かなので
川の音とか聞きながら入りたいきもしますがね^^


でも広々として
眺望もやっぱり素敵です。




c0180581_16595958.jpg



あれだけ露天部分の存在感があると
なかなか入ってるヒマがない内湯だけど
こっちも風情あります。






館内をぶらぶらして
部屋の露天風呂にももちろん入って
ちょっと湯あたりして
ぼへ~っとくつろいだあとは

・・晩ごはんです。





最近のこの手の宿では
たぶんめずらしい、お部屋食。




c0180581_16473043.jpg

炙り鮑白だつ浸し
アスパラ豆富
鱧親子和え






c0180581_16473858.jpg

清し仕立て舌平目隠元巻
里芋おやき

相州牛サーロイン押し寿司






c0180581_16474782.jpg

旬の鮮魚と本鮪





c0180581_1648327.jpg

鱸のポワレ





c0180581_16481617.jpg

泉州産水ナス浅漬け




c0180581_16482685.jpg

オマール海老 鮟鱇餡




c0180581_16483224.jpg

床節もろこし御飯
赤出し






c0180581_16485048.jpg

吟遊スイーツ






とまあ

こういう晩ごはんでした♪


正直、昨夜の海峯楼と
比べてしまうと地味というかなんというか
センス、というところで
どうしても惜しいというか

あ、おいしかったんですけどね。
量的にも
これ、もう少し食べたいんですけど・・
っていうのがいくつかあったし。

あと、スイーツが
なんとも不思議な感じでした☆


うーーーん
なんだろう。この感じ。
おいしかったんですけどね!







深夜にまたお風呂にいって





c0180581_175245.jpg




夜のロビーはまた幻想的な雰囲気。






寝る前には部屋の露天風呂を堪能。

しかし、
今回風呂入りすぎて
かなりぐったりしてきました^^;






深夜0時に男女が入れ替わるので
もうひとつの「月代」のお風呂に
どうしてもひとりで入りたくて
朝4時にアラームをセットする。



すると
朝4時、あの当時やたらと各地で頻発していた
局地的豪雨がまさに箱根を襲って!
雨の音がすさまじくて怖かった・・


この雨のなか
露天風呂もないだろ、と思って
1時間たってから行ってみると




c0180581_16495185.jpg



絶景貸切~♪
前の方には、雨粒がポツポツと。






c0180581_1714381.jpg



朝風呂の
あの骨がぎゅ~っと伸びる感じ
たまらんですな^^


それに
ひんやりした空気と
静けさ、目に染みる緑につつまれて
またしても脳内物質が・・








c0180581_1753468.jpg
c0180581_1754963.jpg



朝ごはんももちろん部屋食。

和と洋、ひとつずつ選んでみた。
ボリュームすごいです。
どっちもいいけど
和のほうが盛りだくさんだったかな♪







c0180581_1762970.jpg



チェックアウトは11時。
きたときと同じテラスで、お会計です。


こんなにいたの?
っていうくらい
ここで初めてほかのお客さん多数と
顔をあわせましたわ。
みなさん、満足げなのが印象的^^






これで
3日間、3つの素敵な宿に泊まった
夏休みは終わりです。


どこが一番か?

いまでも考えるけど
甲乙つけがたいというか
なんか比べられない、というのが
正直なところで
比べるとしたら
部門賞くらいで。

ホスピタリティ、食事、風呂、
部屋、アメニティ、眺望
などなど

うーーん
やっぱり無理だわ。
むずかしい。


少なくとも言えるのは
3つともほんとに満足で
ほんとにまた行きたい宿だということで

しかし
ほかにもいっぱい行ってみたい宿があるので
困ったもんです・・・






さて次は
どこへ行こうかな^^





c0180581_1772092.jpg

by miyoda-miyomiyo | 2012-11-04 22:35 | 2012.7 箱根吟遊 | Comments(0)

あれからすでに3か月。



時がたてばたつほど
思い出とはより美しく感じるものなのだなと
そんな思いをいだく今日この頃。

・・ってか、放置しすぎってだけですね!汗


夏休みは
素敵な宿に、怒涛の三連泊をしたため
そのときには少し麻痺してた感覚が
いましみじみと感じられるのは本当です。



箱根吟遊
あの静けさとあの美しい景色。
いまはきっと紅葉で
さらに想像を絶するくらい
美しいんだろうなあ・・・ウットリ



c0180581_16295273.jpg



というわけで
こちらは箱根吟遊、チェックイン時
あの素晴らしい畳敷きのテラスでいただく
ウエルカムドリンクの図。







ああ~



そういえば


この日
ここにたどりつくまで
ほんと大変だったのよね。


前夜に泊まった熱海から箱根まで
いわゆる峠越えをしてきたのですが
もう~

ものすごい霧で!
白い闇!
風雨もすごいことになってくるし


ほんとうに
前進すること自体恐怖というかんじ。



そうこうしてるうち、
ぼんやりと公共施設っぽい建物が
みえてきたので



c0180581_1628349.jpg




ここ。


トイレ休憩もかねて
飛び込んでみたら





c0180581_16283935.jpg




もっと怖かった(゚Д゚;)!!

鍵あいてるし、なにやらビデオも流れてるのに
管理人さんすらいないんですの



なんか
「注文の多い料理店」
を思い出して
そそくさと出発しました。





強羅あたりまでくると
それまでの荒天が嘘のように穏やかになり
霧も晴れて。



芦ノ湖で観光しようと思っていた
計画は狂ったけど

代わりに富士屋ホテルを散策したり
名物のシチューパンをいただいたり
で、ま、今回の箱根観光はOKということにする。




少し早かったのだけれど宿に到着。
「どうぞこちらでお待ちください」
と、あの、憧れのテラスへ
案内してもらいました。








c0180581_16293219.jpg





想像してた以上に素晴らしい雰囲気。



静けさがすごいんである。
渓流の流れる音しか聞こえなくて
目の前には山しか見えなくて。




下をのぞきこむと・・






c0180581_16381194.jpg




おお~










c0180581_1631694.jpg




箱根吟遊は全館畳貼りです。
廊下も、エレベーターの中もですよ。
素足で歩くのが気持ち良いです。







c0180581_16312879.jpg




「紫雲」という
2F・星タイプのお部屋。






c0180581_1631474.jpg




星タイプの和室というのは
一番リーズナブルなクラスなんですが

そうはいっても
吟遊、全室露天風呂付きですから!


お部屋はこの
掘りごたつになったリビングスペースと
ふとんを敷いてもらう和室がもうひとつ
簡単なキッチン。
次の間的なスペースも贅沢にとってあり
全体ではかなりな広さなんじゃないかな。

しかし
照明が総じてムーディなので
(それはそれでよいが)
部屋の北のほうは、まったく撮影がムリでした^^;






c0180581_16321164.jpg




お着き菓子は三種類^^






c0180581_1632161.jpg




露天風呂に続く洗面スペースは
モダンとはちょっと違うけど
なんか、心づくしの(?)アメニティが
充実しておりましたよ♪


前日のシスレーの嬉しさとはまた別の
なんかたっぷり試せる嬉しさ。


ただこの丸い洗面台と
照明の暗さはちと使いづらさが否めなかったが


バリ風ですから。







c0180581_16332992.jpg




露天風呂!
もう~
入りまくるしかないでしょう!!
by miyoda-miyomiyo | 2012-10-28 00:00 | 2012.7 箱根吟遊 | Comments(0)

箱根の朝

明け方まで
土砂降りだった雨が上がって


c0180581_1535161.jpg



朝食後
テラスでまったり中~



夫は風呂に行きました。
そうそう、お風呂
二種類とも(夜の10時に男女入れ替わる)
貸切状態だったので
ささっと撮影





c0180581_15355488.jpg






これは月代という人気のお風呂。
景色だけでいえば
明神館の立ち湯の
さらに壮大バージョンですな♪(◎_◎



もうひとつのほうも


c0180581_15425363.jpg




充分素晴らしいです。






戻って
お部屋の全体図。


c0180581_1543935.jpg



広いです。
(カテゴリ的には一番ちっさい
部屋ですけど)

あ、
客室露天のあるテラスと
部屋のあいだは
ちゃんと専用の仕切りがあるので
決して全開丸見えではなく
安心して入れます( ´ ▽ ` )ノ





最近ではめずらしい
お部屋食で
こんなん食べました(の一部)




c0180581_9182857.jpg



c0180581_9182813.jpg



c0180581_9182915.jpg




さっき朝ごはんも済みました。



c0180581_15363525.jpg



(品数多すぎて縦で…)






by miyoda-miyomiyo | 2012-07-14 09:11 | 2012.7 箱根吟遊 | Comments(0)

箱根吟遊でくつろぎ中



c0180581_1602759.jpg



HPからお借りした写真じゃないですよ^^


すごいだろうとは思ってたけど
この景色、想像以上に
すばらし~です♪


やっぱりわたし
海派じゃないわ、山派!
てか渓谷派!
(あ、昨日の熱海は素晴らしかったですよ)


なんといっても
川の音、これがたまらんです。


そして



c0180581_161177.jpg



部屋!




風呂はのちほど。
by miyoda-miyomiyo | 2012-07-13 17:49 | 2012.7 箱根吟遊 | Comments(0)

なんとか箱根着


芦ノ湖で軽く観光するつもりが
霧と激しい風雨で
それどころじゃなかったので
命からがら(おおげさ)

それでも強羅あたりにくると
嘘みたいに霧がなくなって
なんか狐につままれたような…

観光中止したので
早く着きすぎた!


c0180581_13421184.jpg



由緒ただしきクラシカルホテル
富士屋ホテルに潜入、見学

c0180581_13421273.jpg





ちょっと歩いて


箱根名物(?)温泉シチューパンを
イートイン。


c0180581_13421272.jpg




なにしろ
霧が晴れてよかった…
by miyoda-miyomiyo | 2012-07-13 13:35 | 2012.7 箱根吟遊 | Comments(0)

恐怖の峠越え



視界ゼロ(T_T)


c0180581_1335833.jpg



生きた心地がしない~
by miyoda-miyomiyo | 2012-07-13 13:02 | 2012.7 箱根吟遊 | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31