カテゴリ:2013.7 おとぎの宿 米屋( 6 )



ばんごはんです。


c0180581_15315469.jpg
部屋の名は「はらはら」


c0180581_15442318.jpg
空間を贅沢に使った個室ですな~。


c0180581_15354996.jpg


米屋のごはんは
おとぎ話をモチーフにしていてですね!

夏のおとぎ会席のテーマは
ありときりぎりす
・・って微妙^^

お品書きをよく見ると
んま~
いろいろと考えて創作してるのねん
と、感心するけど

うちの年中空腹夫はそもそも
こういうモチーフだったことすら
きづいてないであろう・・(-_-;)




c0180581_15475522.jpg
それは、おとぎの森の中

このちまちま感、女子好みです♪


c0180581_15482122.jpg
小鳥のさえずりと花々

これはガスパチョ。


c0180581_16364842.jpg
陽気な夏へ

お造りと新鮮な生野菜。


c0180581_16372577.jpg
焼けつく太陽と収穫

サザエと、もうひとつは
マコモダケというものだそうで

これは~私には
もうひとつだったかも。



c0180581_15484071.jpg
雷雨に打たれて

奥は穴子の押し寿司
このへんでそろそろ
お腹にずっしり来てました!


c0180581_1638185.jpg
豊作を祝い楽しむ日々

トマトがまるごとはいったこれ
すき焼きなんですの。
イタリアンすき焼き?
野菜はズッキーニとか玉ねぎ。
バジルやチーズも満載で
そしてお肉がほんとにおいしい!

あたしはこれ
夏らしくて嫌いじゃなかったけど
夫はふつうのすき焼きのほうが
お好みだったご様子^^;




c0180581_15501659.jpg
冷たい雪の中

ヨーグルトサラダ?
口直し的なものだったかな。




c0180581_1551825.jpg



ここで登場したのが餅三種~^_^;

米屋では、8のつく日に餅つきイベントが
開催されるのである。

ずんだ餅の魅力に勝てず
満腹なのに勧められるまま
ついついいただいてしまい

思えば
これが米屋滞在中、ずーっと
お腹が苦しかった原因だな、やっぱり。



c0180581_15514857.jpg
凌ぐ日々

お腹いっぱいなのに
目の前で釜焚きしてくれたごはん。
残すことができようか・・(涙)



c0180581_1552265.jpg
心からの感謝を・・めでたしめでたし


でもー


別腹にはもう
餅が入ってるし!!





とまあ


めちゃくちゃ
ヘビーな晩ごはんだったわけですが



40代の胃ヂカラでは消化が!
間にあわんです~





無情にも朝ごはんの時間はやってくる。




c0180581_16404033.jpg

朝ごはんも同じ個室で。

こんなに美しくてヘルシーな朝ごはんなのに
お腹が空いてなかったせいか
あまり印象にのこってなくてTーT



c0180581_1641153.jpg


ペース配分は大事です (ーЗ-)ノ





c0180581_16442460.jpg





チェックアウトを待つあいだ
こちらの手作り感あふれる
かわいらし~売店を物色。

最初から最後まで
It's a おとぎワールドでした^^





いやー




朝ごはんを食べた後も
しつこくお風呂にはいり
最高のお湯を満喫、何回入っただろう~

ごはんについては
とにかく「苦しい!」という印象になって
しまったのが痛恨でしたが


総括すると
わたしは米屋さん
めちゃくちゃ好き!


なんだろう
ここは女子好みに特化してるというか
たぶん夫なんかは、ここは
特に印象がないんじゃないかな。

私個人は、そんなにファンタジーな世界が
好きなほうではないんだけど
それ以外にもきめ細かいサービスとか
清潔感とか贅沢感とか
あとなんといってもお湯ですお湯!
お肌のすべすべ感がっ。

なんかこの旅行で
わたしは「源泉かけ流し」に目覚めたと←遅い
振り返ればそうかもしれない。 


おとぎの宿・米屋
わたしの三本の指に入る宿決定ですとも!






山形編へつづく・・
by miyoda-miyomiyo | 2013-12-12 20:45 | 2013.7 おとぎの宿 米屋 | Comments(0)

あれから4か月。
感動の東北旅行の記憶がやばいことに
なってきました(自業自得)

必死の回想録におつきあいください^^;




さて

福島県に入り、一泊目の宿
おとぎの宿・米屋(よねや、と読みます)
チェックインしたところからでした。

そうそう、おいしい羊羹と
ナントカ茶(確かちょっと珍しいお茶だったのに忘れた・・)
をいただいたあと、今宵のお部屋へ。




c0180581_16504712.jpg


米屋は全23室。

半露天風または内風呂のついた
おとぎの丘エリアと
露天風呂付きツインのおとぎの里エリア
に、ざっくり分かれていて

わが家が泊まったのはおとぎの丘の
うさぎのさんぽという
スタンダードな部屋ですよ。




c0180581_14594195.jpg

思ったより広くて
清潔感あふれる部屋。
一目で気に入りました。


c0180581_1523413.jpg


羊羹いただいたのに~♪
お着き菓子がさらに二種類。


しかし滞在中、常にすごい満腹感で
のちほど饅頭だけいただいたけど
正直、可もなく不可もなく・・なお味だったな~





c0180581_1502687.jpg

玄関入ったところ。




c0180581_1504636.jpg


冷蔵庫の中身はフリー(いつもいうけどこれ重要)
なんと、途中で買って喜んで飲んだ
桃ジュースがっ!!
嬉しい!ありがたくいただきました☆

そして、籠に入っているのは
きゅうりの漬物でして
温かいもてなしが嬉しいですなあ~

・・が、前述の理由で結局食べられず(;ー;)




c0180581_1512773.jpg

洗面スペースは明るく広い。
アメニティもまずまず充実していた記憶。




c0180581_1514383.jpg

きちんと洗い場もあるのです~
あとから知ったのだけど
おとぎの里エリアのツインのお部屋には
シャワーがないらしく

露天風呂といっても
どぼんと浸かるだけのようで

それだったら半露天風呂でも
こっちのほうが断然便利なので
結果的に「丘」を選んで正解でした^^




c0180581_1521775.jpg


あー・・

ほんっとによかったよ!この風呂。
ただし
かけ流してる源泉がむちゃくちゃ熱いので
常にうめてからでないと入れないのが
贅沢な悩みではありましたが

あ~今はいりたい!




c0180581_1511011.jpg

素敵だった部屋を別角度から。
このソファで主にくつろいでいました♪





部屋を出ると





c0180581_1563121.jpg


パブリックもかなりの充実度でして
ここはおとぎシリーズ・その3
おとぎの・・いえ、音戯の森

イベントスペースでもあるようで
ひろびろとして、素敵な空間では
おいしいコーヒーやお茶、ジュースなど
自由にいただけるんですの。

蓋付きのカップで
部屋に持ち帰ることもOKというのは
本当に至れりつくせり。
女子のツボをがっちり心得ていると
言わざるをえませんな。

喜んで何度も利用しました~



c0180581_1573138.jpg


嬉しいライブラリースペース。
ここで借りてきた漫画を部屋の風呂で読み
旅行本で明日の計画を練り
・・と
しっかり活用させていただきました。

素晴らしい。






続いて大浴場
あ、いや おとぎの泉



c0180581_158470.jpg


大浴場は「月」と「花」の二種類あって
先に入ったのは「月」
朝5時、だったかな?
男女が入れ替わります。


そしてこちら
お風呂にいちいちタオルを
持っていかなくてよい
システム(←冷蔵庫フリーと並んで重要)


内風呂には寝湯や
ミストサウナもあって楽しい♪



c0180581_1585464.jpg
c0180581_159157.jpg


二種類の露天風呂は
リニューアルして間もないようで
とてもきれいでした。

そしてごらんのとおり
わりといつ行っても貸切状態で^^
まわりもすごく静かで、聞こえるのは
ひぐらしの声だけという
うっとりするような贅沢な時間を
すごしました。


しかし静かすぎて
夜中に行ってミストサウナに
ひとりで入ってるときは怖かったなあ~^^;




c0180581_1582512.jpg


翌朝、こちらが大浴場「花」
こちらも貸切で堪能しました~^^




c0180581_15101715.jpg
c0180581_15105055.jpg



檜のお風呂が好きなので
どっちかっていうと「月」が好きかな。
でもどっちでもいいんですわ。

なにしろお湯がいいから!
ぬるぬるで!

最高!






米屋の源泉をさらに楽しみたいなら

↓↓



c0180581_15111921.jpg




飲む!






ごはん編につづく・・
by miyoda-miyomiyo | 2013-12-05 22:00 | 2013.7 おとぎの宿 米屋 | Comments(0)

7月28日(日)


9:35セントレア発、仙台空港着のANA便です。
2年ぶりの飛行機ヽ(・∀・)ノノ

今回の駐車場は4泊と
なかなか連泊のオトク感のない長さなため
単純に1泊の料金が安いところをリサーチ。

結果、セントレアほぼほぼ直結の東横インの
駐車場が、一日800円で、ここに決定です。
1000台もあるし、屋根もあるし
実際使ってみたら、近かった!
なんか、前泊する人には
「ホテル予約すると240時間駐車場無料!」
とゆ~キャンペーンをやってるので
めちゃめちゃオトクそうですな!



車をさくっと停めて
平日朝の、空いたANAカウンターで
快適にチェックイン。

国内線だとセキュリティチェックも
あっさりしてるんですなあ~
靴も脱がなくていいのねん・・
毎回全身スキャンのトラウマ



c0180581_23282447.jpg



かいらし~サイズの緑のANA機に
いよいよ乗り込むの図!



ちなみになんで仙台空港かっていうと
UAのマイルを使うにはANA便の路線に
限られるわけで
名古屋(県営名古屋空港含む)と東北を結ぶ
ANA便は、仙台か秋田しかなかったんです~
秋田スタートでもよかったんだけど
さすがに秋田便は席が少ない分
取れなかった。



c0180581_23283216.jpg



ひさびさの雲の上064.gif





1時間ほどで到着。
仙台は少しひんやりしている。




c0180581_23291235.jpg


こちら、仙台のゆるキャラ むすび丸 氏^^
東海地方のみなさまは初対面かと笑




ところで




東北4県を5日で回るとなると
宿の食事以外に、食べられる回数は
おのずと限られてくる、ってことで


まずは効率よく
空港内の牛タン店 冠舌屋(かんたんや、と読む)
でランチにすることにしました♪



c0180581_23293079.jpg
c0180581_23295876.jpg




なかなか新しくて
スタイリッシュな感じの店内で
牛タンとの対面を待つ!






c0180581_2331029.jpg



きた~っ━≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡━━





c0180581_23312640.jpg



かなりボリューミーです~♪

「ボリューミー」っていうと夫がいつも
「そんな英語はない!」って反応してめんどくさい




c0180581_23314426.jpg


せっかくだから違うの頼も、って
仙台タン麺 という
限定メニューをチョイスした夫。


「おいしいよ」って食べていたが
やっぱり牛タンは牛タンらしく
食べればよかったと
思わないでもなかった様子^^;

ま、私の牛タン
半分くらいあげたんだけどねっ


定食の牛タンは分厚くて
サクッとしておいしかったけど
小鉢でついてきた
牛タンの赤ワイン煮のほうが
実はかなり美味しかったりしたのよね^_^;
あと、わたくし的にはなんといっても
麦ごはんなのが嬉しかったな。


やっぱりご当地グルメっていいですな~





さて



このあとは
リアルタイム報告でも書いたとおり
ずんだシェイクを堪能したあと
レンタカーの手続きをすませ

ゲリラ豪雨に何度か遭遇しながら
東北道を南下、福島を目指す。





c0180581_23352860.jpg



2時間ほどで
おとぎの宿 米屋 に到着~

カーナビに適当な案内されて最後結構迷った




小雨の中、駐車場に車を停めると
宿の方が傘を持って
駆け寄ってきてくれます。




c0180581_23455754.jpg



チェックインは1Fロビーのソファで。
天井が高くて広々している。

そして
ほかのお客さんの気配がないわぁ・・
ほんと、静か。




c0180581_23365460.jpg


このお茶と羊羹、おいしかったな。




c0180581_23464724.jpg



お部屋に案内してもらいます。
廊下も広い。




c0180581_23462243.jpg



ところどころに
こういうほっこり系のインテリアが。

お、こんなところにも!
と館内、探すのも楽しいかもですな^^








つづく~

次はお部屋編・・かなっ

by miyoda-miyomiyo | 2013-09-27 08:00 | 2013.7 おとぎの宿 米屋 | Comments(0)

おとぎの里の朝




雨です~(T_T)



大浴場は朝5時に
男女入れ替わるので
一番乗りを狙い



c0180581_222332.jpg




広い露天風呂をひとりじめで
入浴目線の一枚(^_^




c0180581_2223463.jpg




戻って部屋露天でも
朝の風情をあじわっとく。







夫は爆睡中(^^









朝ごはん。



c0180581_22556100.jpg

c0180581_2262113.jpg







食後はかわいらしいカフェで
自由にいただける飲み物を



c0180581_2264989.jpg

c0180581_2271147.jpg






こういうとこ、女子のツボを
心得とるな~







by miyoda-miyomiyo | 2013-07-29 09:00 | 2013.7 おとぎの宿 米屋 | Comments(0)

福島へ


仙台空港近くで
「千年希望の丘」の碑を見て


c0180581_1728165.jpg




レンタカーで一路福島へ。

昨日までの豪雨で阿武隈川は
増水中。流れもかなり激しい。



c0180581_17283978.jpg




ゲリラ豪雨にも
三回くらい当たりながら


吾妻SAでみつけた桃ジュースを♪


c0180581_17285768.jpg




ストレートの桃果汁は
不二家ネクターとは一線を画すね!
桃食べてるみたいな
自然な味に感激しました(^_^




そして

こんやの宿
おとぎの宿米屋
に到着。



部屋に案内されて


一瞬でこの宿大好きになったですよ!!



部屋の露天のあるテラスにでると
ひぐらしの鳴き声と
掛け流しの温泉の溢れる音だけ。



眺めはこれ





c0180581_17402021.jpg




最高すぎて
鼻血がでそう…(T_T)
by miyoda-miyomiyo | 2013-07-28 17:15 | 2013.7 おとぎの宿 米屋 | Comments(0)

東北初上陸

仙台空港です☆彡


今日は奇跡的に晴れたとか。
(だれか出迎えの人がそういっていた)



c0180581_178312.jpg




まずはお昼どきなので
牛タン定食などたべたあと

仙台はずんだ天国!

初体験のずんだシェイクが
激美味です〜ヽ(;▽;)ノ



c0180581_1782566.jpg




c0180581_1783921.jpg




c0180581_1785391.jpg






by miyoda-miyomiyo | 2013-07-28 11:56 | 2013.7 おとぎの宿 米屋 | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31