カテゴリ:2014.3 望楼NOGUCHI函館( 3 )


これこれ
これを終わらせないとー!


さて


続きは夕食からでした^^
石の壁に囲まれた完全個室にて



c0180581_14581069.jpg
まずは前菜
女子に嬉しいちまちま系


c0180581_14383532.jpg
先椀


c0180581_14384798.jpg
お造りはドライアイスで楽しい演出


c0180581_14385690.jpg
アーンド、蟹!


c0180581_14393518.jpg
鉢肴


c0180581_14402631.jpg
強肴

このあたりはごくフツーだったかな~


しかしこのあとさらに


c0180581_1440137.jpg

フォアグラまで出てきて(O_O)

ひとくちサイズとかじゃなくて
コースのメインが3つあるような
ボリュウム、かなりのもんでした!



c0180581_14404385.jpg
さっぱりした皿でシメ


c0180581_14415491.jpg
香の物も多様なのが嬉しい

c0180581_14411532.jpg
食事は炊きたての釜ごとやって来る


c0180581_14412694.jpg
米つやつやでウマ!


c0180581_14591189.jpg
デザート、飴細工がきれいでした



見た目もきれいだし
いろいろな食材を食べさせてくれて
楽しい夕食だったな~




晩ご飯のあと
やーっと少し時間ができたので(この後エステの予約あり)
大浴場へ。


c0180581_1531720.jpg
HPより

お風呂は最上階にあって
露天風呂はふきっさらしでめちゃくちゃ寒いけど
飛行機を眺められるというのがウリ
(上空を通る時間も書いてあった)

大浴場の施設自体は
お部屋のモダンさに比べると
若干昔ながら?感があったけど
タオルもアメニティもたっぷり用意してある
広々清潔な脱衣所はポイント高いです♪




そうそう



c0180581_15125093.jpg

こちらが部屋付温泉の入浴目線。

朝ぼらけ、の美しい時間帯
遠くに海が見えるのですよー



c0180581_15121047.jpg

横に視線を移すと
隣の旅館Viewだったりしますが・・




さて




朝ごはんは
ゆうべと同じ個室にて


c0180581_15131069.jpg

こういう窓のない部屋なので
朝のさわやかさは皆無なのですけど


晩御飯のときに
和か洋、希望を伝えておくシステム


c0180581_15132923.jpg
こちらは和。
ごはん進みすぎるでしょっ

c0180581_15183324.jpg
3杯はイケるラインナップ053.gif


c0180581_15185246.jpg
これが洋


c0180581_15191385.jpg
この品数もすごかったな~



朝食後



c0180581_15202916.jpg
オサレーなお土産屋をのぞいてみたら
ここでほとんど事足りるじゃん!
ってこのときは喜び勇んで
結構買ったんだったな^^;



チェックアウト後は

昨日お願いしておいたので
運転手さん(←めちゃいい人)
ばっちりホテル前にスタンバっててくれて

いろいろと効率よく回れるコースを
考えてくれてたのだけど


でもまずは
それらをすっとばして
ここに連れてってください!!
とお願いしました

↓↓↓

c0180581_15222267.jpg
ウヒョーー053.gif
これぞスイーツパラダイスっヽ(*>∇<)ノ


c0180581_15223820.jpg
あの!六花亭のおいしいお菓子が
バラでよりどりみどりだなんて
楽しすぎる!


後のスケジュールが
ぎゅうぎゅうらしく、運転手さんに
「20分だけね!」
と言われたけど笑


c0180581_1544447.jpg
一心不乱に物色中~


ホテルでお土産買うんじゃなかった
と後悔しつつ
まーいーわ!と買いまくり


大急ぎで車に戻って
次は定番スポット五稜郭へー


c0180581_15242935.jpg
お堀が凍っててきれい~


c0180581_15251232.jpg
高い~


c0180581_15252666.jpg
ヘン顔師匠と弟子




飛行機の時間も迫る中
最後はトラピスチヌ修道院へ

c0180581_15275514.jpg
c0180581_1542069.jpg



朝迎えにきてくれて
ささーっと観光してくれて
空港に送ってくれて
確か5000円だったかな

五稜郭では私たちが見て回ってる間に
人数分のスタンプ押してきてくれたり
ほんっとーにやさしい運転手さんで
弾丸旅行の貴重な時間(夜も)を
最大限に活用できたのは
まちがいなく
運転手さんのおかげでしたよー



この後
函館空港の土産物売り場で
最後の爆買い072.gif

もう持てない、かばんにも入らなくて
全員追加バッグを購入
あえなく手荷物預け受付カウンター行き
となったのでした(-∀-`; )



c0180581_15295066.jpg

こんな感じー


c0180581_15302225.jpg
初めて見た六花亭のぼたもち




これで函館女子旅旅行記は
終わりです。
最後ぎゅうぎゅうにツメこみましたが汗

しかし
もう一年もたつんだなー
今思うと、弾丸すぎて
夢のように過ぎた1泊2日だったけど
函館は本当に絵になる街だし
回りやすいし、またゆっくり行きたいと
すごく思います。
望楼NOGUCHIも素敵な宿で
次は登別のほうにもぜひ行ってみたい

あー楽しかったなー053.gif


また計画せねば!!
by miyoda-miyomiyo | 2015-03-26 21:00 | 2014.3 望楼NOGUCHI函館 | Comments(0)

今年もGWはノープランのわが家。
ただ、例年この時期は楽しい楽しい
夏休みの計画で
わたくし、頭がいっぱいなのでして。

お正月にいったので
夏ベガスはナシとして~
候補地として私の中で最有力なのが
女子旅で素敵だった
てか、弾丸すぎて堪能できなかったので
北海道をゆっくり旅
という案なんですの、いまんとこ。

二番手が
松山空港からの四国・中国旅
四国の素敵オーベルジュに行ってみたくて
TOBEとか内子とかオオイシとか
夫には全然似合わんけど~(-_-;)
なんで松山かっていうと、中国四国は
名古屋からは松山しか飛んでないから^^;


三番手が
車で周遊、西日本
兵庫(有馬)or岡山~広島~山口~
島根(出雲)or兵庫(城崎)
漠然とだけど、こんなかんじでまわる旅
・・など、ただいま絶賛妄想中です!


というわけで(前置き長!)
滞り中の旅行記、今日は北海道に着手決定^^
タイトルは手抜きで!
じつはタイトル結構毎回悩むんですよう・・



********************


お部屋の残り半分から~


c0180581_16162321.jpg

メゾネット2F部分にツインベッド
あと二人はどこで寝るかっていうと

1F玄関入ってすぐのとこにある
ガラス張りの和室である(写真撮り忘れた)
ガラス張りゆえ
中でnaoが口開けて寝てる姿が
動物園風で笑えました!




c0180581_16174871.jpg

一枚目の写真撮影位置から振り返ると
その奥にトイレ&バスルーム。
長い長い間取りです。



c0180581_16181047.jpg

おっされ~なトイレ。

なぜか置いてあった
「トイレその後に」は隠して撮影・笑





c0180581_1619119.jpg

洗面スペースは明るくて広々、
なんだけど、女子4人にボウル一つは
ちと厳しかったなぁ^^;

朝はおみやげ買い出し組と
身仕度組に分かれたけど
それでも時間ギリギリだったという





c0180581_16193367.jpg

タオルはぺらぺらじゃない
高級感のあるタイプがたっぷり。
バスタオルももちろん
バスローブやパジャマ、部屋着とともに
ベッド下引き出しにあるし

大浴場にもどっさりあるので
行くときは手ぶらでOK053.gif
素晴らしい~




c0180581_16195539.jpg

アメニティはオリジナルのものが
ひととおり揃ってますな。


ところで
温泉のアメニティって
歯ブラシ以外、なんかずれてる、って
思うのは私だけですかね。
シャワーキャップとかスケルトンブラシとか
薄すぎて使いづらいコットンとか

外国のホテルみたいに
シャンプーとコンディショナーと
ボディミルクがいいな(要・歯ブラシ持参だが)



c0180581_162074.jpg

あと
今回残念だったのはこれ。

ロクシタンはいいけど
1部屋に1セットって!!
人数分置けないなら置かないほうが
コスト削減臭は漂わないと思う(-_-;)
・・とアンケートにも力説しておいた




c0180581_1620268.jpg

お風呂への扉♪




c0180581_16203950.jpg

じゃーん!

展望内風呂!
もちろんかけ流し!


こーれーはー絶賛ですよ。
窓を上手に開け放って
がんばれば海も見えるし
なにより、この広さ。

入浴目線はのちほど・・




c0180581_16231868.jpg

部屋にもどりまして、
冷蔵庫は嬉しいフリー。




c0180581_16224740.jpg

多彩なセルフお茶セット^^




c0180581_16236100.jpg

豆をゴリゴリ挽けるのは
イベント性があってよい!





とまあ

着く早々、4人で
わーわーきゃーきゃーいいながら
部屋中開けたり閉めたり
ねっころがったり
私は写真撮影

で、一息ついたのが4時半頃だったか。
ふと、テーブルの上にある
エステサロンのウェルカムサービス
メニューを目ざとく見つけた女子旅一行。

ハンド、フット、ボディ、ヘッドなど
好きなメニューが10分間無料とな!?
そりゃ行くでしょ!

17:30からは
函館山夜景タクシー観光の予定が
入ってるにもかかわらず
即エステサロンに電話
2班に分かれて今すぐ開始OK
ってことで

ここから怒涛の
アイドル並み分刻みスケジュール
スタートしたのでした。

なんかずっと小走りしてた気がする^_^;





かなり満足度の高い10分間を堪能後
急いで靴下履いて
ホテル前でお迎えのタクシーに乗り込み
夕暮れの函館山へ到着!


c0180581_2091616.jpg

冬季はタクシーでも展望台付近へは
上ることはできず

特にこの日は
前日の大寒波のせいで
ロープウエーが運休したこともあり



c0180581_2093827.jpg

長蛇の列に並ぶ(-_-;)

ロープウエーに乗り
やっと山頂にたどりついても
それほど広くない展望台は
ものすごい人で

最近、地下鉄でだって
こんなに人と密着しないですけど?
っていう混雑ぶり。



c0180581_20101077.jpg

なのでこの画像は
肉眼で見たものじゃありませんよ。
人混みで腕を目いっぱい伸ばして
適当にシャッター押した・・っていう。




c0180581_20102544.jpg

日没時間の変化の様子を
カメラは見た

ほんと腹立たしいのは
後ろがそういう状況になってるのに
最前列に陣取ってウットリしてるんだか
ずーっと動こうとしない
バカップ・・、あ、カップルで
だいたいそういう配慮ができないような男と
(女もだが)と、よくつきあっとるなー
とか、毒づきながら

別れろ呪術をかけておく(ノ-_-)ノ~呪

まー
満員電車なみ混雑のおかげで
ちっとも寒くはなかったけど

20分くらい待っても
状況が変わらないので
スゴスゴ退散しました(ーεー)


しかし函館山ロープウエーさん
あれ、なんか対策しないと
遠くから来てる人たくさんいるんだから。



c0180581_20104451.jpg


ロープウエー待ちやら夜景待ちで
運転手さんとの約束の時間を
すっかりオーバーしてしまった。

にもかかわらず
車窓観光コース(急いでだけど)
予定どおりまわってくれつつ
晩ごはんのスタート19:30に間に合うように
ホテルに戻ってくれた運転手さん。
いい人だ!

なので急遽
翌日も貸切観光をお願いすることにして
本日の夜景観光終了。


小走りで(笑)部屋に戻り
作務衣に着替え
(ほんとはここで温泉入っときたかった・・)
急いで夕食へ向かいます~




つづく
by miyoda-miyomiyo | 2014-04-26 08:46 | 2014.3 望楼NOGUCHI函館 | Comments(0)

函館行ってきました~♪


三姉妹+naoという布陣ではもちろん初。
なぜに女子のみ?かというと

みんなで行く旅行、といえば
今まで6人で行ってたのに・・
5人で行くなんて・・(;_;

おかあちゃんの不在感が際立って
悲しすぎるじゃんね!
だから一人減らして4人
・・っていう、留守番夫からすれば
甚だ理不尽な理由でして(-∀-;)


そして、なぜに函館?というところは
いまとなってはちと思い出せないくらい
たいした理由はなかったりして

あ、そうそう
まずラグジュアリー宿ありき、で
あと、上記の理由により
今回、専属ドライバーがいないので
交通の便がいいことが必須条件でした。
いくつかリサーチして、まずは
特急しらさぎで行く加賀温泉・べにや無何有
っていう提案をしたところ
みなさまの反応がイマイチ芳しくなくて
また北陸~?ってとこでしょか^^;

だいたいの予算は5万くらいでいいかな~
とのヒアリングには
金に糸目はつけんよ by姉
もうちょっといいよ by妹
と豪快に答える、さすが
景気の鍵を握る、働く独身女子の2人。

それを受けていろいろいろいろ考えた結果
わたくし的に一度野口観光グループの宿に
泊ってみたかったっていうのと
ホテルの周辺(タクシーで15分位の中)に
空港も観光スポットもかたまっている
っていうのを何かで知って
⇒函館、いーんでない?と。


c0180581_19223559.jpg


とゆーわけで
集合はセントレア。
フレッシュネスバーガー(バーガー写ってないが)
で、いっちょ気合を入れてp(´∇`)q


ただし
名古屋-函館間は1日1便なため
現地滞在時間は無情にも約24時間。
どーがんばっても弾丸必須の旅は
見切り発車・・いや、離陸?したのでした。



c0180581_19224562.jpg


着いた~


函館着は14:15
遅めランチはスープカレーと決めていたので
空港から直接タクシーを飛ばして15分
漁火通り沿いにあるカレー店・RAMAI



c0180581_1922588.jpg

前日、北海道は
大寒波に見舞われておりましたので
もちろん函館にも山盛りの雪が



c0180581_19231090.jpg

エントランスには謎のオブジェ



c0180581_19343936.jpg

ラマッシー(ラッシーではない)@180
がジョッキで出てきまして



c0180581_19232929.jpg

ひょ~!!

食べても食べても減らない巨大丼カレーは
野菜がとにかく全部美味しくて
さすが北海道のスープカレー049.gif
4人で悶絶しながらいただく。




c0180581_1925919.jpg


RAMAIから宿までは徒歩10分ほどで
途中、実は豚肉でできてる焼き鳥弁当(何故?)
で有名なご当地コンビニ、ハセガワストア
通称ハセストに寄ってみたりしつつ


c0180581_19252134.jpg

北海道の赤飯は豆が大きい(゚ロ゚)金時豆?


c0180581_19253379.jpg

北海道はガラナ推し


c0180581_19254421.jpg

北海道はロゴがTWENTY FOUR




c0180581_19255754.jpg

そうこうしてるうちに
本日のお宿・望楼NOGUCHI函館に到着



c0180581_1926918.jpg


この地味な画像しかなくてアレですが
(たぶん4人ではしゃいでた為)
館内はとてもスタイリッシュ&大人な雰囲気で
北海道の温泉旅館、っていうイメージとは
かけ離れておりますの。


チェックインしたのは4時前くらいだけど
すんごく静かで、80室近くあるはずなのに
ほかのお客さんをほとんど見かけない。



c0180581_19262385.jpg

お着き菓子はみたらしor餡団子
これはまあ普通でした。
このラウンジは飲み物フリーだし
野口文庫とかも
時間があれば来たかったな~T-T



c0180581_19265740.jpg

お部屋はメゾネットタイプのスイート053.gif
大きな玄関を入ってすぐ階段を上がるという
個性的な間取りです。
すぐ慣れた^^



c0180581_19282743.jpg

この階段を上がると・・・



c0180581_1929661.jpg

まずは素敵リビング




c0180581_19303145.jpg

全身弛緩中






そして、これはっ・・





c0180581_19294897.jpg


女王様の椅子.。*・.(◕ฺ∀◕ฺ)゚
by miyoda-miyomiyo | 2014-03-30 10:07 | 2014.3 望楼NOGUCHI函館 | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30