カーネギーデリでびっくりブランチ ~ラスベガス2009~

8月2日(日) 2日目

私とnaoに関していえば、出発前夜は徹夜しているので
きちんとお布団で寝るのはかれこれ60時間ぶりということになる。

晩ごはん&買出しから部屋に戻って
お風呂に入って、パックして、手帳つけたりなんかしていたら
あっという間に夜中の2時半をすぎている。
しかしびっくりすることに、Encoreのクラブは
この時間でも大音量でドドスコドドスコと絶賛営業中である。
(隣室の騒ぎはすっかり治まっている)
土曜夜のベガスは初めてなので、毎週こんなもんなのか
それとも今回の部屋は9階という比較的低い階なので
今まで聞こえなかった音も聞こえてくるのかなあ~などと
考えながらも、電気を消した瞬間、深い深い眠りにつく。



完全遮光カーテンのせいで、というか、おかげでというか
3人揃って昏々と眠り続け、目が覚めたら12時半であった。
おお、これで睡眠不足&時差ボケ完全リセットだ~!

もちろん外はピカピカの晴天。窓から見える美しいプール。
c0180581_172102.jpg



さて、今日の一食目をどうしようということで
だーらだーらと支度をして、ようやく部屋をでたのが2時近く。
写真とったり、あーだこーだいいながら歩いていたら
第一候補のTIのバフェに着いたのは2時半。
忘れてたけど今日は日曜なので、各ホテルは
シャンパンブランチ(普通のランチよりお酒が飲めるぶん、お高め)開催中で
しかも3時までですと。それは第二候補のミラージュも同じこと。
仕方ないので、そのとき通りすがった
ミラージュ内のカフェ・カーネギーデリに入ってみることにする。



以下、
わが家、今回第一回目の開いた口がふさがらない体験報告となります。






c0180581_1723257.jpg
ふっかふかのソファ席に案内されて、メニューを熟読(推測)。
フツーにオーダーをすませ
どんなものがでてくるかワクワクしながら待つこと数分。





c0180581_17232121.jpg

こっ!これは!?

いえ、ナマコではありませんよ。
突き出しのようにサービスで出てくる、ピクルスです、ピクルス。



c0180581_17371760.jpg

大きさ比較用






そしてオーダーしたモノたちの登場である。





c0180581_17234524.jpg

玉ねぎでかっ!
&ナマすぎでは。

でも、思えばこのハンバーガーが一番普通だった。







c0180581_1724395.jpg

あわわわ・・・

極薄のパンの間にはさんであるのは
タオル?とかロールケーキ?ではありませんよ。
オーダーしたのはローストビーフサンドですから。
なぜ丸める・・・





そ、そ、そして登場、巨人の食い物!


c0180581_17241837.jpg
オーダーしたのはツナメルトというものである。
私のイメージとしては厚切りトーストの上にツナとチーズがとろ~り・・
だったんですけどね。
なんかよくわからないがでてきちゃいました(愕)

おそるおそる解体作業にとりかかると
どうやら内部は、うっすーいパンが下に敷いてあって
その上(全体の80%以上を占める)が、シーチキンとマヨネーズ~(泣)の層。
の、上に分厚いスライスチーズ十数枚の層。

おお・・ツナメルト。
私の中のベガス・やりすぎフードベスト1
久々の勝ち抜きチャンピオン登場である。
(この日まではグランドラックスカフェのチキンポットパイを認定)



c0180581_17243780.jpg
テーブルの上の全貌(惨状?)注・飲み物の大きさにもご注目





c0180581_17245254.jpg
もう一回、いっしょにゲンナリしてみませんか?




c0180581_17253872.jpg
このあとスタバで買ったモカフラペチーノの
なんとまっとうなおいしさだったことか!
(クリームはよく見ると相当ベガス盛)





このあと、ミラージュに来たそもそもの目的
LOVEチケットのピックアップをすませ
それから、今回行くことに決めている、マダムタッソー蝋人形館
格安チケットを入手したりの、腹ごなしウォーク、はりきってスタートである。

c0180581_18125740.jpg

c0180581_1726157.jpg

by miyoda-miyomiyo | 2009-08-16 18:48 | 2009 ラスベガス旅行記 | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo