夏休みの思い出⑤ATAMI海峯楼


ゆうべ、それから今朝は
幾分すごしやすかったような。
なっが~い夏も、ようやく終息の方向ですかね・・


何が好きって
朝晩ぐっと涼しくなって
虫の声に秋の気配を感じる頃と
厳しい寒さが緩んで
ひなたの温かさに春の訪れを感じる頃。
これは日本に暮らす醍醐味ですな!




というわけで、戻ります^^
夏休みの思い出。




c0180581_160988.jpg



チェックインのときに
貸切風呂を2回予約できるので(空きがあればもっとOK)
晩ごはんの後と、朝ごはんの前に予約しておいた。


貸切風呂というより普通の大浴場じゃん?
っていう広さもさることながら

脱衣所には
アメニティも、バスタオルも
これでもか!っていうくらい豊富にあって



さらに




c0180581_13161100.jpg




ここにもFREEの冷蔵庫あり °д°;


部屋の冷蔵庫だって
まだほとんど手をつけられない状態なのに
(おなかいっぱいで)




でもせっかくだし・・
貧乏性の常套句




c0180581_160273.jpg




温泉といえば
やっぱりこれですな。












さて

さっぱりしたあとは
朝ごはんへ。

明るいダイニングでは
ディナーさながらに
スタッフの方がひとり付いて
きちんとタイミングを見ながらサーブしてくれます^^




c0180581_1605973.jpg



このサラダがびっくりするほど美味しくて♪
食べたことない野菜が入ってたのよね~
セロリに似てるんだけど
サクサクした歯ざわりでクセのない味。
胡麻ドレッシングも酸っぱすぎず
今まで食べた中で一番かも。
糸鰹のように見えるのは
イカを乾燥させた?んだったか
これまた激美味&未体験な食材に感動。


中身は見えないけど
陶器のカップの中身は
冷たいじゃがいものスープで
これも美味しい!


ホテルの朝ごはんでは
必ず、たっぷりジャムをつけて
クロワッサン(堅いパン好きなので普段は全然食べない)
を食べることにしてるので
もうここまでで
かなり満腹気味なのに



c0180581_1614041.jpg




これは酷というものよ・・。










c0180581_13555392.jpg




後ろ髪を引かれながら
朝食を終了したあとは
チェックアウトの時間まで
売店(というにはハイソすぎる)の物色や
館内の散策を。





c0180581_13561976.jpg



とにかくこちら
ガラス建築のモデルハウス?
であるかのように、細部に渡ってゴージャスで。

なんといっても
もとはバブル期に建てた
大企業の保養所だったそうですからね。


中でも
3Fにあるウオーターバルコニーというのが
この建物の最も美しい場所らしいというのは
事前調査済みである^^
ぜひ見なくては・・

ただし
ウオーターバルコニーは
1泊1人6万円(しつこい)のお部屋に
泊まられたお方が、お食事をされるための
スペースでもあり。
よって、一般人が、いつでも勝手に
見られるわけではないらしい。
館内案内によると
見学可能なのは午後から夕方にかけて
ということで、残念ながら
今回は見られないかぁ・・となりました。




ほどなく
チェックアウトの時間がきて
ロビーに行くと

さきほど朝食を
エレガントにサーブしてくれた
カツゼツが良くていい声で
涼しげな目元でイケメンの彼

が、また私たちを担当してくれるようである。


さっき香りをチェックしておいた
THANNのルームアロマの購入を希望すると
「すぐご用意いたします♪」
と、とても嬉しそう。


庭についていくつか訪ねると
眺望を遮ってしまう木が
隣家の敷地にあるがゆえ・・な話など
とっても感じよくお話してくれるので
ダメもとで、と思って
「今の時間でもウオーターバルコニーを
ちらっと見せていただくことなんてできます?」
と訪ねてみると




「申し訳ございません、それはちょっと・・」




などといわれるどころか


むしろ
パアッと明るい表情になって


「もちろんでございます!」



ですって~053.gif




もちろんでございます
って、なんか素敵じゃないですか♪
こんなに肯定してもらえることって
なかなかないよね~
・・と思っちゃう




その後
お忙しいチェックアウトの時間帯にも
関わらず、いい声の彼は
たいそう丁寧に3Fまで案内してくれて
「お2人で写真、お撮りいたしましょうか」
ともいってくれて
(それは丁重にお断り)


ウオーターバルコニーを一目見て
満足したあとは
彼+2人のスタッフの方に
熱く見送られながら
宿を後にしたのでした。




とにかく
ここ、海峯楼で
終始一貫して印象的だったのは
やっぱり一番には、ホスピタリティって
ことになるのでしょうか。
あーでもでも食事も
自分史上、ナンバー1だったのよね。

なんというか
働いてる人の愛が伝わってくるといったら
おおげさかしらん。
だって食事だって
一番美味しく食べてほしいという
真剣な思いがなかったらあそこまで
丁寧な仕事はできないでしょうしね~。
アメニティの豊富さやドリンクの行き届きぶりも
とにかく
ここに来た者、ひとり残らず
100%満足させて帰すぜ!
という気概に溢れているのかな
と感じました。






c0180581_1356364.jpg





ATAMI海峯楼、120%満足でしたわ~^^
また来たい!!




c0180581_162320.jpg








箱根吟遊編へつづく・・
by miyoda-miyomiyo | 2012-08-29 20:27 | 2012.7 ATAMI海峯楼 | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo