カテゴリ:2016 奥飛騨・松宝苑( 2 )

先週末の松宝苑、ごはんレポートなどが
まだでした。


c0180581_16385712.jpg

冒頭、生肉画像というのもなんなんですが
飛騨牛、美味しかったのでー



c0180581_1634280.jpg

最初に食すやつはこれです。
一の膳。
口取り感覚でいたら
これを平らげるのは結構大変だった^^;
いろいろと凝った小さなおかずが満載で
目移りするし、実際ボリュームがすごい。



c0180581_16394820.jpg

次にこの河フグ?の揚げ物が単独ででてきて



その合間に冒頭の飛騨牛が
ジュージュー焼きあがるので
それもいきつつヽ(°▽、°)ノ



c0180581_1640327.jpg

さらにでてくる三の膳・・
このローストビーフ、いる?
って思わなくもなかったけど

きちんと作ってあるっぽい上に
お肉の下には丁寧に温野菜のサラダも
潜んでて、おまけじゃなく
食べさせる気マンマンな松宝苑さん。
本当にがんばっているなー




c0180581_16462730.jpg

最後にお食事。
汁ものは、味噌汁やお吸い物じゃなくて
あったかい茶そば。
さすがに入らなかったよ・・!




c0180581_16413722.jpg

デザートもフルーツだけじゃなく
ちょっとスイーツありなのがうれしい。



このあとまた例のご当地アイスクリーム
フロントで買って食べたんだけど







部屋や風呂のことをもう少し


c0180581_16421668.jpg

泊まったのは新館1Fのさざんかという部屋。
カテゴリ的には2番目くらいだったか



c0180581_16423158.jpg

新館じゃないと洗面所はお湯がでないらしい。



c0180581_16424387.jpg

温泉宿にこのカゴは是非あってほしい☆



鍵は一つ。
タオルは普通のタオルとバスタオルが各1
タオルハンガーでせっせと乾かして
あと家からも2枚持参し
激しい風呂通いにも万全の態勢で挑みました^^




c0180581_16425839.jpg

お風呂のある棟が離れてるので(本館とは直結)
何度かくじけそうになりながら
今回は貸切含め、8回ほど入ったでしょうか。
次回はもうちょっと大浴場が部屋から近い宿
っていうのをテーマに探してみようかな・・



c0180581_16431482.jpg

松宝苑さんのお風呂の大きな特徴である
この脱衣所。


こうやってがらーんと貸切状態のときは
わあー♪と感激したくらい
風情ある造りなのだが
10時頃に行ったときは
もっとも混みあう時間帯だったようで
(従業員の方もいた)その状態だと
この造りはちょっとぎょっとしたかなー(^_^;)





c0180581_1644135.jpg

朝ごはん♪

時間は8時から(晩ご飯も6時半指定)
奥に定番、朴葉味噌が見えていますが
えーと、朴葉味噌に関しては
孫九郎より好みでした^^
というか、もしかしたら料理全体的に
松宝苑のほうがよかったかも。


しかしあえて
ここで松宝苑での滞在を総括すると

結論からいうと、私の中では
うーん、孫九郎に軍配かな?
と、思ったのです。
どこまでコスパにこだわるかっていう。
ただし宿選びの優先順位をどこに持ってくるかは
人によって大きく異なるので
あくまで私の基準ですよ。

週末価格で孫九郎@19800
松宝苑@16200だったか。
孫九郎もすごいけど
松宝苑さんの努力は本当にすごい!
この価格であの料理、温泉や施設のクオリティを
維持するためにやれることは全部やってるって感じ。
なのですべて納得&感心した上でですね

まあ、せっかくの温泉旅行ということで
ホテル泊よりは滞在そのものが大事になってくるので
私としては、もうちょっと出して
もうちょっとだけサービスを味わえた方がいいかな。

そう思ったきっかけというか、印象的だったのが
部屋のトイレットペーパーで
シングルのもっとも廉価版のやつで
あとちょっとでなくなりそうなのがセットしてあって
(もちろんコスト削減的には全く正しい)
正直、旅先でまで
しかも来てすぐトイレットペーパー交換するの
やだな・・って思ったっていう
だから自分は温泉好きといっても
お湯さえよければどんな秘湯でも行くって
タイプには決してなれんな!と思った次第。


あと
この滞在に大きな影を落としたのが
食事会場で(朝夜とも)隣にいた家族!
この輩がねー
まったくおまえたちは橋田寿賀子ドラマか!
っていうくらい、でかい声で芝居がかったセリフを
しゃべり続ける家族(両親と20代後半くらいの兄妹)で
仲良し家族アピール?なのか、でも内容は結構辛辣で
兄の方のお嫁さん(嫁をおいて家族旅行かい!)の
悪口ずっといってんですよー(-_-;)
妹「お兄ちゃん、あんな鬱っぽい女、早く離婚しちゃいなよ」
母「あなた、それがそう簡単にいかないのよ」
みたいな!
もう、嫌でも事細かに耳に入ってくるし、たぶん
会場にいた人みんな気分悪かったんじゃないかなー
朝食の時もまったく同じテンションで
これには本当に辟易でしたわ。

なので、ごはんに関していうと
こやつらのせいで雰囲気台無しになってるという
ハンデがすでに松宝苑さんにはあります^^

あ、でも
松宝苑さん、食事の出るペースが猛烈に
早かった!
これはちょっとあわただしかったかも^^;



というわけで
いろいろと入り混じった訳の分からない分析(?)
となりましたが

団体客のいない20部屋くらいまでの温泉宿
(湯〇リゾートとかのコスパとは意味が違う)
って考えると、松宝苑さんのクオリティは
奇跡的に素晴らしいです。

トイレットペーパーなんぞ
気になろうはずもない夫は
当然「ここはとてもいい宿だ!」と大絶賛。






そんなこんなの
松宝苑さんを後にし、天気も悪いので
観光は特にナシで^^
帰る前に今回の1旅1パン屋である。


特に狙ってたわけじゃないけど
近くを通ったのでためしに、と
超・超有名店 トランブルーに寄ってみるも
ものすごい行列であえなく撃沈。

すかさずSiriさんにきいてみたところ
そこから車で2,3分のところにある
ブーランジェリーのぼりやさんを案内される。


c0180581_16441852.jpg

名前は渋いがおしゃれな外観。


c0180581_16443094.jpg
c0180581_16444475.jpg

えー!
いーじゃん、いーじゃん!
と喜び勇んでパンを買う。
種類も豊富で、安いし
焼き立てを車で食べたらおいしいし
なんでみんなこっち(ほんとに近い)にはこないの・・?
トランブルー食べてないから知る由もないが




c0180581_16445710.jpg

おいしい赤カブの漬け物と
おいしかったお着き菓子をお土産に
買って帰りましたヽ(´ー`)ノ


今回もよい旅でした053.gif



次はGW、関西方面でーす^^






by miyoda-miyomiyo | 2016-04-11 19:17 | 2016 奥飛騨・松宝苑 | Comments(0)

またしても奥飛騨へ来ております。
秋にハマった福地温泉も捨てがたかったが
ずっと気になってた松宝苑に
週末の空きを見つけてすかさず予約。

こちら週末も料金据え置きの宿なのです。

半年前に奥飛騨は観光したばっかなので
今回はゆっくり出発、ひたすら温泉に入るのだ。


c0180581_2357592.jpg

お昼は多治見で鰻を食べ❗️





そこから2時間半




c0180581_23574960.jpg
c0180581_23582531.jpg
素敵な佇まい





c0180581_23592865.jpg
おつき豆菓子と黒豆茶激ウマ。





c0180581_024880.jpg
誰もいなくてめちゃくちゃ静かです。





c0180581_01462.jpg
c0180581_012221.jpg
囲炉裏がきってある部屋




c0180581_021898.jpg
早速お風呂へっ‼️





c0180581_033722.jpg
c0180581_04186.jpg
c0180581_042141.jpg
当然貸切だったりする( ´ ▽ ` )ノ





c0180581_053778.jpg
こっちが本当の貸切風呂。
小さいので温泉が濃い感じ。




c0180581_07318.jpg

今は部屋でサッカー(オンデマンドです)見ながら、
はたして晩ご飯までにお腹が空くか?を心配中




あと2回くらいお風呂に入るかな💦






by miyoda-miyomiyo | 2016-04-02 16:19 | 2016 奥飛騨・松宝苑 | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31