<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


夏旅2日目。


パレスホテルは
チェックアウトが12時で
時間までゆっくり過ごして出発

それから
東京都内の渋滞を抜けるのに
意外に時間をとられてしまったので
群馬観光は明日にして
直接、宿へ向かうことにした。


2泊目は蛍雪の宿・尚文
今回は露天風呂付きの部屋だし
滞在時間めいっぱい
風呂に入りまくりたいもんね(貧乏性)



c0180581_23272997.jpg


水上ICを降りて
緑深い中を10分ほど走ったでしょうか。
この門構えが、道路沿いにどーんと。



c0180581_2328141.jpg
玄関を入ると



c0180581_23283435.jpg
素朴な感じのロビー
床はぴかぴかですよ。



c0180581_23284552.jpg
この椅子で宿帳(?)を記入



c0180581_2329226.jpg
お着き菓子は花豆的なものと
薬草っぽいお茶



c0180581_23285564.jpg

なんとも立派な一枚板のテーブル

が、
ここで結構待たされる・・


というか
私たちのすぐ後に来たお客さんが
常連さんらしく、宿の方が
その方たちと盛り上がってたのが
ちょっと
「放置されてる」感を増幅させたことは
いなめませんな(-3-)





c0180581_23294115.jpg
館内・おみやげコーナー



c0180581_23295243.jpg
部屋や、貸切風呂の脱衣所なんかにも
おいてあった、ご主人オススメの
カカトがすべすべになるという熊の脂

おそるおそる手に取ってみたけど
特に熊っぽい匂い^^などはナシ


c0180581_23301646.jpg
選べる浴衣


c0180581_23303719.jpg
DVD貸出中
邦画中心・残念ながら見たいのはなかったね



c0180581_23305131.jpg
ちょっとしたくつろぎコーナーがあって


c0180581_23312445.jpg
デロンギのエスプレッソと
ティーパックが用意してあり
いつでも飲めます。

ただ
ちょっとはなれたところにあるせいか
結局食後のデザートのときに
利用しただけだったです。




c0180581_23313473.jpg
部屋はあけびの間
和室10畳+次の間+デッキテラス+庭園
露天風呂付き(65.0㎡)


お香を焚いてくれてあって
入った瞬間いい香り~

えーと
露天風呂付きのお部屋は確か3部屋で
この部屋の良いところはですね
なんといっても
貸切風呂が2つが目の前にあること!

ドアを開けてちらっと覗くだけで
貸切風呂の「使用中」の札を確認できるので
ひじょーに効率的に
貸切風呂を利用できたのだった


c0180581_23314435.jpg
テレビ(巨大)のある部屋は
掘りごたつになっている。
けど、角度的にくつろぎづらいかも~



c0180581_2332230.jpg

こちらが寝る部屋。

二つに分かれてた客室を
一つにくっつけたのかなと思われ

なので
二間のあいだはふすまとかじゃなくて
ばっちり壁があって
寝る部屋は寝ることしかできない
っていうのが意外と不便でしたな。
結局
テレビ見ながら眠りにつきたい夫(子供か!)
の意向により
居間にふとんを移動して寝ました^^;

そのふとんの移動も壁があるので
結構大変だったっていう・・・



c0180581_23315331.jpg
洗面台はちと残念な感じ。
タオルも最小限ですよ。


c0180581_23321674.jpg
ここからいきなりゴージャス感が!


c0180581_23325121.jpg
いままで体験した中で
もっともハイスペックと思われる
マッサージチェア!
こーれーはすごかった!



c0180581_2333227.jpg
客室露天風呂^^

思ったより小さ目だったけど
ちょっと熱めのいいお湯で
何回も本読みながら入りましたよ~


c0180581_23331427.jpg

デッキテラスなどもあっていい雰囲気
・・なのだけど
この日は離れ?の増築工事期間中のため
重機が作業してるのが視界にはいり
ゆめゆめこの椅子でくつろぐことは出来ず残念
(プランとして、工事中のため少しお安くなってます)





とはいえ




c0180581_23333855.jpg



夏の宵

風呂入ってマッサージ
本読んで寝っころがって
風呂入ってマッサージ

とゆー
幸せスパイラル満喫中の図。
by miyoda-miyomiyo | 2014-10-31 19:40 | 2014 7 蛍雪の宿 尚文 | Comments(0)

唐突に京都である。
こーいうのを「そうだ京都、行こう」というんであろう


そもそものはじまりはnaoさんの魂胆
月曜に早朝から京都でお仕事あり
→前乗りできたらラクじゃんね?
→ママたち日曜に京都行ったりしない?
→イチもニもなくその気になる母(ワシ)

おまけに
久々に夫が平日に休みがとれそうだ!
というので、その日にあわせて
家族そろって一泊京都、という成り行きですの。


しかし
なんだかんだ忙しかったので
日曜はゆっくり11時頃出発

とはいえ
連休でもなく
紅葉にもまだ早い週末
京都への道のりは
拍子抜けするほどNO渋滞でしたよ。


c0180581_15444931.jpg


お昼ごはんは
名古屋の名店が揃い踏みの
EXPASA御在所にて
山本屋の味噌煮込み053.gif
鶏さんわの親子丼
柿安の鶏ごぼうおにぎりなど~♪

しかし、煮えたぎる味噌煮込みの土鍋を
混み合うフードコート内、セルフで持ち運ぶ恐怖ときたら・・





2時間ほどで京都着。
今回は宝ヶ池~一乗寺エリアを
散策する計画なり。



c0180581_15445961.jpg

まずは詩仙堂

あー
やっぱイイわー^^



c0180581_15455519.jpg

とにかくこの日はお天気がよくて。

京都ってたいてい暑い時か
寒い時に来てたので(何故?)

天気がよくて
暑くも寒くもないっていう
ただそれだけでどれほどテンション↑↑↑するか
しみじみと感じ入りましたよ。


しかも
意外とすいてた京都
ここ詩仙堂も例外ではなく


c0180581_15452392.jpg


詩仙の間でも
「いやー別世界やねー」「命の洗濯やわー」
と騒ぐおばちゃんグループが去った後は
一気に静寂が訪れ

その場にいた全員が
いま別世界になったよ
と、思ったに違いない・・


c0180581_1546563.jpg

ししおどしの音だけが響く静けさの中で
のんびり畳に座って庭を眺める



c0180581_1547099.jpg

これはなかなか得難い時間ですよ

しかしー
詩仙堂って、混雑具合によって
印象が大きく左右されるところだろうなあー



そして
これはまったくの偶然だったのだが

たまたま見たテレビで
スギちゃんがめずらしいご朱印をもらってた
うらやましかったけど地味そうな神社だし
わざわざ行くことはないだろうなーと思っていた
宮本武蔵ゆかりの神社がすぐ横に
あるではないの!


c0180581_15513438.jpg

八大神社というー



c0180581_15514691.jpg

めっさカッコいいご朱印ゲットォ049.gif

ちなみにこのご朱印に魅せられて
naoさんもご朱印帳デビュー





参拝のあとは門前スイーツ



c0180581_15521721.jpg
一乗寺中谷にて


c0180581_15523388.jpg
わらびもちとか

c0180581_15524522.jpg
わらびもちパフェとか


かわいらしくて
感じのいいお店でしたー



そこから5分くらいのところにある



c0180581_15532316.jpg

恵文社にも初めて行ってみた

オサレーな本屋、というより
なかなかにとんがった本屋、という印象。




さて


今回の宿泊は
ぎりぎりで前日に予約を入れた
(naoの月曜の始まり時間がはっきりしなかったため)
京都ブライトンホテル

いまどきのホテルとはちょっと違うけど
クチコミ評価は高め安定の人気ホテル
なのに朝食付きエグゼクティブルーム
というプランが1人1万円を切ってたので即決でした☆


c0180581_1554141.jpg
広いですー


c0180581_15542534.jpg
お風呂は今はやりの洗い場付きタイプ!
でも残念ながらトイレは洗面所と一体型。


c0180581_15545137.jpg
この部屋の特筆すべきアメニティは
なんといってもこれ
抹茶をセルフでたてられるキット^^

ひーひーいいながら
茶せんを高速回転させ


c0180581_15541172.jpg

こちらのソファスペースで夜中に
抹茶をいただいたのは楽しかった!


そうそう
こちらのホテル、今回は画像もほとんどなく
真剣にレポしてませんが
朝ごはん、すごーくよかったです。
めちゃくちゃ種類が多いってわけでもないんだけど
ひとつひとつのメニューが手がかかってるし
洗練されてる。種類多くなくても
必要十分ってこういうことだなって
思ったすばらしー朝ビュッフェでした。





今回、直前にバタバタ決めただけに
ごはんのリサーチはいまいちうまくいかず


c0180581_1555679.jpg

大きくはずすことはないだろうと
柚子屋旅館・一心居
別館(最近できたらしい)だという
こちらのお店に予約を入れていったのだけど


c0180581_15561290.jpg

おばんざい膳はあいかわらず
やっぱり見目麗しく、美味しかったものの



c0180581_15564772.jpg


このほかに焼き魚と汁物がつく
釜炊き松茸ご飯のコースは
うーーーーーーん

祇園で夜ならコスパ的には仕方ないのですかね。
雰囲気も、音楽が流れるでもなく
接客もお姉さんひとりで
やたらわびし~い感じの店だったな。
ひさびさの失敗チョイスだったかも。


c0180581_1557386.jpg


夜の祇園。
いい雰囲気ですなー





翌日。



naoは仕事へ。
天気はうってかわって雨模様となった。

朝イチで出町ふたばの豆餅を買いに行き
ついでにそこから徒歩5分くらいのところにある


c0180581_15571668.jpg

アルチザナル
(読み方今知った)
とゆー、やたらおしゃれなパン屋さんが
今回の1旅1パン屋・その1



c0180581_15572951.jpg

スタイリッシュですなー^^

バゲットや、ちっちゃいくるみのパンなどを
喜び勇んで購入。
こういう内装にお金かかってそうなお店にしては
ぜんぜん普通の値段だし、もちろん
ちゃんと美味しかったですよー

 

c0180581_1693712.jpg
そして1旅1パン屋・その2
(京都はいいパン屋が多すぎるのでこうならざるをえん)

ル・プチメック1号店、2号店に続く
食べログパン部門第3位の!
クロア、やっとこれたー



c0180581_15581852.jpg

時間帯的にパンは少なかったものの
言わせてもらいます。

ここのパン、ウマい!
再訪確定。
違うパンもぜひ買ってみたいー



パン屋巡りが終わる頃には
雨が本格的になり
行こうと思ってたとこを
いくつかあきらめ


c0180581_15583354.jpg
ご朱印が個性的だという
仕事の神様・豊国神社と


c0180581_1610837.jpg
この短い旅のシメは

c0180581_15585723.jpg
三十三間堂



そして


土砂降りの中
帰路につきました。



いやー
ほんとに京都は楽しい053.gif
行けば行くほどまた行きたくなるですよ。
1年も行かなかったのが悔やまれるわー

次はいつ行こうかな!






c0180581_15592147.jpg
留守番にゃあちゃん・超不機嫌の図

by miyoda-miyomiyo | 2014-10-25 11:12 | 2014 京都 | Comments(0)


いやー
レニー・ゼルウィガーの顔、どうしたんでしょうね。
画像を見ると
「あ、やったな」
っていうよりは、どっちかっていうと
狐につままれたような気分になるのだがどうか。

綺麗になったかっていうと
ぜんぜんそうでもないし
なんか失敗したのか?っていえば
そういう感じでもない。

あえていうなら
指名手配犯が顔を変えて別人になろうとして
それがすごく成功した!
みたいな感じですな(失礼)

しかし
レニー・ゼルウィガーは
ブリジットジョーンズの時も
役作りで増量した女優魂の持ち主だし
これもなんかの役作りとか^^;

でもさー
確実に言えるのは
前のほうがいい
・・ということかと。



お直し疑惑といえば
最近ショックだったのがララ・フリン・ボイルですよ。
ツインピークスのドナ役、すごく好きだったのでねー

c0180581_193551.jpg


これはツインピークスから10年ほど後かな?
なので、ララ、30才前後のときか。
プラクティスというドラマに出てて
ドラマ自体もすごくいいドラマだったんだけど
うーむ、あいかわらず美しいのー
と目を細めていたのに


とはいえ
このドラマも実際とってたのは
かれこれ15年ほど前らしいからなー
(私が見てたのは3、4年前なのかな)


ついこないだ
変わり果てたドナを見つけてしまいましたのT-T




c0180581_19405652.jpg


ああああーーーーっ(;_;


残念・・残念すぎるよ!
普通に年とってくとこ、見たかったよ・・
(同年代なので特に)
たぶん、いい感じにいけただろうに~
気持ちはわかるけどさー

いやー
取り返しがつかないって怖い!





とまあ
いきなりの世間話を展開しておりますが


おや
気づけばわたくし
10月は1回しか更新してない
このていたらく。


どうしてこういうことに・・?(-_-;)
と、自問自答してみたところ
10月に入ってから
いろいろと事件があったりして
心がいそがしくて


それに加えて
メタボが極まった夫がついに
ダイエット(何度目じゃい)を決意


c0180581_202229.jpg
(いまんとこぜんぜん効果なし)


c0180581_20133776.jpg

うどん野郎疑惑・・







あ、糖質オフやってるんですけどね。
あれって
妻的にはすごい負担なんですなー

ごはんを食べさす献立って
簡単なんだなーと思った。
それになんとか丼や、なんとかライス
あと麺ができないのが痛い・・
ごはんが欲しくなるおかずだとダメなので
薄味をこころがけて
4品くらいはつくるのですわ。

さらに
夫は今の支店になってから
帰りがやったら早くて
7時半とかに帰ってきやがる・・くるので(-_-;)
まー
ご飯作るのに時間かかるわ
早く帰ってくるわで

そう!
わたくしの大切なひとり時間
圧倒的に不足しておるのである。


むうーーーーーー

しかし
あっというまに今年もあと2ヵ月ちょいで
まだまだ時間あると思っていたラスベガス旅行記が
かなり暗雲だし

とにかく
ちょっとこれからは怒涛の更新でがんばりたい
・・です
・・たぶん


ちなみにこの日・月で京都に行ってしまったので
とりいそぎ、それをささーーっと書き上げる予定!

by miyoda-miyomiyo | 2014-10-23 23:01 | 日々雑記 | Comments(0)

月とハッピーターン


c0180581_16364415.jpg



つか
極小すぎだろ!
って言われそうですけど^^;
スマホの限界

たまにはわたくしも
人並みに天体ショーなるものを
鑑賞してみたという証拠。


はー
きょうも疲れましたわ。

単純に
3月まで3人でやってた仕事を
2人でやってる、それだけのことなんだが
たまってる事務仕事
+かかってくる電話対応(結構な量)
+窓口での各種手続き対応(結構な量)
を並行してやるのは
とにかく机の上がぐちゃぐちゃになるです。

ただでさえ
脳細胞絶賛死滅中なのに
その脳をフル稼働してるので

帰りの地下鉄で本を広げてもですね

今読んでるのは向田邦子の短編集
今日から新しい章なり
↓↓↓

赤澤しまは、森口佐江の入れてくれた渋茶をすすりながら、佐江の後ろ姿を眺めていた。佐江は、しま持参の菓子折りを仏壇に供え、慣れた手つきで灯明を上げている・・中略・・佐江が、セルの着物を来た背をかがめて白髪を下げると、しまの位置から、黒枠に納められた青年の写真が見えた。すっと通った鼻筋と薄い唇が佐江の鼻と口に酷似していた。佐江が鈴をたたいた。その音に驚いたのかしまの膝元のバスケットの中で子猫がみゃあと鳴いた。知り合いの米屋から佐江がしまのために譲り受けてくれた子猫である・・中略・・しまの息子・良夫はしがないサラリーマンだが三十年身を粉にして働き、やっと郊外に小さな建売を購入した。狭いながら庭のある家に引っ越すことになり、しまも念願の猫を手に入れたという次第であった。


というのが出だし1ページほどの情報
向田さんは脚本家なので
目に浮かぶような描写がお手のものである。
そして語り口調は完全に客観的で
どちらの人物目線でもないもんだから
これがねー
頭に入らんのなんの!
しまと佐江、老婆二人が
もー、どっちがどっちなのか混乱して
1、2ページ目を3回くらい行ったり来たりする始末。
脳が疲れて情報を受け付けないのですわ・・
残念だ。



そんな夜はひとりで月でも見ながら
夫は飲み会


c0180581_16365669.jpg


ハッピーターン・シュガーバター味☆


ターン王子いいね~
ひねり王子も好きです^^

味はね
甘い甘いハッピーターンですよ、うん。
でもやたら後を引くんだなー
ついついノンストップで
5枚も食べてしまいましたわ





そのあとは例によって
やっていた映画(たまたまね)
ゆっる~く鑑賞。


c0180581_17431369.jpg



音楽に関してはGleeでも
ディスコ特集で全部やったので
よーっく知ってるけど
そういえば映画は未見だった

前にもちらっと書いたけど
ジョン・トラボルタは結構好き^^

しかしー
でてくる女子がかなーりイマイチなんですわ。
トニーが一目ぼれしちゃう設定のステファニーも
変な髪型(流行だから仕方ないとはいえ)
変な服、ダンスがめちゃくちゃ素敵かっていうと
そういう見せ場もなく
おまけに性格も悪い(役柄だが)
っていう・・

さらに
トニーは街のディスコで
「キング」と呼ばれてるっていうのに
ダンスシーンは社交ダンスみたいなやつを
ゆるゆる踊ってるだけで

うーむ・・モノたりん!と思ってみてたら
ある夜のディスコで唐突に





ワハハ!


これこれ、これが見たかったのよ~♪

いやー
なんか斬新。


でも
思えばここが一番の見どころだったかな(^_^;)


ストーリーはこの後
薄~い友情ベースの
若者の苦悩などもはらみながら
展開していくわけですが
最終的にはトニーは
もうチンピラ仲間とは遊ばないぜ
という決意
彼女とはこれから
つきあうのかどうか
っていうもやーとした感じで終わりまする。


Glee のエピソードの中で
確かシュー先生が、この映画を
絶対みなきゃダメ!くらいの勢いで
絶賛してたと思うんだけど
・・謎。


あ、ビー・ジーズの音楽は
素敵です^^



c0180581_1637821.jpg

by miyoda-miyomiyo | 2014-10-09 00:00 | 映画のこと・本のこと | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31