今年ようやく2本目・・終戦のエンペラー


お正月以来、ってことか~



映画自体、専門チャンネルで
あれこれ見てはいるので
いろいろかきたいことはあるんですのよ^^;




行ってきたのは
夫のたっての希望により



c0180581_17421090.jpg



なんか一日2回しかやってないし
今月で終わるみたいだし(不評か!)


行けるのが日曜の朝しかなくて
しかもミッドランドの会員証を忘れてったら

なんと大人1800円ヾ(0д0∥)ノ


そうだよねぇ・・
いつもレイトショー+会員割引で
1000円で見てるので
この段階でこの映画のハードル
私の中で棒高跳びくらい上がったし




・・・



んでも、ま
よかったですよ。

途中まではちょっと
うーん、て感じだったけど


やっぱり
マッカーサーと天皇陛下の会見のシーン
(と、そこに至るまでの曲折)なんかは

あのやりとりが真実なら
特に思想(左寄りの)をお持ちの方以外は
普通にじーんとしたりすると思います。

しかし
歌舞伎の方というのは
何をさせてもまちがいないというか
ほんとにすばらしいなあといつも思う。

片岡孝太郎、しゃべり方とか
もう、天皇陛下にしか見えん・・



そうそう、あとこういう映画で
必ずがっかりさせられるのが
日本の描き方で

この作品でも冒頭、いきなり
恋愛中のフェラーズとアヤ、
竹林でおいかけっこ・・
という回想シーンから始まって

いや~な予感がしたんだけども
なかなかどうして。


だいたい
日本人役を韓国人や中国人の方が
演じるっていうのはまあ普通
欧米の方には見分けなどつきませんからね。
でもこの映画はそれがなかった!

それだけで
あ、ちゃんと日本のことをわかった人が
制作にかかわっている、と思えたし
実際、全編通じて変な違和感はなかったな。




余談ですけど
映画はもちろん、私の愛する海外ドラマでも
こういうことは日常茶飯事で
有名どころでは HEROS
マシ・オカの友達役の アンドウ君 ですな。


アンドウ君を演じてるのが
韓国人の方だということもそうだけど

さらに笑えるのが
「アンドウ」は
苗字じゃなくて名前

だったっていう・・

適当すぎだろっ
ちなみに苗字は「マサハシ」なんですと。
マサハシアンドウ・・・
「マサハシ」も苗字として微妙だし!


ついでにいうと
こないだCSIみてたら
容疑者の日本人学生の名前が

ミヤモトタカハシ

だったな(爆)


そりゃ
アメリカ人からみたら同じような
4文字を苗字と名前で見分けろったって
無理ってもんでしょうけど


日系人スタッフとかさ~
だれかチェックする人おらんかったのかな?


夫にいったら

まあ、アメリカ人でも
両方名前、みたいのあるしな~
ジョージ・マイケル的な?
だで、どっちでもいいんじゃね~の?

と。


うーん
確かにね!

日本でいうところの
由美かおるとか

・・って、古!





おっと


余談のほうが長くなりましたが。
終戦のエンペラー
の感想でした(どこが!?笑)




映画、久しぶりで行って
やっぱりよかったな♪
またいろいろ見に行こうっと。


次はウルヴァリンだな^^
by miyoda-miyomiyo | 2013-08-27 20:00 | 映画のこと・本のこと | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo