東北周遊1日目 おとぎの宿米屋 ごはん編



ばんごはんです。


c0180581_15315469.jpg
部屋の名は「はらはら」


c0180581_15442318.jpg
空間を贅沢に使った個室ですな~。


c0180581_15354996.jpg


米屋のごはんは
おとぎ話をモチーフにしていてですね!

夏のおとぎ会席のテーマは
ありときりぎりす
・・って微妙^^

お品書きをよく見ると
んま~
いろいろと考えて創作してるのねん
と、感心するけど

うちの年中空腹夫はそもそも
こういうモチーフだったことすら
きづいてないであろう・・(-_-;)




c0180581_15475522.jpg
それは、おとぎの森の中

このちまちま感、女子好みです♪


c0180581_15482122.jpg
小鳥のさえずりと花々

これはガスパチョ。


c0180581_16364842.jpg
陽気な夏へ

お造りと新鮮な生野菜。


c0180581_16372577.jpg
焼けつく太陽と収穫

サザエと、もうひとつは
マコモダケというものだそうで

これは~私には
もうひとつだったかも。



c0180581_15484071.jpg
雷雨に打たれて

奥は穴子の押し寿司
このへんでそろそろ
お腹にずっしり来てました!


c0180581_1638185.jpg
豊作を祝い楽しむ日々

トマトがまるごとはいったこれ
すき焼きなんですの。
イタリアンすき焼き?
野菜はズッキーニとか玉ねぎ。
バジルやチーズも満載で
そしてお肉がほんとにおいしい!

あたしはこれ
夏らしくて嫌いじゃなかったけど
夫はふつうのすき焼きのほうが
お好みだったご様子^^;




c0180581_15501659.jpg
冷たい雪の中

ヨーグルトサラダ?
口直し的なものだったかな。




c0180581_1551825.jpg



ここで登場したのが餅三種~^_^;

米屋では、8のつく日に餅つきイベントが
開催されるのである。

ずんだ餅の魅力に勝てず
満腹なのに勧められるまま
ついついいただいてしまい

思えば
これが米屋滞在中、ずーっと
お腹が苦しかった原因だな、やっぱり。



c0180581_15514857.jpg
凌ぐ日々

お腹いっぱいなのに
目の前で釜焚きしてくれたごはん。
残すことができようか・・(涙)



c0180581_1552265.jpg
心からの感謝を・・めでたしめでたし


でもー


別腹にはもう
餅が入ってるし!!





とまあ


めちゃくちゃ
ヘビーな晩ごはんだったわけですが



40代の胃ヂカラでは消化が!
間にあわんです~





無情にも朝ごはんの時間はやってくる。




c0180581_16404033.jpg

朝ごはんも同じ個室で。

こんなに美しくてヘルシーな朝ごはんなのに
お腹が空いてなかったせいか
あまり印象にのこってなくてTーT



c0180581_1641153.jpg


ペース配分は大事です (ーЗ-)ノ





c0180581_16442460.jpg





チェックアウトを待つあいだ
こちらの手作り感あふれる
かわいらし~売店を物色。

最初から最後まで
It's a おとぎワールドでした^^





いやー




朝ごはんを食べた後も
しつこくお風呂にはいり
最高のお湯を満喫、何回入っただろう~

ごはんについては
とにかく「苦しい!」という印象になって
しまったのが痛恨でしたが


総括すると
わたしは米屋さん
めちゃくちゃ好き!


なんだろう
ここは女子好みに特化してるというか
たぶん夫なんかは、ここは
特に印象がないんじゃないかな。

私個人は、そんなにファンタジーな世界が
好きなほうではないんだけど
それ以外にもきめ細かいサービスとか
清潔感とか贅沢感とか
あとなんといってもお湯ですお湯!
お肌のすべすべ感がっ。

なんかこの旅行で
わたしは「源泉かけ流し」に目覚めたと←遅い
振り返ればそうかもしれない。 


おとぎの宿・米屋
わたしの三本の指に入る宿決定ですとも!






山形編へつづく・・
by miyoda-miyomiyo | 2013-12-12 20:45 | 2013.7 おとぎの宿 米屋 | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo