<   2009年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧


8月4日(火) 4日目


ラスベガスからドライブすること5時間。
このあたりで窓からの景色がかわってくる。
青い空に赤い岩。
そのダイナミックなコントラストが
「すごいところに来た!」感をググッと盛り上げる。

かつてネイティブアメリカンの聖地であった、ここセドナは
いまや、世界中から癒しを求める人が訪れる屈指のパワースポットである。
曰く、ここには地球の磁場が集中しており、
そのスピリチュアルなパワーは、大地のエネルギーがred rockから
渦を描くように湧き上がるさまをイメージして
「エネルギーの渦巻き」=ボルテックスパワーと称される。

日頃、占いや霊的なものにほとんど関心がない私がいうのもなんだが
よーするにとてもスゴイとこらしい。
スピリチュアルな人(ヒーラーとか、リーディングする人とかオーラを見る人とか)が集結してるらしいし
アーティストも多いし、ついでにマドンナやトムクルーズの別荘もあるらしい・・・

そういう意味でほんとに「スゴイ」かどうかはともかく
この旅行のタイミングでたまたま、次々に情報が集まってきて
なんだか行ってみたい!という気持ちが膨らんだのも何かの縁、
もしかしたらスピリチュアルな何かに呼ばれてるのかもしれん
などという邪念も抱きつつ・・
遠路はるばるやってきたのであった。


たぶんそんなに敏感じゃないわが家+同類の黒沢さんの4人は
やはりというか、もちろんというか
セドナの美しい町に入ってからも
よく体験談などで聞くような
手がびりびりした」とか「鳥肌がたった」とか
いわんや「ひとりでに涙があふれだした」というようなことは
いっさいなく・・・(無念)


c0180581_18293418.jpg





c0180581_1829591.jpg


ボルテックスポイントのひとつ、
エアポートメサ

ひたすら登る、登る。






c0180581_18301586.jpg
木も磁力のせいで
このように
捻じ曲がって生えるという





なんて、スゴそうな写真を載せてますが
実はここは超・初心者向けのトレッキングスポット。
途中、手を使う場所も、あることはあるけど
素人のわれらでも10分もかからずに
素晴らしい頂上を拝むことができてしまうのだ。




c0180581_18303576.jpg

c0180581_1962558.jpg



だんご娘・瞑想の図

c0180581_18304821.jpg



ワーイ!ワーイ!

c0180581_18313910.jpg



むしろ侮れぬ
緊張感の下り。

おずおず・・







エアポートメサで心地よい征服感を味わった後
向かったのは、レッドロッククロッシング
絵葉書のような美しい景色を見ながらの川遊びで涼む。

ジーンズをたくし上げて川に入るなんて
何年ぶりだろうか。




c0180581_18321990.jpg


ヨロヨロ・・
オタオタ・・


c0180581_18322638.jpg



ワーイ!ワーイ!







続いて向かったのはホーリークロス教会
絶景をバックに、崖の中腹にそれはあるのだ。

一歩中へ入ると
シーンと厳かな雰囲気の中には
ひざまづいて祈りを捧げる女性も。
その傍らでは数え切れないほどのろうそくの炎が
静かにゆれている。


c0180581_18325423.jpg

c0180581_1833175.jpg

c0180581_18332830.jpg






芸術家の村、テラカパキを散策のあとは
アップタウンで、お土産の店を覗いて見たり、

c0180581_1833424.jpg

c0180581_18335470.jpg

c0180581_18342872.jpg

c0180581_18343749.jpg




巨大おにぎりのおかげで
しっかり昼食をとるほどの空腹感はなかったので
軽く休憩をとることにする。
ちょっとさびれた雰囲気がイイ感じのダイナーにて。

朝じゃなくても注文OK!だそうなので
ブレックファストメニューとチョコレートパイをオーダー。
それと紅茶を頼んだら出てきた、
よりどりみどりのティーバッグの山とポットに入ったお湯。
斬新ですな(笑)


c0180581_18345651.jpg

c0180581_1835412.jpg
c0180581_18351159.jpg






夕方、名残惜しいセドナを後にする。




c0180581_18352083.jpg帰りの休憩で立ち寄ったキングマンの
ドライブインでなんとなく買ったコーンドッグ
(日本でいうところのアメリカンドッグ)
驚くほど皮が薄くてパリッとして美味しかった。
夫は帰国後もこれが忘れられない様子。







アリゾナドライブの終わりが近づくとともに
空も美しく変化してゆく。



c0180581_1835444.jpg

c0180581_18355752.jpg

c0180581_18361182.jpg





8時すぎ、夜景が眩しいラスベガスに到着。

スピリチュアルな何かを体感することは
どうやら出来なかったけど
セドナは素晴らしい場所だった。
なんだかよく分からないけど、
また行きたいと思うのだから間違いない。

黒沢さんに厚~くお礼とお別れをいって
楽しかった4日目が終了。



が!
よりによってわが家で一番ニブそうな男が、
この日、誰も体感できなかったはずの
「ボルテックスパワー」の祝福をちゃっかり受けていようとは
このとき、誰も予想だにしなかったのである・・。

by miyoda-miyomiyo | 2009-08-31 23:36 | 2009 ラスベガス旅行記 | Comments(0)

8月4日(火) 4日目

2時間ちょい寝て
必死で起きて支度して、他2名もたたき起こして
6時に黒澤さんと合流。
黒澤さんは現地でツアーなどのアテンドをしている方で
昨年もお世話になってすっかり意気投合。
今年もわが家だけの一日ツアーをコーディネートしてくれた。

早朝からハイテンションな彼と
1年ぶりっ!の挨拶をかわし、
ちょっぴりお土産も渡し(塩ぽんずなどを持って行った)
ちょっとヒンヤリした早朝のベガスを出発。


行き先は今一番熱い(?)
ボルテックスパワー溢れるスピリチュアルスポット(笑)
セドナである。


c0180581_2073329.jpg



車で30分ほど走ると
人気観光スポットでもある、フーバーダムに到着。

セドナへの道はまだまだ始まったばかり。



黒澤さんと4人、あーだこーだしゃべりながら(これが楽しい)
2時間も走っただろうか。
できれば途中で立寄ってみたいと、事前に伝えておいた
ルート66の町、セリグマンで休憩をとる。



I-40が完成して、廃線となったルート66。
セリグマンの町はルート66の誕生の地とも言われている。
今は観光名所となっており、観光バスも止まるのだ。


以下、おもちゃ箱のような街並み。
古きよきアメリカ、というところだろうか。



c0180581_20241759.jpg

c0180581_2015395.jpg



c0180581_2084982.jpg
c0180581_2010508.jpg


c0180581_2075520.jpg

c0180581_2081456.jpg

c0180581_2095511.jpg

c0180581_2010742.jpg

c0180581_20214528.jpg

c0180581_201699.jpg





想像していたよりは小規模で
お店の方(=住人)はちょっと高齢化気味。
時間帯が早くて、観光客もまだ少なかったせいか
ちょっと寂れた感じ・・・。
乾燥しきった気候とあいまって、なんだかヒュ~ッと風が吹き抜ける
西部劇にでてきそうな過疎の町を思い出してしまった(ゴメンネ)

でも、ポップな街並みはとっても絵になるし
おじいちゃんたちは明るくてキュートであった。
これからもこの楽しげな町がここにあり続けてほしいな。





c0180581_20112912.jpg朝ご飯ヌキだったので
車内にていただく、恒例の
黒澤氏嫁お手製おにぎり弁当
感動的にウマイ。しかしデカイ。
一個が茶碗一杯分はある。1人3個。






ドライブはまだまだ続く。
by miyoda-miyomiyo | 2009-08-28 21:47 | 2009 ラスベガス旅行記 | Comments(0)

esprettsのライブは、覚王山夏祭り以来である。

この日のcafe、吹上・AbbeyRoad
このところ
人気グルメブログ・ランディさんや、
カフェめぐりブログのレイガスさんの所で
たて続けに紹介されたので
「もしかしたら、すごい行列店になってるとか?!」
・・・などという妄想を抱いていたものの
どうやらそれは杞憂だった模様(笑)

今日もいつもと変わらない、
まったり落ち着きcafe・AbbeyRoad なのであった。


c0180581_18205773.jpg


c0180581_18211337.jpg




そうそう、ガトーショコラなんてあったっけ?
と、レイガスさんの記事を見て気になっていたので
もちろんケーキセットをオーダー。
いまどき680円て、なかなかないですな。



c0180581_18212117.jpg


naoのオハコの
ガトーショコラに味が似てる!
もしや同じレシピだったりして
(失礼)
素朴なおいしさでした。






ライブは、
ここではなぜかいつもお客さんは割と少な目、
で、小さい空間でもあるので
とてもアットホームな雰囲気になる。
よいです。

今日は新曲はなかったけど
新しいアレンジで聞かせてくれた。
完成された名曲によけいなアレンジはだいたい失敗するぞと
サイモンはいうけれど(アメリカンアイドル参照)
確かにそれはいえる、と番組に限らず、
巷に溢れるカバー曲を聞いて思うけど
やさかっちのアレンジはだいたいカッコいい。
ギターだけだから、やりすぎにならないっていうのもあるのかな。
その日の朝できたというCome Together
こういうの聴くと楽しくなってくる。


この日のライブ終了後
naoがお客さんの女性に、耳打ちされて嬉しそうに握手していた。
“「スピカ」のところで涙がでちゃった。
スピッツの「スピカ」を聞いても涙がでたことはないのにね”

と、言って貰ったそう。

ほんとうによかったね♪



c0180581_18212912.jpg





Abbey Road
名古屋市千種区今池南30-19
052-732-3063

by miyoda-miyomiyo | 2009-08-26 19:07 | cafe & live | Comments(2)

新しもんズキ



c0180581_1934540.jpg

チョコ味のガム!?
Smart time





これは~
あえて表現するなら
とけてなくならないキャラメル、で、チョコ味
・・・ってとこでしょうか。
悪くないかも。
会社で4時ごろ、お腹すいたときに
結構長いことチョコ味が楽しめて、しかもシュガーレスだし。
(さすがにキシリトールとかは入ってないらしい)
いや!
やっぱりこれずっと食べてると、突然イヤになる!
やっぱりナイかも
クドイというか飽きるというか。

・・不思議な食べ物だ。






午後、レンタル屋にて。



c0180581_19342727.jpg



今日の目的。





24の新作を見るにあたっては、
全巻出揃って、しかも誰も借りなくなった頃に
一気に借りてくるというのが常のわが家ではあったが
24愛好仲間のEちゃん(うちら揃ってトニーアルメイダびいき)とあったとき
「新しいの、もう見た~?でーら面白いよ!
(スーパーネイティブ名古屋弁スピーカーのEちゃん)
のひとことに、ついつい・・3本だけ・・
まだ新作だもんね。




ついでにうろうろしていたら
こんなコーナーができているではないか!



c0180581_19341466.jpg



あ・・新しい!

貸コミック始めたか~。
まだまだ種類は少ないけど
漫喫よりマンガがキレイでよい。
(触りたくないくらい汚いのも多いし)







c0180581_19342190.jpg


さっそく5冊ほど
浦沢直樹の未読のヤツとか
借りてみた♪



by miyoda-miyomiyo | 2009-08-22 20:05 | 海外ドラマ好き | Comments(0)

先日から友人と会う機会が続いて楽しい。


まずは先週行った、JRセントラルタワーズの12Fにある
ブラッスリー ポール・ボキューズ
行ってみたかったのよね♪



c0180581_1918486.jpg


名駅にはめったにこないので
タワーズも、
大名古屋ビルヂングも
久しぶり~。



c0180581_19181196.jpg

意外と開放的な作りですな。
入りやすっ。

この日は仕事で一緒の
濃いキャラ揃いでとても刺激的な
友人との集いだ。



c0180581_19181913.jpg

プリフィックスランチコース。
チョイスした前菜は

季節野菜とサフランライスのテリーヌ
爽やかなフレッシュトマトのクーリーと共に


(HPより) 長っ!

目に美しく、とてもヘルシーな感じ。
パンも(奥に写ってます)おいしい。


c0180581_19182997.jpg
お店の方によると
バターのサービスはつい最近復活したそう。
それまでは、必要であれば
エシレバターを別オーダーする
システムだったとか(それもイイ)


c0180581_19183632.jpg

メインは

スパイシーな仔羊肉のブイヨン煮 クスクスと季節野菜添え

肉やわらかーい。
そしてあっさり。

クスクス好き。



c0180581_19184472.jpg

デザートは
クレーム・ブリュレをチョイス。
「ムッシュポールボキューズの」って
名前を冠してるってことは
イチオシなのかな。
うん、普通に美味しかったです。

コースは2680円。
コーヒーが380円で付けられる。






お店の方もてきぱき感じがよくて
しかも、ランチが午後5時半とかまでらしく
めちゃめちゃゆーっくりできてしまった。
お料理にすごいインパクトがある
っていうわけではないけど
とっても良いランチであった。





また別の日。

Hちゃん(横浜セレブママ修行中?)の帰省に伴う
恒例のランチミーティング with 1才児・まや

最近人見知りが激しくなったというまやちん。
ママ仕込みのキュートないでたち(ゴールドのサンダルに古着風デニム)
いつものようにベビーカーからニヤリと笑う(←これがカワユイ)
この日はいつものように星三で集合して
ちょっと坂を登って
ネパールカレーのバンチャガルへ。



c0180581_1919484.jpg
ものっすごいボリュームのランチ。
ここまで付けなくても
いいんでは?と心配になるほどだ。
1000円のレディースランチは
カレー2種類にナンと
(しかもおかわり自由って)
サフランライスの両方
チキンティッカにケバブも
サラダもスープも
マンゴプリンもドリンクも!!

もちろん美味しい。
だからつぶれないでほしい!





今回、あまり時間がなくて(Hちゃんとはいつも足りない)
たまってた話、全然消化できなかったのが残念だけど
また次回・・。
次はお正月になっちゃうかな~。





そして最後は
先日無事赤子を出産したばかりのEちゃん。

今にも生まれそうな頃に会ったときは
かなりボリューミーというか、大きくなってて(本人が・笑)
びっくりしたけど、
聞けば最終的に18キロ増量してたとか。
それが産んでほんの1~2ヶ月でほぼ戻ったそうで
すっかり元のEちゃんだった!
いやー、優秀ですなっ
無痛分娩の話(医療の進化に驚愕)やら、
母乳バナシ(母乳ネットビジネス起業計画)、
などなど、あとはベガス話でガハハと笑って
めちゃめちゃ楽しい時間を過ごした。

そして今回もまた、プロ並みの腕前の手作りパンを頂く♪


c0180581_19191094.jpg


今回は、定番の
レーズンロール(これほんと絶賛)
さらに、フランスパン生地に
超美味なミルククリームを挟んだ
新作もたくさんもらって!





嬉しすぎです。





ブラッスリー ポール・ボキューズ ラ・メゾン
名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ12F
052-563-4455

by miyoda-miyomiyo | 2009-08-21 20:46 | Restaurant | Comments(0)

8月3日(月) 3日目


c0180581_1858148.jpg



カーテンを開ければ
朝日に照らされる神々しいまでの(笑)Wynnの姿。



今日は比較的常識的な時間に目が覚めたのに
あとの2人が明け方に起きたり、ヘンな睡眠サイクルに突入している模様で
行動開始がまたしても昼をだいぶ過ぎてしまった。
今日はわが家認定・ベガスNo1バフェ、Wynnの
その名も THE BUFFET (そのまんま)へ繰り出すのだ♪



毎回ウットリするこの美しいエントランス。
c0180581_18581188.jpg



長い行列に並ぶこともなくすぐに席へ案内される。
ランチは1人20ドルちょい、くらいかな。
飲み物をオーダーして野に放たれるわれら。


とにかくちまちま取るべし!
c0180581_18582440.jpg
どこのバフェでも必ずローストビーフを切ってもらうのがnaoの定番。
c0180581_18583197.jpg


本当に種類が多くて
その割にひとつひとつ丁寧にきちんと作ってあって
暖かいものは暖かく、冷たいものは冷たくサーブされる。
もちろん美味。
何より清潔だし高級感もたっぷりだ。
でも、胃に余裕がなく、毎回スルーするメニューも多々あって
い~っつもあとから
ああっ!!あのときのアレ・・・」と
空腹時に恨めしい思いをさせられるのもこのバフェだ。
ついでにデザートも最高で、全種類食べたいのに
「こんなに食べきれるわけないじゃん!」と
憎らしくなるほどなのだ。



も、もうダメ・・・というまで食べて
(といっても3人とも3~4回ずつくらいしかいけてないダメ家族)
バフェをでて、次の行動開始はまたしても夕方近くになる。


今日の予定は夜9時30分からの LOVE だけなので
それまではお買い物!ということに決定。
まずはタクシーで10分ほどの、プレミアムアウトレットへ。


ここが実はラスベガスで一番暑いんではないかと思っている。
c0180581_18585143.jpg


c0180581_1858586.jpg
ロクシタンや、定番COACHに
Kate Spade、
あと素敵なキッチン雑貨の店etc・・
堪能して終了。





このあとはタクシーでストリップに戻り
夫希望のアバクロと、nao希望の American Apparel などなどを見に
フォーラムショップスへ。


c0180581_185936100.jpg
c0180581_190917.jpg

ここのアイス屋~いつも釘付けになる~c0180581_190393.jpg



この間
3人ともまったく空腹感を覚えることがなかった(wynnバフェ効果)ので
そのままミラージュへ向かい
LOVE 会場へ♪


c0180581_1911336.jpg
c0180581_1912329.jpg



前回に続き2度目のLOVE
今回はシルクドソレイユのHPから、25%オフのチケットを
予約できたこともあり、席はなんと前から2列目。
それこそ歌舞伎でいうところの花道際のような席であった。
キャストの表情まではっきりと見えるその世界は
素晴らしいの一言。
とにかくシルクドソレイユのショーに感動して
時には(というかほぼ毎回)涙まで流してしまうのは
なにより「人間ってなんて素晴らしいんだ!」って、
心底思わされるからなんじゃないかと思うのである。
意味不明ですかね・・
いや、見ればわかります!



幕が下りて、帰路につく観客の列に紛れる。
全員が流れるBGMにあわせてビートルズを楽しげに口ずさむ中にいると
去年もまったく同じだったことを思い出すが
違うのは、今日が最後の夜ではないこと!!
去年は最終日に見たので、悲しくて悲しくて泣きそうだったのだ。

あ~まだ3日もあるなんて幸せ♪



やっぱりあんまりお腹がすかないので
またしてもピクニックディナー(ものは言い様)に決定。


c0180581_1914193.jpg
見た目は美しくないけど、
このベネチアンのハンバーガー屋、かなり美味。

そしてまだ敷く中日新聞・・




ショーが遅い時間だったため
帰って食べて、必死で風呂入ったり片付けたりして
なんとか2時にベッドに入る。
明日は6時出発でセドナなので4時半に目覚ましをセットする。
by miyoda-miyomiyo | 2009-08-20 20:55 | 2009 ラスベガス旅行記 | Comments(0)

8月2日(日) 2日目

カーネギーデリでのブランチ(もう夕方ですけどね)の後は
マダムタッソー蝋人形館の格安チケットを入手しに
ファッションショーモールにあるTIX4へ。
ここではそういったアトラクションやマジックショーなどの
ディスカウントチケットが、ほぼ確実に入手できるのだ。
運がよければシルクドソレイユのショーなんかもあるみたい。
(ミスティアなんかはかなり高確率らしい)
ここで3~40%オフくらいで(忘れた)チケットを手に入れて
そこからまた蝋人形館のあるベネチアンへ戻る。

今回はアンコール→ファンションショーモール→TI→ミラージュ
→ベネチアン→パラッツォ→ウィンという四角形の中を
何度もグルグルしていたな~。(・・遠い目)



毎度おなじみ、豪華絢爛、ベネチアンの天井。
c0180581_1619489.jpg



ファンションショーにいたときから
どうしてもアイスクリームを食べたかった夫の強い希望で
(一応ブランチからいろいろ歩いて2時間くらいは経過後)
ベネチアンの素敵なジェラート屋で休憩することに。



c0180581_16192032.jpg

c0180581_16252669.jpg
ウットリするようなディスプレイ
そしてもちろん、美味しい。
(高い)





とっぷりと日も暮れてきた(この明るさで午後8時前くらい)
c0180581_16193979.jpg





以下、
続・蝋人形館での小芝居家族(しつこい)



c0180581_16201117.jpg

意外に小作りジョニデ




c0180581_16203944.jpg

同病、相憐れむ夫




c0180581_16205632.jpg

あんまり似てないエルビス




c0180581_16211086.jpg

もみあげ装着で夫もエルビス





蝋人形と楽しく戯れたあとは
今夜の晩ごはんを調達に回る。
昼があんなだったので、適当に買ってって
お部屋でのんびり食べることに決定。



まずはベネチアンのフードコートへ向かう。
c0180581_16242294.jpg



それからTIへ戻って、スーベニアショップの一角でみつけたコレを!
c0180581_16213890.jpg





写真が美しくないのはさておき。

豪快すぎる盛り付けはどうかと思いますが
パンダエクスプレスの焼きそばはかなりイケるのである。
オレンジチキンやブロッコリーと牛肉炒め、春巻きなど
4品ギュウギュウにのせてくれてたったの8ドルって
なんだかよくわからないほど安いっ!
あと、ネイサンズの豪華(?)ポテトも・・・
ちょっと買いすぎたかな?

でも好きなもの買って帰って部屋で食べるのも
けっこう楽しくて安上がりで大好き。(滞在中2~3回はやっている)


c0180581_16215224.jpg
下に敷いてあるのは夫が飛行機でもらっておいた中日新聞・・




こうしてラスベガス2日目の夜は終了。
ブログを少しUPして、明日は何をしようかな♪
っと考えながら就寝(今宵も3時すぎ・・)
by miyoda-miyomiyo | 2009-08-19 22:07 | 2009 ラスベガス旅行記 | Comments(0)

よくある週末にもどる


ラスベガス終了後、やってきた初めての週末。
暑いけど、最大の夏イベントが終わったわが家にとっては
心情的にはすでに秋風モード。
・・寂しいです。

土曜も日曜もnaoはおでかけ&バイトだったので
この週末は夫と二人、地味~に過ごす。



土曜ランチは、名東区にある天ぷら屋、舞扇

c0180581_1652823.jpg


帰国後の外食は
無意識のうちに和食寄り?
先週はとんかつ

「久しぶりに天ぷら行こうよ」
と提案したのは私。


c0180581_16521721.jpg


若干のテクニックを必要とする
自動ドア。


c0180581_16522681.jpg


本当にお値打ちなんである。
店構えはちょっとボロ(失礼)だけど
白衣に白帽(?)板前風のアレ
を、きちんと身に着けた大将が
カウンターの中から
揚げたてを出してくれるのだ。


c0180581_16523675.jpg


天ぷら定食。
サックサクの海老3本に
ナス、さつまいも、キス。
赤だしに出し巻き卵がついて
850円て~!

夫の天丼に至っては700円だし。





満足ランチのあとは
買い物&ブックオフ。

4冊1000円セール開催中でラッキー♪
喜んで1時間以上ふらふらして夫に辟易される(いつも)。
ほんとはもう4冊選びたかったとこだけど
今日のところはこのくらいにしとく。


c0180581_16531987.jpg

機内用に成田の本屋でも
一冊購入の桐野夏生。
ちょっと今続けて読む気分で
(夏だし)「グロテスク」という
タイトルに警戒してたけど
別に残酷シーン満載、
ということではないらしく
結構な読み応えらしいので。

梨木香歩も期待大。
向田邦子のエッセイは初。楽しみ。







c0180581_16534865.jpg夜はふと思い立って
ひさびさにパウンドケーキを焼く。
かぼちゃとくるみをたくさん入れて
おいしくできた。

そういえば母にもらった
お菓子制作道具、初使用だわ!
大きいボールはほんとに素晴らしい使い心地。




7時からのサッカー中継。
楽しみにしてたのに、名古屋は惨敗。
気分悪。
そのままなんとなく、テレビでやっていた映画
「硫黄島からの手紙」を見る。
うーん、感想は特になし。




日曜日。
最近はここ、ランチ営業しているようだ。
長浜ラーメンの一番軒

c0180581_16524984.jpg
麺の固さははりがねで。

どーでもいいけど、ここでヤなのは
店の方針なのでしょうが
店員さんが全員
いちいち全力で怒鳴りちらすので
(ラーメン一丁とか、いらっしゃい、とかね)
丼にブワッて・・
めいっぱい入ってそうだってとこ。

ラーメン自体は、
まあ、おいしいけど、行列してまで
食べなくてもいいです、私は。






c0180581_16532999.jpg


本屋で最新刊を目にするたび
家に今いったい何巻まであるのか
確信がもてず、ダブりを恐れて
やり過ごすことはや数回。

今日はきちんと確認してから
本屋へ。そして5巻分大人買い♪




つーか、実は片付け物をしていて出てきた、
夫の会社の、創立ウン周年記念図書カード
さっそく使って、旨みを味わうべく
わざわざ買いにきたのである。
グフ!



そしてこのあとはもちろん言うまでもなく、
だら~っとマンガを読み耽って
週末終了。





舞扇
名古屋市名東区高社2丁目255
052-773-6660



長浜ラーメン 一番軒
名古屋市名東区猪子石原1丁目1303
052-772-9393

by miyoda-miyomiyo | 2009-08-17 19:50 | Restaurant | Comments(0)
8月2日(日) 2日目

私とnaoに関していえば、出発前夜は徹夜しているので
きちんとお布団で寝るのはかれこれ60時間ぶりということになる。

晩ごはん&買出しから部屋に戻って
お風呂に入って、パックして、手帳つけたりなんかしていたら
あっという間に夜中の2時半をすぎている。
しかしびっくりすることに、Encoreのクラブは
この時間でも大音量でドドスコドドスコと絶賛営業中である。
(隣室の騒ぎはすっかり治まっている)
土曜夜のベガスは初めてなので、毎週こんなもんなのか
それとも今回の部屋は9階という比較的低い階なので
今まで聞こえなかった音も聞こえてくるのかなあ~などと
考えながらも、電気を消した瞬間、深い深い眠りにつく。



完全遮光カーテンのせいで、というか、おかげでというか
3人揃って昏々と眠り続け、目が覚めたら12時半であった。
おお、これで睡眠不足&時差ボケ完全リセットだ~!

もちろん外はピカピカの晴天。窓から見える美しいプール。
c0180581_172102.jpg



さて、今日の一食目をどうしようということで
だーらだーらと支度をして、ようやく部屋をでたのが2時近く。
写真とったり、あーだこーだいいながら歩いていたら
第一候補のTIのバフェに着いたのは2時半。
忘れてたけど今日は日曜なので、各ホテルは
シャンパンブランチ(普通のランチよりお酒が飲めるぶん、お高め)開催中で
しかも3時までですと。それは第二候補のミラージュも同じこと。
仕方ないので、そのとき通りすがった
ミラージュ内のカフェ・カーネギーデリに入ってみることにする。



以下、
わが家、今回第一回目の開いた口がふさがらない体験報告となります。






c0180581_1723257.jpg
ふっかふかのソファ席に案内されて、メニューを熟読(推測)。
フツーにオーダーをすませ
どんなものがでてくるかワクワクしながら待つこと数分。





c0180581_17232121.jpg

こっ!これは!?

いえ、ナマコではありませんよ。
突き出しのようにサービスで出てくる、ピクルスです、ピクルス。



c0180581_17371760.jpg

大きさ比較用






そしてオーダーしたモノたちの登場である。





c0180581_17234524.jpg

玉ねぎでかっ!
&ナマすぎでは。

でも、思えばこのハンバーガーが一番普通だった。







c0180581_1724395.jpg

あわわわ・・・

極薄のパンの間にはさんであるのは
タオル?とかロールケーキ?ではありませんよ。
オーダーしたのはローストビーフサンドですから。
なぜ丸める・・・





そ、そ、そして登場、巨人の食い物!


c0180581_17241837.jpg
オーダーしたのはツナメルトというものである。
私のイメージとしては厚切りトーストの上にツナとチーズがとろ~り・・
だったんですけどね。
なんかよくわからないがでてきちゃいました(愕)

おそるおそる解体作業にとりかかると
どうやら内部は、うっすーいパンが下に敷いてあって
その上(全体の80%以上を占める)が、シーチキンとマヨネーズ~(泣)の層。
の、上に分厚いスライスチーズ十数枚の層。

おお・・ツナメルト。
私の中のベガス・やりすぎフードベスト1
久々の勝ち抜きチャンピオン登場である。
(この日まではグランドラックスカフェのチキンポットパイを認定)



c0180581_17243780.jpg
テーブルの上の全貌(惨状?)注・飲み物の大きさにもご注目





c0180581_17245254.jpg
もう一回、いっしょにゲンナリしてみませんか?




c0180581_17253872.jpg
このあとスタバで買ったモカフラペチーノの
なんとまっとうなおいしさだったことか!
(クリームはよく見ると相当ベガス盛)





このあと、ミラージュに来たそもそもの目的
LOVEチケットのピックアップをすませ
それから、今回行くことに決めている、マダムタッソー蝋人形館
格安チケットを入手したりの、腹ごなしウォーク、はりきってスタートである。

c0180581_18125740.jpg

c0180581_1726157.jpg

by miyoda-miyomiyo | 2009-08-16 18:48 | 2009 ラスベガス旅行記 | Comments(0)

集中美白

毎日40度超えのベガスで、日中けっこ~う歩き回った。
もちろん日焼け止めを塗ってはいるけど
そーいうことが、どんだけ無駄なあがきかと、むなしくなるほどの
笑っちゃうくらいの強い陽射しである。
通常、日傘は嫌いで使わない私も、日傘があったら少しは楽だろうなあ~と
思ったけど、アメリカにはもちろん日傘という文化はないのだ。
滞在後半にはもう日焼け止めもナシクズシになっていた。

その報いが顕著に現れているのがサンダル焼け。
足なんか真面目に塗ってなかったのでくっきりとサンダルの形に黒い です。
滞在中、思いっきり出し出しだった腕も
今週ランチで集まったお友達に開口一番
焼けたね~!」と・・・。 (泣)




というわけで、とりいそぎ美白作戦を展開中。
シートパック(SKⅡとはいかないが)はもちろん毎日。
あと、今回のキモはこれ。


c0180581_18455393.jpg



これはあの近所のヤブ医者
風邪ひいたときにナントカの一つ覚え みたいに必ずくれる
喉の痛み止めだというトランザミンという薬なのだが
はっきりいって全然効かん薬だなあ~と思っていた。

が、最近、飲み合わせのことをインターネットで調べていて
このトランザミンが、どうやら美容皮膚科では当たり前のように
肝班の治療に有効として、美白目的で内服する薬だということが判明。
うーん、ヤブ医者よ、少しは気が利いたねっ!


内側からの積極的なアプローチというのは初めてなのでちょっと期待大。
さっそくこれを、口角炎治療用に皮膚科でもらったビタミンE&Cとともに
毎日飲んでま~す♪
by miyoda-miyomiyo | 2009-08-15 19:04 | 美容のこと | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31