河津峰温泉 玉峰館⑤ 記憶に残る朝ごはん


温泉が恋しい肌寒さですな。


玉峰館、怒涛の連続更新から
すっかり間があいてしまったけれど
わたくしの熱い温泉ブームは
いまださめやらず。

あ~そろそろ温泉ギレだわ~(-_-;)




では続きです。




朝6時、昨夜予約しておいた夕凪
寝ぼけまなこで堪能す。
固まった体がほぐれる感じ、こたえらません

そして、少しおいた8時頃
大半の人が朝食にいくであろう
時間をねらって、男女が入れ替わった大浴場へ。



c0180581_18482311.jpg


思惑どおりの独り占め状態
これが大岩露天・吹花ですよ。

広さが伝わらない写真が遺憾ですわぁ´Д`


c0180581_18301317.jpg


もちろんこちらもかけ流し。
空が美しすぎて気持ち良くて笑えてきます^^





朝から風呂をハシゴして
なおかつ朝食の時間を9時でお願いしてたので
空腹感はすこぶるいい感じ!


朝ごはんは夜と同じダイニングでいただく。



c0180581_18305187.jpg



これなんですけど053.gif


そうなんですよ!
写真で見ると、結構なんの変哲もない感じに
見えてしまうのが不思議なんだけれど


ま、実際
メニュー的にもそれほど
奇をてらったものがあるわけでなく
(奥には湯豆腐の鍋)


でも!

一口、二口食べた瞬間
夫とわたし「うまっ!」と顔を見合わせ
ほどなく、二人して
「これ今まで食べた中で一番だわ」
完全に意見が一致してしまったんですの。


夫とも不思議だねと話してたのですが

だって
東北旅行のときの、たとえば
おとぎの宿米屋だって釜焚きご飯
お米の銘柄も同じ「つや姫」だったし
おかずだって負けず劣らず
凝ったものが出てきてたと思うんだけど



写真(ネタバレ)
↓↓
c0180581_1944265.jpg



正直、あんまり印象に残ってなくて
なんか淡々と食べてたような・・^^;




c0180581_18303950.jpg



言えるのは

普通に見えて、でも
ひとつひとつに最大限に手をかけてるのが
食べてて伝わってくる味だということ。

ふわふわのだし巻卵にかかってる
あったかい餡も、客が席についたのを見て
出しているからこそで
(だからって全然待たされてない)
朝ごはんだから、ごはんの友的なものを
いくつかだしとけばいい、っていう
レベルじゃないんですよ。

焼きたらこの火の通り具合とか
西京みそ漬けの魚の繊細な味付けとか


この朝ごはんで
唯一許せなかったのは
夫がごはんを3杯おかわりしたせいで
私が2杯目を食べられなかったこと!
でしょうか。
いや、一生忘れんぞ(笑)




そして



c0180581_1831250.jpg


朝のダイニングのこの素晴らしい雰囲気が
印象↑↑↑に一役かっていることは
まちがいないでしょう♪







食後のデザートとともに
紅茶をお願いしたら


c0180581_18313421.jpg

かっ・・かわゆい!



c0180581_1832326.jpg
中はこういうことに


萌えました^^





さて

チェックアウトはゆっくり11時。
車まで荷物を運んでくれた男性に
歩きながら、どれだけよい滞在だったかを
力説しておくと
「恐縮でございます!」と
何度もいいながらとてもうれしそう。
ひとりひとりが、この宿を
良くしていこうっていう気持ちに
あふれているんですな、きっと。



駐車場には数名のスタッフがいて
見えなくなるまで手をふってくれていました。

多少不満があった宿でも
最後にこれやられると、結構いろんなことが
帳消しになる効果があるのよね








c0180581_18331930.jpg


浄蓮の滝に立ち寄る。
滝壺までの石段の上り下りはハードだけど
美しかった^^



c0180581_18334590.jpg
c0180581_18335681.jpg



沼津御用邸公園を散歩したあと
帰路につく。






いろいろと
複雑な思いを抱えながら訪ねた
伊豆の旅だったけれど

終わってみれば

もしかして一番?
あ、いや、え~と
まちがいなく3本の指にはいる宿
(宿って部門賞があって単純に順番がつけられないもんで)
・・に、出会ってしまった
忘れられない旅となりました。





あ~
温泉行きたい。



実をいうと
すでに12月の週末に(今度はnaoも一緒で)
次の予約を入れてあるという、タガのはずれっぷり

一休でセールやってたもんでついうっかり・・

by miyoda-miyomiyo | 2013-10-25 00:00 | 2013.9 玉峰館 | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo