<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

これはおいしい


最近、買い物にでかけたときとか
ちょっと口さびしいときに

ドライブスルーで
チェコシェイクとオレオのフルーリーという
甘甘セットをさくっと購入して
食べながら帰る、
という行為が定番化しつつあります。


このところマックで
コーヒーが新しくなった!
といって、時間帯によって
ばんばんサンプリングしているようで
先日恩恵にあずかった♪


c0180581_215572.jpg


これ全部で240円!

クーポン夫のおかげで
若干値引きあるのかも、だけど
シェイク100円、フルーリー140円、コーヒー0円!
(最初コーヒー2人分くれようとしたのをお断りした)
スタバだったらコーヒー一杯も買えませんな~^^:


そうそう
新しくなったアイスコーヒー、結構おいしい♪






一方





キタノエースで
またまた新作を見つけたので
買ってみた。



c0180581_2154914.jpg




大人のためのシリーズ
前回のしらすしょうが
いまいちだったけど
これは!°д°

きざみ葱とあえて
ごはんにのせたら
すすむすすむ!

naoは卵かけご飯にのせて
「新しい!!」
と唸っておりました。


これはオススメ、398円。
by miyoda-miyomiyo | 2012-06-24 10:25 | こんなもの買った | Comments(0)

台風の夜はひとり

三重県勤務の夫は早々に「泊まり」が決定したらしい。
さてnaoさんは無事かえってこれるのだろうか。

わたしは今日は実家にいたのを
昼ごろの風雨の強さに名鉄が止まることを警戒して
帰る時間を繰り上げて出発。
道中、読書に熱中していたので
地下鉄を降りる頃にはすっかり台風のこと忘れてた^^;

いま楽しく読んでいるのは
10年ぶりくらいの再読「流転の海」シリーズ。
先日、シリーズ完結編(第5部)を買ったので。
最近は宮本輝氏の作品の
やたら精神世界にこだわるネットリムードが嫌!
と思って、新作もすっかり読まなくなっていたが
この度
完結編を読むにあたって
「ん?どんなんだったっけ?」
と、ひとつ前の戻って読んでみて
また「ん?」と思ってそのもうひとつ前に戻って
ってしてるうちに、結局一番前まで戻りたくなったのである。


で。
おもしろい!
やっぱり最高におもしろいわ、このシリーズ。
そして、最初に読んだ当時も
内容が面白すぎて気にならなかっただけで
このときからやたら
「人間とは・・・人生とは・・」
とかばっかりいっとるわ(笑)
わたしが、もともと
終戦直後くらいの日本を舞台にした作品がもれなく好き
っていうのもあるけど、とにかくでてくるキャラクターも
それぞれにまつわるエピソードも、
ノンフィクションかと思うくらい
鮮明でイキイキしてるのである。
大河ドラマにならないのが不思議。
つか、安易にドラマ化してほしくないけど。
作者にもなにかそういう信念があって、引き合いがあっても
ことわってるとしか思えんな~
でも松阪熊吾やれるのは緒形拳しかいないと思うわ~
房江は黒木瞳、辻堂は上川隆也
・・ってベタですな。

いまなぜか、夫と私のあいだで
空前の読書ブームなんです(嬉)
夫自ら、なにかと本を探してるもんだから
いつもならわたしの長居しすぎで閉口されるブックオフも
一緒にハシゴしてくれるので嬉しすぎ。
そう、この間なんか港区まで足を伸ばして
スーパーブックオフ初訪!
そしていまわたしには
流転の海シリーズ5冊読み終わっても



こんなに後がつかえてるう~^^♪♪
c0180581_20233376.jpg




そうそう
スーパーブックオフのことも記事にしようと思っていたし
他にもいろいろ書きたいことはたまってるんですけども
いかんせん
このところ休日は、実家にいっているか
もしくは夫がいて
ひとり時間が不足気味なんですの。


そうこうしてるうち
この10日余りの間にも
結構イベントが




c0180581_203097.jpg



あー
わたくしのことですが

ロウソクは4本^^



c0180581_20333691.jpg

naoプレのラッピング秀逸すぎ♪
中身は素敵ネックレスでした♪

姉からのコフレに
夫からはポケットドルツ
なかなか気が利いたなあ~
c0180581_2036041.jpg
c0180581_2030414.jpgc0180581_20541237.jpg










この夏は初めての梅仕事にも着手






c0180581_2031889.jpg
c0180581_20312415.jpg




といっても
入門編の梅ジュース(未完成)&梅ジャムですけど。
母に見守られながらの初挑戦、
これはなかなかの達成感ですなっ^^







いまnaoから
「落ち着いてるいまのうちに帰る!」
とメールあり。
よかったねえ・・
CSI(スープ死体だって~°д°;)見ながら日記更新という
充実のひとり時間
そろそろ終了のようです^^
by miyoda-miyomiyo | 2012-06-19 20:12 | 映画のこと・本のこと | Comments(0)

ファミリー・ツリー


ジョージ・クルーニー作品にアタリなし

・・っていきなりの暴言ではじめてみました

だって
ER のロス先生役は本当に魅力的ですのに
なぜか
これまで見る映画見る映画、
何度がっかりさせられたことか。

素晴らしき日(ミシェルファイファー共演の大人の恋愛映画)
パーフェクトストーム (巨大な嵐に翻弄される漁船スペクタクル?映画))もしかり。
コーエン兄弟のオー!ブラザーも私はダメでした。
ニコールキッドマン(←好き)共演の
ピースメーカーに至っては途中で寝た。
そして
ベガスLOVEの私たちをも失望させた
オーシャンズ13 のガッカリぶりにより
冒頭の定説はゆるぎないものとなったんですの。


ま~そんなワケですんで
この度は
映画は見たいが、見たい映画が他にない
という、かなり後ろ向きな理由で
見てきたのです、ファミリー・ツリー



c0180581_19341171.jpg


予備知識ほぼなし。
知ってたのは
アカデミー賞作品賞ノミネート作品ってことと
「ダメなおとうさんの映画」←どんだけザックリ?
ということだけで

まずは
あ、ハワイが舞台の映画だったんだ~
ってところから。

冒頭は
海でのボートの事故で
脳死状態に陥っている妻の傍ら
いつのまにかできていた夫婦の間の深い溝を
「目が覚めたらきっと修復できる」
と、夫(クルーニー)が淡々と呟いているシーン。

お・・重いわ!°д°;
そゆ映画だったのねん
という意外性から
かなり鷲摑みにされたのだけど
そこからは
どちらかというと
地味?というか
派手じゃない・・(あ、同じか)
・・です。

が、しかし

はっきりいいます。
この映画、そこが良い です。

なにしろお父さん・ジョージクルーニーが
なんともいえずかっこ良くない。
かっこ悪くはない・・
かっこ悪くはないが、絶妙なサジ加減のかっこ良くなさ。
髪なんか、ずいぶん床屋いってない感ある上に(たぶん演出)
湿気でうねっちゃってほんとかっこ良くない。
そんでもって
常にアロハシャツに短パン、サンダル履きって
やっぱしかっこ良くない!


おおまかなストーリーは
延命措置をするかどうかという段階の
もはや口きけぬ奥さんに、実は不倫関係の男性がいて
すっかり疎遠になっていた娘と一緒にその男性を探す
というものなんだけれど

不倫相手にちょっとずつ近づくたびに見せる
狼狽っぷりのおかしさとかがねー
いつもは「最もセクシーな男」とかいわれてる人が
普通のおっさんの悲哀を
完璧に演じきっとる!と思いましたよ^^






c0180581_1935748.jpg


こういった感じで
オアフ島からカウアイ島へ
不倫相手探しの旅にでるわけですけど

私はハワイに行ったことがなくて
最初、これ見終わったら
「ハワイ素敵!行きたい!」
・・ってなる映画なのかな?
と思ったんだけれど
正直そんなことはまったくなくて
というかあえて
ハワイ=楽園ってだけじゃないんだぜ!って
いう仕立てなんでしょうかね。
ハワイもいろいろあって大変ね、と
考えさせられたりもしつつ。







c0180581_19354232.jpg


ところで
画像、一番後ろの男の子
家族の旅に、なぜか常に同行してくる
長女の友達(彼氏ではなくあくまで友達)の
シドという登場人物がいるのだけど
この子がとても良かった。
どこかの記事で
「ホルモンの分泌により体と脳の発達がアンバランスな子」
なんて紹介されてたけど
よーするに言っていいことと悪いことの区別がつかなくて
思ったこと全部言っちゃって常に人の神経を逆撫でしてる、というキャラ。
最初は激しく違和感を感じるんだけど
そのうちその正直さが気持ちよくなってくるっていう・・

ドラマでもなんでもそうだけど
こういう、ストーリーとは直接あんまり関係ないキャラを
どれだけ生かすかっていうところで
作品の厚みが増してくると思うんですな~
Glee をはじめ、面白いドラマって
ぜったい端役にも細かいキャラ付けしてあって
そういうの、大好き。





c0180581_08429.jpg


妻の事故により生活が一変
というところから始まるものの
その後は、ドラマチックな展開があるわけでなく
時々クスッと笑ったり、ちょびっとだけ涙ぐみそうになったり
ま、だいたいそういう具合である。

ドキドキ!とか、感動!とかじゃない
ごく普通な登場人物たちの抱く
オロオロ感とか、もって行き場のない怒りとか、の
ごくあたりまえな感情に
すんなり共感できるところが
この映画の気持ち良さ
ですかねっ^^
(まとめてみた)





しかし、アロハシャツというのは
どんなに素敵な男性が着ても
ど~やってもかっこ良くないもんですなあ~


スーパークールビズ反対~!笑
by miyoda-miyomiyo | 2012-06-08 00:09 | 映画のこと・本のこと | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30