<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

テレビ


うあ~・・今日3時間も石田純一やるんだ~。
・・ありえん。
テレビ、しょーもなすぎ。


そういえばこのところの露出過多がハナにつくあの人の
ギャツビーの新しいCM(フット岩尾がギャツビーで顔洗ったらキムタクになるというやつ)
はあ?
と思ったのは私だけ?イケメン代表?
そりゃブサイク世界基準だけど、私はノンちゃんのが百倍好きですがね。



というわけで今日も私は海外ドラマを見る。
今たのしみに見てるのは新シーズンの放送が始まった
LOSTシーズン5
これがまた話がとうとう時空を超えだして
かなーり考えながら見てないとわけわからんくなるけど
「あっ、なるほどね」って、整理できるとほんと感心するストーリーの出来である。
あと、おくればせながらの ブラザーズ&シスターズ
家族モノで群像モノ。あっちこっちで同時進行でいろんなことが
起きる豪華キャストのドラマが面白くないわけないです。
しかしロブ・ロウ、年とらんな~・・



かたや、私の最も愛するCSI科学捜査班の
例のコレが
c0180581_20513383.jpg




ちゃくちゃくちゃくちゃくと
毎週届いて来るので
いよいよみよださんのスペースを侵略し始めた模様。



c0180581_20543246.jpg


不満げ~







んで




c0180581_2055198.jpg
30巻と同時に全員プレゼントとして
送られてきた専用DVDラック♪
ひさびさの
ちょっとしたDIY気分も
楽しみつつ制作中の図。










c0180581_20552882.jpg



完成~






しかしー
これ48巻しか入らんよね・・・

と思っていたけど、
さっきHP見たら「第2回全員プレゼントのおしらせ
ってことで、第80巻と同時にもう一個送ってきてくれるらしい。

あーよかったー
・・・?

シリーズ終わってほしくないけど
いったい何本DVD来るのか不安になってきたというジレンマ

by miyoda-miyomiyo | 2009-09-29 21:24 | 海外ドラマ好き | Comments(4)

五ツ星の手土産?


着るもんがない。

春と秋の入口に呆然とクローゼットの前で固まるのはもはや恒例。
いったい去年の今頃どんな格好をしていたのか
いやしかし、それを思い出したところで毎年リピートするわけにもいかんし。
というわけで、先週、今週末あたり
とりあえず行っとけ~とばかりに
お買い物に行く人は多いでしょうね。
私も。

この日、顔出すつもりの洋服屋さんの店長さんが夫の知人で
先日、ライブにも来ていただいたので
なにか手土産にお菓子でも買って行くことにする。
夫は
ピネードのシュークリームでいいかなあ」という。
夫はよく、ちょっとした手土産にここのシュークリームを選ぶ。
手頃でおいしくて、ボリュームもあって可愛く包んでくれるしね。

しかし、私は思う。
仕事中にもらう手土産として、シュークリームはふさわしくないと。
いや、ありがたいのはまちがいないんですけどね、
仕事中に食す、という立場にたつと
経験上、いろいろと気になっちゃって・・。
だって、席で食べるわけにいかないし
(今回の場合は「席」ではないがどこかバックヤードで食べるのだろうし)
シュークリームとかケーキのような、要冷蔵なものとなると
その日中に、いや、冷蔵庫がなければすぐにでも食べなきゃいけない。
午前中にもらったものなら
昼休憩時にデザートとして食べるということで事なきを得るけど
こういうのってたいがい午後なんだよね・・
(お客さんの手土産とか営業の人が帰りに気が向いて買ってきてくれるとか)
ちなみに堂島ロールとか、お土産としては最高峰のスイーツだけど
交代で給湯室で立って(ヒドイ時は手づかみで)
食べなきゃいけないのが、最低に悲しかった・・。
美味しいものだからこそ、
そういうシチュエーションで食べたくない、と私は思う!
美味しいコーヒーと一緒に頂けないのなら
むしろ無駄にカロリー摂取してしまうぶん、むなしい。

そーいうこと、男性はゆめゆめ考えないんでしょうなあ~。
(てか、私がこまかすぎるのか?)


そんなわけで
もらう立場に立った妻(大きなお世話?)の進言により、シュークリームは却下。
スマートな手土産は、Ken Nishio の焼菓子に決定したのであった。




c0180581_19285886.jpg

いや、これはKen Nishioの焼菓子じゃなくて(笑)
帰りに甘いものが食べたくなって。
セルフ手土産。

by miyoda-miyomiyo | 2009-09-27 19:52 | 日々雑記 | Comments(0)

あいにくの雨となった連休終盤。
港区、ベイシティ?のそば(暗くて雨で地理も不案内で・・)
この日の夜、訪れたcafe Mad Bambi
倉庫を改装した、POPなカラーの外観だ。


c0180581_22272882.jpg


cache、という雑貨屋さんを併設している。
というか雑貨のほうがメインなのかな?
スペースは半々くらいである。



c0180581_22275768.jpg


アクセサリーから食器まで
かなりの品数で見ごたえ充分だ。
楽しめる。


c0180581_22281728.jpg


ビンテージっぽい
インテリア雑貨や
あと、なにげに
ベビー雑貨が充実していたような。


c0180581_22282365.jpg


コーヒーとともに
キャラメルチーズケーキを
いただく。
プリンっぽくて(キャラメルですしね)
優しいおいしさでした。





c0180581_2230381.jpg





そして今宵のespretts。

リクエストに応えたり、
あったかいお客さんとの楽しいライブとなった。





c0180581_22293281.jpg


シンプルで素敵だったので
お皿を3枚購入♪

とても気に入っている。






Mad Bambi (雑貨・cache)
名古屋市港区寛政町4-26
052-655-0782

by miyoda-miyomiyo | 2009-09-25 22:56 | cafe & live | Comments(0)

別にいいんだけどさ


帰宅したところ
いつものように玄関にでてきたみよだが
なんかやたら舌なめずりしている。
「ごはん食べてたのー」などとnaoが声をかける。

それにしちゃいつまでも執拗に舌なめずりしてるので
ヘンだなと思ったら

キッチンに置いてあった(うかつにもしまい忘れ)
カレーの鍋のフタがばーんと開いておるではないか(愕)

口のまわりにカレーが付いていたんだな、きっと。

もう・・・

玉ねぎ中毒になっても知らんよ!


c0180581_1424941.jpg





野生の本能のかけらもないお方。
by miyoda-miyomiyo | 2009-09-23 02:05 | 日々雑記 | Comments(2)

瑞穂区。
名古屋グランパスのホームということで
私と夫には大変なじみ深い、
桜通線・瑞穂陸上競技場西駅に程近い
英国風のcafeに行って来た。


c0180581_0255291.jpg



とても落ち着いた、大人な雰囲気でありながら
大通りに面しているし、中はよく見えて、入りやすい感じ。



c0180581_0261273.jpg


優しい照明の店内は
カウンターで仕切られておらず
お店のかたとお客さんの
一体感があるというか
開放的というか
(うまく表現できない~)
行けばわかります。




c0180581_0263428.jpg


夜でもオーダーOKの
アフターヌーンティーセット。
好みの紅茶と(ポットサービス)
スコーン、それに本日のケーキ。
さすが英国式~♪という
クロテッドクリームの美味。
鼻の穴をふくらませて
ラズベリージャムとともに
おいしくいただいた。






c0180581_0264599.jpg

今日のespretts。
(奥に写っているのがオーナー夫妻
そして開放的な店内の様子)


すごく音が良く響くお店で
やさかっちのコーラスまで
めちゃめちゃ素晴らしく聞こえた!
新しい曲、Hall & Oates の
you make my dreams
come true
すごーく楽しげで、大好き。





ところでこのcafe、
実はおもしろいシステムの英会話cafeでなのである。
(なので今日のやさかっちのMCはかなり英語!エライ!)
すごく優しそうでフレンドリーな英国人マスターと
さらにさらに優しそうで清潔感あふれるかわいい奥様が
笑顔で迎えてくれます。
そしてお茶しながら生きた英会話を楽しむ
という新しいコンセプトで~・・くわしくはこちら

英会話に興味のある方には願ったり叶ったりのとても素敵な場所かと。


c0180581_0254323.jpg



Chat Tea Cafe
名古屋市瑞穂区瑞穂通6-24 高須ビル1F
052-851-5161

by miyoda-miyomiyo | 2009-09-23 01:32 | cafe & live | Comments(0)

5連休、初日に家族3人の予定が合ったので
とりあえず日帰りでどっかへ行こう
ということだけは決定していたものの
行く先については
ようやく決定したのは木曜日、
福井県・三国の料理旅館・望洋楼の昼席の予約を
幸運にもとることができたのだ。


蟹のシーズンには1年先まで予約でいっぱいだという、
皇室献上蟹コースでセレブ御用達の宿の昼食。
たまたまHPでみつけたのである。
昼席「和点心」コース・入浴付で3500円というやつを。
しかも11時から14時までお部屋も使ってよいという、
高級旅館らしからぬ太っ腹。

いろいろインターネットで探したけど
この価格で日帰り入浴、
昼食バイキングというのはまあ、普通にあるけど
個室まで用意してくれるっていうのは
(しかも休日に)まずほとんどない。
どんな料理がでてくるのか、
それが松花堂弁当のようなものだったとしても
もう、全然文句いいませんし。


19日朝。
高速1000円特需による渋滞を見込んで
6時半くらいに出発する予定だったのに、
・・起きたら6時半だった。
出発が7時半すぎてしまったため、
すでに小牧・一宮間はすっかり渋滞真っ只中だ。
5台玉突き事故
軽めの追突でケガ人はいなかった模様)や、

覆面につかまってる人などを横目に
連休の朝イチになんてツイてない人たちなんだ~
と思いながら通り過ぎる。



c0180581_22541439.jpg



天気はすがすがしい!のひとこと。
渋滞をやりすごすのに
2時間かかったものの
米原を過ぎてからは道はガラガラ♪
気分もどんどん上がるというもの。




c0180581_22542030.jpg



サービスエリアで
こーいうのみつけて笑ったり。
(麻生首相の似顔絵のついてるやつも健在)





んが、しかし。


好事魔多し!
とはこのことだ、という事件が起きました(涙)

目的地最寄の金津ICを降りたあと
印刷した地図がどうもわかりづらく、
あと田舎で目印が極度に少ないこともあって
こころもとな~く
あーだこーだいいながら走っていたら
突然、目の前に踊り出る黒い影!

おまわりさんがとおせんぼしてきたのである。
「はい、60キロでてましたんで
こっちきて~」


・・・ネズミ捕りっ?

一瞬
親切に道を教えてくれる人かと思ってしまった。
naoは
「RPGでモンスターが出てきた時みたいだった」と。



腹いせに隠し撮り
c0180581_22555438.jpg

こーやってコソコソ隠れてねえ~



c0180581_2256023.jpg

夫、取調べ中の図(笑)





サービスエリアでがんばって
観光客誘致キャンペーンやってる一方で
はるばるやってきた観光客の
20キロオーバーとりしまって
15000円ふんだくるって
どうなんですかねっ!!
車の中で地図広げてる名古屋ナンバーの車を
サクッと止める、KYな警察。
せっかく観光にきてお金を落としていく私たちから
問答無用に15000円! (しつこく言う)

2度と来るか!福井県!




・・・堅い決意をしたので、気を取り直して。







c0180581_22561739.jpg


望洋楼に到着~





c0180581_22562418.jpg


宿泊客と同じように迎えられ
(恐縮・・)
通されたのは、なんと
露天風呂付・海の見える部屋。

あ、お部屋の露天風呂は
昼席の人は
使えないのですがね!



c0180581_2256409.jpg


c0180581_2257067.jpg

信じられない絶景。
日本海って美しい。


c0180581_2257994.jpg


入れないんだけど
未練がましく。
露天風呂はこんなんです。

うー入りたいっ!
いつか泊まりたいっ







そしてここから
目にも美しく、味も極上
にわかには信じ難い
昼食コース・和点心の始まりである。




c0180581_22573157.jpg




c0180581_2258696.jpg

とにかくひとつひとつの
丁寧な細工と味付けに感動。

松茸に鰻、銀杏、栗
材料も品数もすごい。




c0180581_22581661.jpg

お造りと椀物。
椀に入ってた煮こごり?が
すごく美味しかった。


c0180581_22582724.jpg


c0180581_22583633.jpg
栗と銀杏のたっぷり入った
新米の釜飯を
目の前で炊き上げる。



c0180581_2258457.jpg

茶碗に3杯、全員完食。
漬物も、デザートも
最後まで全部おいしい。



c0180581_22585450.jpg




c0180581_2259823.jpg


利用できる露天風呂はこちら。

といっても貸切状態だったので
海をみながら極楽温泉を堪能。






c0180581_22594491.jpg


素晴らしかった
望洋楼をあとにして
そのあとは目の前に広がる、
三国サンセットビーチを散歩する。



c0180581_22595758.jpg

ほんとにきれいな砂浜で
びっくりだ。

海釣りをする人
サーファーに
水遊びをする家族連れ
それぞれのんびり良い時間を
過ごしているよう。




c0180581_230209.jpg


砂浜のすぐそばに
街並み保存地区のような
(もうちょっとユルい感じだけど)
ちょっと散歩できるところがある。



c0180581_1634058.jpg

いい感じのcafeをみつけた。
漬物食べすぎて、ちょうど
ノド乾いてまして~。
パフェとコーヒー
両方いっとくことに♪

c0180581_2303577.jpg




c0180581_2304615.jpg
c0180581_2305759.jpg




気候もよかったせいか
ほんとうに歩いてて気持ちよくて
もう、15000円のことは許してもいいかな~
いやあれさえなければ
最高の日帰り旅行だったのにという説もあるけど。

おいしい、楽しい、素晴らしい一日(半日)になりました。



福井県、またいってもよくってよ・・
by miyoda-miyomiyo | 2009-09-20 01:25 | 日帰りドライブ | Comments(4)

この夏、
大人の女にあるまじき無防備さで
炎天下を遊び呆けてしまった。
特に急激な今年の、
この季節の変わり目の乾燥をどう乗り切るか、
これは10年、20年後に影響を及ぼす
重大なミッションであろう。 (おおげさ)


ラスベガス以降、
秘密美白グスリを飲んでみたり
化粧品を美白寄りのを選んだり
普段よりお手入れは意識的に手厚めにしてきた。
毎日シートパック実施というのもそのひとつである。
もちろん、毎日ですゆえ
SKⅡとか高いのは使えないし、使わなくて可。
要は一定時間シートパックを顔に置くことによって
化粧水を長時間そこに留めて、肌をしっかり耕し、
柔軟にして角質層をふやかして、
次の美容液なりクリームをしっかり効かせるのがキモ、
と、解釈している。
なのでそれこそ
一枚あたり100円のシロモノ(プチプラ)でも
効果は充分期待できるハズ。


これはつまり、
私の夏の自由研究として(?)
ドラッグストアで目に付いた安・シートパックを
毎日日替わりでかたっぱしから試してみましたが!

という、自ら体を張った(笑)リポートである。






c0180581_14101936.jpg



結構ヤル!と
一部美容オタクにはおなじみの肌ラボシリーズ。
今回は「極潤」ではなく「白潤」で。
4枚入り798円(およそ@200)
美容液20ml入(ただし意外と翌日袋に残ってないので
よくシートに浸透してるってことか?)
シートの厚みはソコソコ。
残念ながら目の部分はぽっかり穴があいてるタイプだ。
翌朝の洗顔時のしっとり感、なかなかである。







c0180581_1410271.jpg



ライフセラシリーズといえばシリコン状のマスク(苦手)だけど
これは普通にシートに美容液をたっぷり含ませたタイプである。
両手でひっぱると簡単に開けるよう考えたのか、なんか耳がついてる。
しかしこれは大きなお世話・・
というもので、顔に載せた時やたらこめかみあたりに
その部分が存在感を主張してて、
毎回「こめかみ潤わなくてもイイ」って
貧乏性にも思ってしまうのだが。
5枚入り798円( @160)美容液18ml入。
とろみも気にならず使用後の肌のみっちり感がいい。







c0180581_1410344.jpg



正確にいうとドラッグストアじゃなく
セブンイレブン限定(だと思う)ラインで、
以前にも紹介した潤肌粋。
1枚300円で、たまに3枚698円。
はっきりいって、このシートパックのクオリティは
この価格帯では頭ひとつリードしていると思う。
シートの厚みが、インプレスやSKⅡレベルだし
美容液の量も申し分ない。もちろん潤う、潤う。
3枚698円( @230)のときはセブンイレブンのハシゴ必須!






c0180581_14104143.jpg



以前は、よく買っていたのだけど販売価格が
最安値で498円くらいだったのが
今は798円( @160)とかで売ってることが多いので
納得できなくてあんまり買わない・・
この肌美精シリーズ
美容液量が用途(美白用、ハリ用、潤い用等)によって
22mlと25mlがある。
当然25mlを選ぶと、何が違うかというと
シートが25mlのほうはでこぼこのある、
いわゆるキッチンペーパーのような素材で
(表面に凹凸にたくさん水分を含ませられる)
これがね・・顔に跡がつくのよね。
なかなか消えないのが屈辱的。






c0180581_14104781.jpg



このクリアターンシリーズの特筆すべきはやはり価格だろう。
5枚入598円(498円のことも多)1枚100円ちょい である。
シートはそれなりに薄~いので取り扱いも結構しにくいけど
なかなかどうして、美容液(てか化粧水に近い)は18ml入り
目の部分もちゃんとあるタイプ。
それなりなんだけど、値段で納得がいく、
つまりコスパ◎というヤツ。






c0180581_14105369.jpg



この赤ちゃんシリーズは以前も書いたように、よいです。
5枚入り798円( @160
ただし、ひとつ難をいえば、パックの袋を開ける切り口が
タテに入っているということ!!
これでは翌朝残りの美容液をうまく搾り出せぬ・・。
これは由々しき問題である。






c0180581_1411445.jpg



聞いたこともないメーカーの初めて目にしたシリーズ。
でも価格は4枚898円( @225)と
あんまりかわいくないですな。
アルブチンとプラセンタとコラーゲンとヒアルロン酸が
入って25ml。シートの厚みは普通。
目の部分、一応あるけど大きくくりぬきすぎ。
造りがおおざっぱな印象。
価格にしては普通かな。






c0180581_14111211.jpg



最後は番外編といってもいい
1枚350円の韓流シートパック。
他のあったのは豆乳とか真珠とかあとチョコとか
いったいどのへんが肌にいいんだか、謎の能書きばかりで
ちょっとキワモノちっくなシリーズみたい。
これはつけた瞬間、まさにトイレの芳香剤の香りに
包まれて、すごい苦痛だった。
肉厚シートって、どこが?!
っていうくらい薄いシートだったし。







はあー。

というわけで
延々とカタッてきたわけですが
実際、いろんなシートパックをほんとに毎日やってきて
夏が終わった時点での私の肌の調子ですが
僭越ながら
・・すこぶる良い、です!
これはもう、いままでになく。
季節の変わり目にありがちな
ゴワツキとくすみがないのがとても嬉しい。


結論。
価格を考慮してもやっぱり一番は③の潤肌粋だ。
単価160円の、それぞれちょっとずつ難のあるやつを
毎日使ってもいいけど、
それより、毎日⑤を使って週1③を使う。
このへんがコスパ的にも効果的にも
大変バランスがよいのかなと。
これをやると月に4000円ちょい。
この値段の化粧水を月1本使いきるより、
絶対効果はあがると私は確信するのですが
いかがでありましょうか。
(メンドクサイけどね~
by miyoda-miyomiyo | 2009-09-18 18:19 | 美容のこと | Comments(2)

前日とはうってかわって
非の打ち所のないさわやかなお天気となった日曜日、
不思議な造りのcafeに行ってきた。


中村公園の鳥居を過ぎて信号3コとおりすぎたあたり。
初めてのcafeに行くとき、
名駅より西の地域はすごくAway感があって
中村区とか、全然行く機会がないのでちょっと緊張する。



c0180581_10351610.jpg




住宅+畑の中にひょっこり現れる、
cafe MVP STATE



c0180581_10352691.jpg




c0180581_10361284.jpg
中に入ると軽くビックリします。
いや、インテリアは
普通にcafeらしい
ちょっと大人めな
おしゃれな雰囲気なんですけど
ふふ。




c0180581_10354812.jpg


そう、このように
普通に好感度大な、壁面。



c0180581_1036371.jpg
スパイシーチャイをオーダー。
えー、これはー
かなーりスパイシーでしたよ。
前、載せたことのあるsora cafeの
チャイは、かなりカレー寄りと
レポートしましたが
ここのはほんっとスパイシー。
カレーじゃないんだけど辛め。
個性的だけど好きな味だった。
チャイは店によって
スパイスのブレンドが違って
面白い。 (たまにこのブレンドはちょっと・・っていうのももちろんある)





この店、間口も奥行きも
よくある並びの貸し店舗サイズで
けっして大きくはないのだが
中にはいってなにがびっくりするって
そこにロフトがあるからである。
なるほど、省スペースで2倍の席数がとれるというものですなっ。
1F部分は空いてなかったので、その興味津々な2Fへ!
秘密基地のような階段を上がって(頭上注意)
まさにそこは屋根裏部屋!
2~3畳くらいだろうか。
詰めれば6人はイケます。




c0180581_1037065.jpg


上からの眺め。

マスターが身を縮めながら
急な階段(というより梯子に近い)を
飲み物をお盆にのせて
上がってきてくれる時
すごいスリル(笑)






c0180581_10363061.jpg

なので今日は
esprettsもこの角度である。





今日は屋根裏部屋席で
相席したみなさん(計6名含初対面3名)と
なんだか話が盛り上がってしまい、ライブが終わったあとも
しばらくおしゃべりして楽しい時間を過ごした。
あれはあの不思議な空間てことも手伝って
妙に親近感がわいたのかなあ~

というわけで
きょうも、よいcafe、よいライブで
楽しい日曜の午後でした♪



c0180581_1037861.jpg







cafe MVP STATE
名古屋市中村区靖国町1-43-1靖国ハイツ1F
052-411-9322

by miyoda-miyomiyo | 2009-09-14 11:27 | cafe & live | Comments(0)

挽きたての豆を丁寧に


朝晩は寒いくらいヒンヤリする。

飲み物が冷たいのからあったかいのに代わり
みよだがソファで寝るようになる、
夏から秋への変わり目の頃が
なんといっても1年でいちばん気持ち良いと思う。

c0180581_14433044.jpg

ブサイクなんですけど。

きーせつの変わり目を~
あんたの寝場所で知るなんて~









昨日、
いつも注文しているコーヒー豆店から
新しい豆が届いた。
まずはその日のうちに
すぐに挽いて飲まねばならぬ。




c0180581_13544516.jpg
ずっとリピートしている
このシステム。メール便(速達)で
その日に焙煎した豆を発送してくれる。

なにより美味しいので。



c0180581_13545375.jpg




地上最後の楽園という
ロマンチックな名前。







焙煎したて、挽きたての豆は
素人がやっても、プワーっと膨らむのに感動する。
そして飲むと、とてもフレッシュな味がするんです!
雑味がないってこういうことをいうんだね・・って
わかってしまう、このコーヒーなのだ。





c0180581_13551791.jpg


ブワーっていうところを
撮りたかったのに・・
ヤカンをカメラに持ち替えてると
うまくゆかないのであった。






c0180581_13555258.jpg

おいしいコーヒーには
おいしい甘いものが必要だ。

先日KALDIで買ってみたこの
イタリアのビスコッティ。
オート麦とドライフルーツで
できているので、
とーてーもモソモソして
めちゃめちゃ好み。





おとといスタバで
秋の新作、かぼちゃレーズンスコーンがでていたので
さっそく食べたのだけど、いまいち好みと違ったな。
去年?おととしかな、ハロウィンの時期に確か
かぼちゃとホワイトチョコのスコーンていうのがあって
しつこく食べた。
定番で一番好きなのはシナモンスコーンだけど
それも、店頭にだして数時間は経っているような
乾いたやつじゃないとガッカリだ。
出来立てでしっとりしてるのは、すごくイヤなのである。
温めるなんてとんでもない。
スコーンは、ポクッて割れるくらい乾いてないと。

焼き菓子はもそもそ、ボソボソするのがよい。







c0180581_1356781.jpg



先週初めて焼いて以来
試行錯誤しつつ
ちょくちょく焼いている。

あんぱんのツヤの美しさよ。









c0180581_13561953.jpg


コーヒーとあんぱんは
黄金コンビ(牛乳には負けるかなー)










by miyoda-miyomiyo | 2009-09-11 18:44 | おいしかった | Comments(4)
8月5日(水) 5日目


ラスベガス滞在5日目は
まずは4泊すごしたencoreをチェックアウト。
この日は6月に帰国した友達、リッチー&メリンダ夫妻
テキサス州・ダラスから9時の飛行機でやってくる。
初ベガスだという彼らと一日楽しく遊ぶのだ♪
10時に約束しているので
次の滞在先・ほとんど隣のpalazzoへ移動し、
荷物だけ預けて待ち合わせ場所のPARISへ向かう。


今日も青い空にエッフェル塔が美しく
c0180581_13365525.jpg




c0180581_13472446.jpg


祝・再会!

大好きな場所(しかも旅先)
懐かしい友人と会える幸せよ。

これはほんとテンション上がったワ~






まずはパリスのバフェで
ブレックファスト時間に入場してランチになだれ込むという
結果的にお得な食事になったが
話がはずんでいたので、何食べたかあんまり覚えてないや・・

c0180581_1337436.jpg
c0180581_13373831.jpg
c0180581_1418244.jpg



このあと、
面白いところに行ってみない~?という彼らとともに
c0180581_1418153.jpg


初めてバスを利用して
向かった先は
郊外の巨大スーパー・ウォルマート
行ってみたかったんだよね♪




たっ、楽しそう!
c0180581_14183520.jpg
c0180581_14184538.jpg
男前だよメリンダ!
c0180581_1419552.jpg
アメリカ~ンなケーキがずらりと並んで夢のようですなっ
c0180581_14185360.jpg
c0180581_1419151.jpg
どんな味がするのかはさておき、こんな誕生日は最高に楽しそう!
c0180581_14191086.jpg
naoの顔面<巨大サイズのハムc0180581_1420474.jpg
c0180581_14191922.jpg
こ、これ食べるの~?(いろんな意味で)
c0180581_1419292.jpg
c0180581_1419409.jpg


ひとつくらい食べてみたくて
ベルベットカップケーキを一個だけ購入。
ホント楽しくて、もっともっと見たかったなあ~。
文房具やキッチングッズなんかも
いちいちキュートでそのうえ安い。
バスに乗ることも覚えたし、来年も絶対来ようっと!




たくさん歩いて結構疲れたので、
とりあえずわが家は
palazzoにチェックイン、ちょっと休憩してから
夜また一緒にでかけようということになって
いったん解散する。



palazzoの部屋は、
初ベガスのときに泊まった、つまり、わが家のベガス原体験ともいうべき
Venetian (2つのホテルは姉妹関係)とほぼ同じ。
ベッドとリビングのエリアを段差で分けたスイート仕様である。
広さ的にはencoreとかわらない。
でもやっぱり好きだわ、Venetian(palazzo)の匂いも雰囲気も。


c0180581_15131357.jpg
c0180581_15383058.jpg
c0180581_15132589.jpg


c0180581_15151992.jpg
アメニティは結構少数精鋭という感じ。
香りはencoreと同じ、レモンヴァーベナだが
こっちのがなんか高級感があって好き。




こちらでは2泊の予定なので
荷物は最小限にだすことにして
それでも快適にすごせるよう、ひととおり部屋を整える。
その間、naoは昼寝。
夫は、今回、禁煙ルームにしたので
一服がてら、ふらふらとカジノへ。




それがっ!


ほんの数分ほどでこんなことに!



c0180581_15515675.jpg

あまりにもいい顔で写ってるこの写真(後光がさしとる)
「これさ、お葬式の写真にいいんじゃない?」といったnao


確かに。


 


今回あんまり時間がなくて2人とも
ほとんどカジノ行ってなかったのでこれでいきなり黒字。
これがボルテックスパワーでなくてなんであろうか!
いや~よかったよかった。
これで晩ごはんはリッチーたちにごちそうしてあげようね。




c0180581_1692335.jpg
乗り方を覚えて
さっそく味を占めたバスで移動。
快適、快適~




c0180581_1693322.jpg


ストラトスフィアタワー
2度目ベガス以来かな。

あの時もnaoを説得して
乗ったなあ・・




c0180581_1610332.jpg



これに。

X Scream
c0180581_16304963.jpg

真っ暗でよくわからないので
写真お借りしてきました。
恐怖のマシンの全貌。



c0180581_16101299.jpg



メリンダ達はこっち。

Insanity
c0180581_1631210.jpg

インサニティの意味は「狂気」
270mの上空で回る人々。




メリンダが絶叫マシン大好きなのでやってきたここ。
ストラトスフィアタワーからの夜景は素晴らしいので
夜になるのを待ってから
私とnaoはエクススクリーム、メリンダ達はインサニティにのった。
(夫は高いところがまったくダメな人である)
エクススクリームは二度目なので全然平気。
naoは実は結構苦手のようだが毎回付き合ってくれるよい子です



まさに宝石箱をひっくり返したような夜景。
c0180581_16105063.jpg




このあとはVenetianに戻って



c0180581_1611973.jpg



c0180581_16111699.jpg
写真がほとんどなくて~(汗)
中華を食べることにして


c0180581_16112471.jpg

見事完食の図・・・






そしてここで2人とはお別れだ。
また来年も夏休みに会おうねと約束して。






c0180581_16113394.jpg

夜更けにベルベットカップケーキを試食す。
それはとても甘く、危険なお味であった。




ブログの更新を少しして2時すぎにベッドに入る。
明日は最終日。
特に予定は入れていない。
ゆっくり最後のベガスを楽しむつもりである。
by miyoda-miyomiyo | 2009-09-09 19:30 | 2009 ラスベガス旅行記 | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30