幸せは途切れながらも続くのです

日曜午後はFAIRGROUNDcafeでのesprettsライブであった。

この日
朝、naoが出て行ったあと、週末念入りモードで掃除をしていた際
ふと、汚ギャル汚部屋を、最近掃除機かけてないよねえ・・と思いだし
(たいがい床にモノがいっぱいありすぎて、それを除けてまで掃除機をかけるのは
めんどくさいし、基本的に自分でやっていただきたい)


まーひさびさにやってやるか、と
とりあえず床に転がってるものを全部ベッドの上に上げるだけ上げて
掃除機&コロコロをかけて、ふうーーっ。さっぱり。
窓を開けて空気を入れ替えてと・・・
あら?
ベッドの上のモノの山に紛れて、無造作に放り出してある一枚の紙。
どうやら詩が書いてある。
も、もしやこれは・・・。
いつもパソコンをこそこそ開いて
「みちゃだめ~っ!」とかいいながらしたためておった
オリジナル曲用の歌詞ではないの?
チラ見したかんじではほんとに数行で、なにやら添削のあともある。
これはまちがいないと思って
もしそうなら、この紙、ここに置きっぱなしで忘れてったんだろうか。
大丈夫だろうか、と思いつつも
「いよいよ今日やるのかな?」と、期待がふくらむ。
せっかくなので曲と一緒に聞きたいし
その紙は見ない、見ない。


そしてライブである。


こじんまりな店内には、今日もたくさんの人たち。
フェアグラーズのみなさんも勢ぞろい(あたりまえですが)で嬉しくなる。
この日はespretts一周年ということもあり
内容もレパートリーの中では新し目の曲中心(好きな曲ばっかり)で
さらに新たな試みも満載のすばらしいライブとなった。
なかでも私がゾワゾワッと感激したのは
やさかっちの新境地(?)アヴリル・ラヴィーンContagious
おお!なんかesprettsが都会的だ!!
naoもなんだか水を得た魚のようにリラックスした表情で歌っていたような。
とてもとてもよかったわ!アヴリル・ラヴィーン聴こうかな。

後半には初の日本語曲のカバー、スピッツスピカを披露。
う~む、やはり、言葉というのは大きいものですな。
なんか突然日本語が入ってくるとすごくダイレクトに響くのだ。
ずーっと英語だったところに、しかもとてもやさしい言葉の歌なので
沁みこみっぷりが驚くほどなのである。
ちょっと涙ぐんでしまったという方もいて、たしかに
あの空間があの瞬間、そういう感受性で包まれていたように私も感じました。

終盤が近づいて、いよいよオリジナル曲の披露である。
固唾を飲んで(笑)聞き入るみなさん。
前奏、ジョージマイケルFAITHをちょっと思わせる、
いやもっとアップテンポかな?
なにしろ明るくて躍動感があふれてる。
演奏が終わると、「おーーーーーー」
「めちゃめちゃかっこいいじゃん」という声。拍手。
そして母は、途中、不覚にも涙ぐみそうであった。

J-POPで、だめな歌詞だな、と思うのは、感情の羅列ばかりの内容のものだ。
もっと形容詞でなく名詞を多用して状況を表現すれば?とおもう。
ほんと、どれも同じに聴こえる。
それにしても
あくまでも文字として読む詩ではなくて、歌なので、
無理にいろいろメッセージを詰め込みすぎる必要もないと思うし
(もちろん才能のあるミュージシャンによる、素晴らしい歌詞もたくさんあるけど)
うまく曲に乗せて不自然じゃなくするには、
下手に、深い意味なんかないほうがむしろすっきりするだろう。
そうなってくると、時々ポンッと耳に飛び込んでくる単語のセンスがモノを言うので
そういった意味では、この曲の中で
ポンッと聞こえた「仏頂面」とか「将来有望」って単語なんか
naoさん、それ上出来だわ~!!
Movin' on ♪ Movin' on ♪というサビのとこ以外は
ほとんど何言ってるかわからんかったし(笑)
内容は、ほぼ意味不明っていうのも
もう、それでいい、そこがいいんです!って感じ。

なにしろ、やさかっちの、めちゃめちゃ洋楽テイストな曲に
十分馴染んでいたのがすごい感動した。

びっくりした。
正直、ここまでやれると思わんかった~。



c0180581_19304297.jpg


・・いや、
ただの親バカかも、ですけど。





c0180581_1928846.jpgc0180581_1928164.jpgc0180581_19282311.jpg

Commented by まりこ at 2009-05-25 20:30 x
お~!私のmixiの日記のタイトルと一緒でびっくりしました(☆o☆)

ホントに2人ともカッコ良かった(*^-^)b

その一言に尽きます!

全然他の洋楽のカバーに引けを取ってなくって、洗練されてたと思います☆

ますます楽しみです♪
Commented by yasaka at 2009-05-26 12:35 x
オリジナル、気に入ってもらえて嬉しいです。

そーなんですよ。
結局、「音楽」という文字通り、
音の響きがどーかって事が
一番大事だと思うんですね。
歌詞の内容だとかアレンジだとか
演奏のパフォーマンスとかヴォーカルやギターの音色の
キャラクターとかは全部、要素だと思うんです。

例えて言うなら
いい材料があって
いい調理器具があって
いい食器があったとしても
料理人がそこをうまく使いこなせなければ
美味しい料理にならないようなもんです。

esprettsを1年やってきた中で
二人の中でできる音、できない音
好きな音、嫌いな音を少しづつ見つけていった結果
今回の「CLASH!」ができあがったと思ってるので
そういう意味では今、一番自分達らしい
素直な曲ができたなーと僕自身喜んでいます。





Commented by miyoda-miyomiyo at 2009-05-26 23:09
お~!すごい偶然ですね!
耳に残るフレーズですもんね♪
日曜日はお会いできてよかったです!
そして、あの服はほんとかわいかった笑
Commented by miyoda-miyomiyo at 2009-05-26 23:55
わかりやすいです。
あのライブのときの「音楽」を構成する要素にはもうひとつ、
「今まで成長を見守ってきたみなさんが固唾をのんで聞いている」
という状況も、加味しないと、ですよね~~笑
新しい音楽が生まれた瞬間に立ち会えてよかったです♪
(産みの苦しみはずいぶんだったようですが)

あの時と、帰ってから夫が動画で撮っていたのと
合計2度聞いただけですが、私もうハナウタ歌えますよ~っ

結成時、naoから、
やさかっちが、「月に何回ライブをやって、
何曲レパートリーを増やしていって、
一年後にタワーズのスタバでライブやるのが目標」っていってる
っていうのを聞いて
そのとき、正直、「夢みたいなことを・・・」と思ったのです。

ぜんぜん現実味を帯びてますね。
有言実行ですね。
by miyoda-miyomiyo | 2009-05-25 20:04 | cafe & live | Comments(4)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo