<   2009年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

MAMMA MIA ! な週末


土曜日の朝。

部屋に差し込む日差しも
以下のごとく春めいております。

c0180581_23562262.jpg



今日は午前中は掃除、
そして久々の晴れ間ということで、鬼のように大物洗濯をすませ
午後からは映画を見に行く予定。


今回は上映時間等々が好都合だった、三好MOVIX に行くことにした。


本当は竹の山付近でどっかランチ・・との目論見だったのが
どこもすさまじい混雑で
どんどん通過していくうち
すっかり目的地付近まできてしまい
結局、刈谷でうどん屋、という渋めの決定となった。


といってもそこは、いきあたりばったりで、というわけではなく
夫が知立勤務だった10数年前から気に入っているお店。

釜揚げうどんが絶品の地元の人気店・瓢六庵である。

c0180581_2357024.jpg


とろろ釜揚げうどん♪
薬味どっさりもポイント高し




「茹で時間20分かかります」といわれても
待つ価値あるこのうどん。
とにかくノド越しが非常に良くて、かなりの量なのに
つるつる~っと、すごい勢いで飲み込んでしまいますの。






c0180581_235789.jpg


昼食後、
予定より時間があいてしまったので

ペッツマートで
癒し系鑑賞。







さてさて
ポップコーンも買い込んで、準備は万端。

c0180581_23572893.jpg


ここのキャラメルポップコーン
あったかくて
キャラメル多めでおいしい。

イスもふかふかで
三好、え~ですな。







そして・・

c0180581_23574616.jpg


やっと見に来た!
MAMMA MIA !




あの、なんていうか、ほんとに

最初っから鼻の奥がきゅ~っと痛くなりっぱなしで
最後まで泣くか、ニコニコしてるか、っていう2時間でございました。

舞台はエーゲ海に浮かぶ美しい島ということで
海もきれい、空もきれい、家具や登場人物の服、
干してある洗濯物の色までほんとに綺麗で
メリル・ストリープも、娘役のアマンダ・セイフライドも美しい・・
2人の歌も、声がよくてとってもよかった。

しかし、ほんとに外国の俳優というのは
ちゃんと歌も上手なのがあたりまえで感心する。
(ムーランルージュのユアン・マクレガーも素敵だった)

今回は、先にサントラを聞き込んでから映画を見に行くという
めずらしいパターンで、どうかな~と思っていたけど
そんなのどっちでも関係なかったみたいで
でも一番スイッチが入ったのは
チキチータのところであった。
(この曲はサントラに入ってなくて、なんで・・?
と思っていたのだけど、やはり映画では使われていたとは。
う~ん、家でも聴きたいんだけどな・・)

しかし、この滂沱の涙の感じは「O」をみたときの感動に似ている。
セリフとかストーリーとかに何ってきっかけがあるでもなく
なんかだーだー涙がでてしまう感じ。
いやー、すがすがしいです。

結末は「えっ?」ってとこもあったけど
まー、この映画はストーリーはどっちでもいいというか
とにかくHAPPYならなんでもヨシ!
あ~楽しい楽しい!
という映画なので、全然問題ナシ。

エンディングの
Thank You for the Music では
訳詞とエンドロールが流れてるだけなのに
観客みんなが、じ~っと聞き入っているようだった。

そして最後の最後は
「あ~・・終わっちゃった・・」という寂しさが押し寄せ
私としてはスタンディングオーベイションしたいくらいだった。
これは夫も同感だったようで
彼の感想は
「映画はミュージカルに限る」
ですと。(いうことが常に極端)

ほんとうに楽しく、心が潤う時間が過ごせるので
よっぽどミュージカル嫌いとかでなければ
あと、アバを知ってる世代であれば
見ないともったいないです。

もう一回見たい・・。
by miyoda-miyomiyo | 2009-02-28 23:55 | 映画のこと・本のこと | Comments(0)

雨とSAKURAと

今週はほとんど雨だった。

ひと雨ごとに春になるというけど、
結局一度も積雪しなかった名古屋。
加えて、2月にこんなに雨が降るなんて。
ちょっといやな感じではある。

そして会社ではみなさん、いよいよ花粉シーズン・インしたようである。
くしゃみの連発、ビーーッと鼻をかむ音
もはや風物詩ですな。



今日、立ち寄ったスタバでは
春恒例のSAKURAシリーズスタートだそうで
ついついこんなのに目が眩む。

c0180581_20183051.jpg


桜色が好感度大!

桜モンブラン。

魅惑のウネウネに
本能的に惹かれてしまうのは
女子のサガでありましょう。







ひとくち食べる。
かなりサクラサクラしてる。
中のクリームが練乳味だったのは変化があってよかったけど
いつもながらスポンジはぼっそぼそで
うむ・・
たぶん2度目はないだろう。

スタバのスイーツって、結構、残念賞が多い。



ついでに。

最近、「これおいしい!」と思った
ジャンクフードを並べてみたり。

c0180581_20184868.jpg


坂角のゆかり(←激美味)を
クッキーっぽい食感にした感じ





c0180581_20185663.jpg

スープ飲み干した・・



c0180581_2019398.jpg

ココナッツ好きなので

by miyoda-miyomiyo | 2009-02-27 20:53 | おいしかった | Comments(0)

お笑いを語る

そもそもPさんは子供が小学生なので、どうしても話題が小学生なのである。

エグザイルといえば、わがやでは「おもわず失笑してしまうキャラ」
という位置づけなのであるが
「エグザイルのナントカ君、超イケメン」
とかいわれて
「だれですか?」っていうと本気で驚愕される。

誰かとおもったら、コワモテじゃないほうで、
印象の薄い顔の、あのいつも動きがぎこちない人ね。
超イケメンかねえ~・・。

若手お笑い芸人のネタ話もちょくちょくでてきて
とかクールポコとか。。
そのネタ、みたことあるような、ないような、とりあえず、よくは覚えてない。
(やっちまったなあ、くらいはわかる)
いつも「ほ~、へ~」くらいの薄い反応ばかりの私。
相当お笑いにウトい、何も知らない人、と認定されているようだ。

が、しかし

昨今のお笑い、例えばM1、例えばレッドカーペット。
いちおう見た(期待をもって)、が、
最初から最後まで、クスリとも笑えなかった



ワタクシは実は、筋金入りのお笑い好きである。
能ある鷹は爪かくすのだ(何の能だ)。

お笑い大好き歴は小学生の頃の「お笑いスター誕生」にさかのぼる。
ミスター梅介はまだ法律の勉強をしているのだろうか。
その後、ボキャブラ時代を経て
爆笑・オンエアバトルである。

なんば花月に新喜劇を見に行き、
CBCでやっていたお笑い番組「イエヤス」の公開録画を
応募しては見に行っていた。
当時できたばかりの東浦のイオンへ出かけて行って
営業にきた、まだあんまり売れてない
アンタッチャブルを見た、というのは結構自慢だったりする。

お笑いファン活動(?)のピークにあたるのが
あれは何年だったか、
レイザーラモンHGが売れまくっていたころの年末。
志摩スペイン村に、年越しカウントダウンライブを家族で見に行ったことだろう。
あれは・・思い出してもぞっとする、正気の沙汰じゃない
イベントだった(満員電車よりすごい身動きのとれなさ+極寒の中で
トイレも行けず6時間以上立ち見でお笑いを見る苦行)
でもあの時はロバートが面白かったな・・涙
今となっては得がたい思い出である。


クールポコとかオードリーとかが受けるのは
(本人達に罪はないけど)まったく小学生レベルな世の中だと思う。
小学生的なのが嫌いってわけじゃなくて
FUJIWARAペナルティハイキングウオーキングとか結構好きだけど
しかし、なんでもかんでも、
雰囲気で笑わせたもん勝ちという最近の風潮は
まさにレッドカーペットの弊害だ。

もともとショートコントは好きじゃないが、あれはもっと極端だ。
インパクトさえあればいいのか・・
そんなものはすぐ飽きられるだろう。
お笑いの衰退を招いた諸悪の根源は
「エンタの神様」だと思うけど(ネタに全部テロップをつけるって何事!?)
レッドカーペットはその愚行にさらにダメ押しをしようとしていると思う。

なにしろスゴイ実力のある漫才コンビが
売れたとたんにバラエティしかやらなくなって
ネタが見られなくなるという流れは
今に始まったことじゃないが
まったく人類にとって(おおげさ)多大な損失 だと思う!
チュートがM1とったときも「あ~あ」と思った・・。

そういった意味で、結構売れてるのにネタをがんばってる
トータルテンボスはとっても素晴らしいとおもうし
ほんとにまだまだ面白さが進化してる。
大村のブログ、おもしろい)
今、若手で好きなのはジャルジャルだ。動画でみちゃう。

オンエアバトルは今ももちろんやっているのだけれど
すっかり若手中心の登竜門的な番組構成で
もちろん、それはそれで悪くないけど
確実に笑おうとすると、ちと苦しいのである。
でもあの番組は、ず~っと独特で
「すごく面白いんだけどいまひとつ爆発的に売れない」ていう芸人の宝庫だ。
キャンキャン、なんで売れんのかなあ~。
あ~ムショウに、田上よしえいつもここからが見たい。


オンバトや、M1の予選の舞台裏なんかが放送されると
お笑い芸人として成功したくて、
どうやって人を笑かすかということばっかり日夜考えている若者が
びっくりするほどたくさんいて
そういうのを見ると、いいなあ~平和だな~と思わずにいられない。

テレビ番組よ!
そういう健気な若手を使い捨てにしようとするんじゃない!

それにしても、
テレビでネタをみたり、ライブに行って笑ってるその時間、
見てる人に確実に幸せをもたらしてくれる
「お笑い」ってほんとに素晴らしい芸だと思う。
(水曜ロードショー的終わり方!)
by miyoda-miyomiyo | 2009-02-26 23:56 | 日々雑記 | Comments(0)

おいしさの現在・過去・未来・・
(あの人にあ~ったな~ら~♪と続いた人。同世代。)

おおげさなタイトルではあるが
要は、例によって今日食べたもの、食べるものの羅列だったりするので・・



c0180581_2051925.jpg

昼休み。

栄にいったので適当に入った
喫茶店に毛がはえたくらいの
つか、
ケーキ屋がやってる喫茶店。

あんまり期待もせずにオーダーした
エビとアボガドのバゲットサラダ。




サラダはまあ、まあ、こんなもんかというものであったが
写真の奥に、チラッとだけ見えるアレ。
あれは単品(691円)で頼んだのについてきたプリンである。

どうせおまけだし、おまけの味だろうと思って
時間もあんまりなかったので
ガバっと掬って急いで食べたら
んま~おいしくてびっくり。
なめらかプリン並み・・
(ただし、期待してなかったという状況での錯覚、も加味せねばなるまい)

確か、チーズケーキカフェ・・という名前の店・・
だったような(うろ覚え・・)





c0180581_2053565.jpg


さて、こちらが
栄にやってきたワケ。

桜餅は季節のものですからね。
思い出したときにいっとかないと。

で、「たねや

箱もオサレだわ







c0180581_2055421.jpg


はじめてたねやの桜餅を
食べたのは2年前。

やっぱり会社での
誰かのおみやげだったけど
「おいしいもの知ってる人
って素敵・・」
と感激したものであった。






ほんでもって帰宅。



c0180581_206596.jpg



親子丼とか・・にする予定。
うちのnao、大の親子丼好きで
親子丼だよ、っていうと
飛び上がってヨロコビます。

え~子や~





って普段の食生活に疑惑を抱かれるではないか。
あの・・たぶん、フツウに親子丼が純粋に好きなだけ
と思う・・。


ところで
今週は私としては快挙なことに
毎日晩ご飯を、ちゃんと作っている!

しかもおかず三品?みたいな。
その大躍進の理由とは


c0180581_2061442.jpg

フライパンが~
おニュー(←あえての死語)

今まで変えるのが面倒で
くっつくフライパンを
だましだまし使ってたもんだから
そのストレスたるや。。

新しいのはもうサラッサラで
仕上がりもキレイで
楽しく料理できてしまうのが
自分でも驚き。






さらにもうひとつ。

それはゴム手袋。
それまで使ってたやつは
サイズLを買ってしまったのが大失敗だったのだ。

洗い物してるあいだに脱げるわ、水ははいってくるわで
もうはめるのがイヤで、素手であらったりしてるもんだから
すぐに手がカサカサになって、洗い物がすごく億劫になっていた今日この頃。

買い物にいった際、ふと
あまりにも最悪なゴム手袋に対するあてつけのように(誰へのだ?)
ちょっといつもより高いヤツ、結構手にフィットする、裏起毛付きのを買ってみたら
これが素晴らしい。
ハメ心地がとてもいいものだから、もう洗い物どんと来い!
という気持ちになるのである。

こういうことって、小さいことだけど大事なんだなぁ。


偶然にも時を同じくして導入したフライパンとゴム手袋。
メンドクサーイ家事を、ちょっとだけ快適にしてくれた
ニューカマーたちよ、ありがとう。
by miyoda-miyomiyo | 2009-02-25 21:13 | おいしかった | Comments(0)

ホーム漫喫


わが家にとってのホーム漫喫・Goes 尾張旭店

ここでいうホームとは
サッカーなどでいうところのホーム&アウェイの感覚で
わたくしのなかで勝手に認定しているものである。
つまり、わが家で漫画喫茶といえばGoes。
快活クラブとかは完全アウェイ。
(ちなみにホームドラッグストアはB&Dで、スギ薬局とか全然行かない)

尾張旭といえば決して近くはないが
蔵書とか、ごはんのおいしさとか、いろいろツボがあって
かれこれ、10年くらいはココである。



この日は
先日BSでやっていた手塚先生の特集番組を見て
どぉーしても「奇子」が読みたくなって、久々の訪問。


c0180581_19283219.jpg


GINZAは、ちと
若モノ向きなので買わずに
Goesで読む雑誌のひとつ。

PIXY監督のインタビューも
要チェック!






「奇子」 多分読んだの20年以上ぶりくらいで
くわしい内容結構忘れていたけど
重い・・・深い・・・そしてもちろん面白い。
(しかし読むのに時間かかったー)

さすがに手塚先生の作品ともなると
小説となんらかわらず、
10代の頃に読んだのと今とでは
受け止め方がかなり違うのに気付いて
他にもいろいろ一気に読みたくなった。



Goesではごはんも食べるのがお約束。
かな~りガッツリ系メニューが充実。


c0180581_19285754.jpg


私の定番。
ジャンボ鶏おろしカツ丼・カツ少な目。

少なめ、といっても
カツは2枚のっておりますが・・
(何もいわないと3枚のっとる)

1枚はおろしで
1枚はソースでいただきます。




通常、こんなに揚げ物を食すことはない
わたくしであるが
Goesにいれば・・じゃなくて
郷にいれば郷にしたがえ、ということで
ここではこんな超高カロリー疑惑なメニューも
ひらきなおって楽しむことにしている。


ただし他2名はフツーに揚げ物LOVEなだけ!!
c0180581_19293989.jpg






Goes 尾張旭店
尾張旭市東本地ヶ原町3-53
0561-51-1717

by miyoda-miyomiyo | 2009-02-23 20:21 | cafe & live | Comments(0)
ぴかっと晴れた土曜日。

本日の離散家族、夫は人間ドック、naoはライブ。

そしてわたくしはといえば、
姉・麻さまの素敵なご招待を受け
母&三姉妹で奥三河・湯谷温泉へ日帰りドライブ。


c0180581_10314663.jpg



昨夜の雨まじりの強風が
嘘のような青空。



11時の予約時間にまにあうよう出発、したはよいが
進む道はずんずん山あいへ。
もちろん渋滞とは無縁。
10時には目的地に到着してしまいましたとさ。



c0180581_1034546.jpg



の、長閑にもほどがある・・



c0180581_10351562.jpg


時間つぶしのため
着いて早々のお土産屋
という掟破りな行動も
いたしかたなく。

こちら
峠の茶屋風の
とっても和む店内でまったり。



c0180581_10353187.jpg


あなたのそばを離れたくない。




c0180581_10354878.jpg


甘酒濃厚~
米の味がしっかりする。

つけものにおせんべい
お茶もたっぷり頂けます。




時間になるまで

ゆっくりゆっくり、そぞろ歩き。



c0180581_1036459.jpg


冬は?




そしてそして

c0180581_10361732.jpg


本日、
お風呂と薬膳料理を頂く
はづ木。




c0180581_10365015.jpg

ウエルカムスイーツ&お茶

いっときますが
これはただのお菓子とお茶では
ありませんよ。
美しくなる何かが(うろ覚え)
・・とにかくここでは
すべてのものに効能が
あるのだ。





c0180581_10371317.jpg


川の流れを眺めながら
風が心地よい。

これは徒歩数分の姉妹館
はづ別館の方のお風呂
(無人の撮影チャンスが
こっちしかなかった)



c0180581_10381273.jpg


こじんまり、で、
レトロで素敵な個室。

こちらでゆっくりできるのが嬉しい。




c0180581_10382412.jpg


漢字100%
なんかすごそうなお品書き



c0180581_10383626.jpg


まずはこの
なにやらおそろしげな形状の
ありがたい漢方を
プーアール茶に投入して
エキスをいただく。
具は、麗芝、クコの実、
麦門冬(確か)など。
(虫ではない)



以下、
次々でてくるコースを抜粋。
それぞれ、効能あり。もちろん、美味。

c0180581_10385220.jpg


鳥胸肉のスープ

いかにも体によさそうな
おいしいおダシがでてる。
高麗人参入り(確か・・)



c0180581_1039895.jpg


小籠包的なもの。
おいしいです。
ほどよいです。



c0180581_10391941.jpg


とろとろ~
ダチョウの肉の煮込み。


c0180581_10395691.jpg


確か真珠の粉が
混入されとる、ふわふわ
卵白とホタテの炒め


c0180581_1040666.jpg


一見普通な青梗菜炒め
めっさオイシイ。
おいしいんです!


c0180581_10401514.jpg


壺の中身は鳥骨鶏のスープ。
ビジュアル的には相当エグい。
が、迷わず飲み干す。



c0180581_10402582.jpg

たんぽぽコーヒーは
苦手である(泣)



湯谷温泉・はづ木。

雰囲気、ホスピタリティ、お料理
どれをとっても
奥三河の秘湯としては
正直、ほんとに想像以上で
充分満足のいくものでありました。

いや~よかったな~



c0180581_10562398.jpg


c0180581_10404782.jpg


c0180581_1949282.jpg



はづ木
愛知県新城市豊岡字滝上45-1
0536-32-1211

by miyoda-miyomiyo | 2009-02-22 10:58 | 日帰りドライブ | Comments(2)

Cafe Curry Mania への道


朝は必ずコーヒーと紅茶とパン
かなりがっつり食べるようにしている。


が、周期的に、
突然パンに飽きる。

もそもそして、入っていかない、飲み込めない
というかんじ。

今またその波がきていて
朝あんまり食べられないので
(じゃあごはんにすりゃいいじゃん、という話でもない)
ちょっと力がでない。


だから今日の昼はしっかり食べようーっと決めていた。
できればバランスとかも考えて・・
と、ウロウロすること数件

意外にも空席があったので
セントラルパークの Smart cafe に決定。



c0180581_19491456.jpg


そして
二つのランチメニューから
チョイスしたのは
これ。

薬膳黒カレーランチ






はっ!


またカレーを選んでしまった!!


もはや本能的。


認めざるをえん、カレー好きだと・・



しかしこのカレー、確かに真っ黒。
薬膳て、ほんとかな。
なにが入ってんだろう。

う~ん、なんか食べたことある味。

・・・こ、これはっ


カレーうどん。

カレーうどんのルウ。
しかもちょっと塩分多そう。
黒は醤油色か?

ちょっと許せんですな。
あと水がまずかった。


そういえば、カフェでごはん食べるときの
カレー率は相当高いワシ。
気付けばこの日記でもすでに3件の
カフェカレーをUPしておるではないか。


でも一番好きなのは
今は遠くてランチに行けなくなったゆえに
ここには書いてないけど、
やっぱりFAIRのカレーだな。

FAIR GROUND cafeのカレーは、
これっていう一種類の決まった味じゃなくて
日替わりで何種類もカレーのレパートリーがあって
それで飽きないし、
それぞれ全部おいしい。
ケイジャンガンボとか!)

さらに何がエライかというと
ゴハンの水加減。
絶妙だ。
これ重要。



このまま精進して、
カフェカレーブログにしようかしら・・・。


Smart cafe
名古屋市中区錦3-15-13セントラルパーク内
052-959-2205

by miyoda-miyomiyo | 2009-02-19 20:35 | cafe & live | Comments(0)

口が裂ける女

冬になると口角炎が悪化する。

夜寝る前に薬とリップクリームを
ぐりっぐりっに塗るのを、万一忘れようものなら
即、次の朝には
パンを食べる一口目で
ぴりっ
と口が裂ける。そして流血。


今朝
病院でもらってちびちび使っていた薬が
いよいよ切れてしまったので
今日は帰りに、皮膚科に寄らないかんかな~
いやだな~、と思いつつ家をでる。


家のそばにある
その皮膚科の、なにが問題かというと

少し前
近くに皮膚科が開業して
助かるわ~と思って
なかなかなおらない口角炎、
治してもらおうとさっそく行ってみたら
・・・
知ってる奥さんが、
そこの受付でパートしとった!


エキセントリックでなんか変わったその奥さんに
なぜか嫌われてるらしいわが家(数々の謎エピソードあり)
その、ただでさえ避けたいお方が、受付に
ばあ~んと座っていたときの衝撃といったら・・
(当然無視されたが)


開業を考えているお医者さんよ。
お願いだから徒歩圏内に住む奥さんを
パートで雇うのはやめてくれ~。
プライバシーもなにもあったもんじゃないから。
初診の問診票に生年月日はもちろん
身長体重、既往症(女性なら確か妊娠や出産のことまで)
等々を書かされ、隣の奥さんに提出する屈辱。
もし水虫とかだったら・・
想像しただけで最悪。

結局、水曜夜は休診だったので、まだ行ってない。
(明日の朝はまた流血だ)




話はかわって

今日、三越のB1を(また)歩いていたとき
はじめて気付いたことがある。

贈答品なんかの売り場の近くに
いろんなブランドのお菓子が、ちょこちょこ置いてあるなあーとは
思っていたけど

よく見たら
それらは、全国各地から
本気で選りすぐられたと思われる、
ほんとうにおいしい、名産お菓子の数々であった。


c0180581_2140114.jpg


「かもめの玉子」
(かわいくておいしい)




c0180581_21401273.jpg


福岡は「鶴の子」

でも福岡なら絶対
「博多通りもん」をおくべきかと!





c0180581_21402144.jpg


お土産の域を超えている
「雷鳥の里」





c0180581_21403138.jpg


そしてあろうことか

こないだ送料払って買った
これらまで~(悔)
しかもバラで買えるとは。




やるな、三越
by miyoda-miyomiyo | 2009-02-18 23:10 | 日々雑記 | Comments(0)

地味な日常

昨日今日と、
週末の陽気に惑わされた身には
往復ビンタをくらったような酷寒ぶりである。

まだまだ春は先だというのに
nao部屋用のファンヒーターがこわれた。

c0180581_2184711.jpg


とってもコンパクトなボディ
(A4くらい?)ながら
4.5畳の部屋をしっかりと
暖めてくれるデロンギ製。

シンプルで結構スタイリッシュだし。
で、6800円だったし(!)


今回感心したのは
デロンギは3年保証だということ。

保証書もとってなくて
とりあえずサービスセンターというところに電話してみたら
購入した日がわかるものさえあればよいという。
これはインターネットで購入したものだったので
購入履歴をプリントアウトしたものでもあれば、よしということ。
宅配業者が家に引き取りに来てくれるので
なんか簡単に袋にでもいれておけば
梱包さえしなくてよいそうである。

う~ん、素晴らしい。



今日は Oisix が届く日であった。


c0180581_2194847.jpg



こんなかんじで野菜などが
ぎゅぎゅっと入っている。


安全かどうか、にめちゃめちゃこだわっているかといえば
ジャンクな食べ物も結構食べてしまう身としては
あんまりエラそうなことはいえないが
ここの食材はまちがいなく美味しい。
高いけど。

こういうのをうまく取り入れて
メリハリをつけてやれたらいいと思っている。

なんか最近週末にすらスーパーで買い物するのが億劫で
メインはOisixとはまた別の宅配を利用している。



届いた食材で、こちら、今日の晩ご飯。

ブリテリ、黒すぎ・・・(ギリで焦げてはいません)
c0180581_21101723.jpg

by miyoda-miyomiyo | 2009-02-17 22:03 | 日々雑記 | Comments(0)

歌姫 in Abbey Road

その日は
吹上・Abbey Road での espretts のライブ。

店名に違わぬ、ビートルズ・LOVE な店内へ
足をふみいれると
間口はからは想像がつかない奥行きの広さ。
落ち着いた、清潔な雰囲気のお店である。


今回はいつもより少なめのお客さま、
それゆえとっても、こぢんまり、まったりとした雰囲気のライブとなった。

これはこれで、楽しかったー!

c0180581_23255559.jpg


1曲目が終わった時点から
今回初参戦の妹・ぶいやん、何度も小声で
「すごい。すごい。」
「毎週来たい」
と、とっても感激してくれた様子。
嬉しい。


今回の最後のナンバーは There Must Be An Angel  
2度目の披露だけど、前回より確実に良くて(やさかっちコーラスやめたのね)
こっそり鳥肌たててしまった。

後で見守るジョンとヨーコ
c0180581_2326910.jpg


徹夜明けで心配してたけど
ずいぶん声もでていて、いやむしろいつもよりでてるくらいで 。

徹夜して作ったバレンタインのクッキーとブラウニー
結構あまってしまったようで、ちょっとかわいそうだったな~
ただし、夜中の3時と朝7時に
激・山盛りの洗い物をもくもくとかたづけのはワシ。






ライブのあと、
「カレーが食べたい」というぶいやんと2人
八事日赤の

The CAFE eat へ。


根菜のカレー
c0180581_2327069.jpg


なんかちょっと酸味が強い
カレーだったな。

ピクルスの酢だけでは
ないような・・





まさか夜カレーに行くとは想定してなかったので


・・昼、カレー食べた。
c0180581_2327861.jpg


「これでcafe 開いて!」

とnaoにいわれる
オリジナルのさらさらカレー
自画自賛的美味!







そして

そして実をいうと
前日の夜も、カレー(昼のはこれの残り)


どんだけカレー好きなんだ
c0180581_2327187.jpg




Abbey Road
名古屋市千種区今池南30-19
052-732-3063



The CAFE eat
名古屋市昭和区山手通1-25 山手ヒルズ1F
052-836-0201

by miyoda-miyomiyo | 2009-02-17 19:52 | cafe & live | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo