2009年 08月 31日 ( 1 )


8月4日(火) 4日目


ラスベガスからドライブすること5時間。
このあたりで窓からの景色がかわってくる。
青い空に赤い岩。
そのダイナミックなコントラストが
「すごいところに来た!」感をググッと盛り上げる。

かつてネイティブアメリカンの聖地であった、ここセドナは
いまや、世界中から癒しを求める人が訪れる屈指のパワースポットである。
曰く、ここには地球の磁場が集中しており、
そのスピリチュアルなパワーは、大地のエネルギーがred rockから
渦を描くように湧き上がるさまをイメージして
「エネルギーの渦巻き」=ボルテックスパワーと称される。

日頃、占いや霊的なものにほとんど関心がない私がいうのもなんだが
よーするにとてもスゴイとこらしい。
スピリチュアルな人(ヒーラーとか、リーディングする人とかオーラを見る人とか)が集結してるらしいし
アーティストも多いし、ついでにマドンナやトムクルーズの別荘もあるらしい・・・

そういう意味でほんとに「スゴイ」かどうかはともかく
この旅行のタイミングでたまたま、次々に情報が集まってきて
なんだか行ってみたい!という気持ちが膨らんだのも何かの縁、
もしかしたらスピリチュアルな何かに呼ばれてるのかもしれん
などという邪念も抱きつつ・・
遠路はるばるやってきたのであった。


たぶんそんなに敏感じゃないわが家+同類の黒沢さんの4人は
やはりというか、もちろんというか
セドナの美しい町に入ってからも
よく体験談などで聞くような
手がびりびりした」とか「鳥肌がたった」とか
いわんや「ひとりでに涙があふれだした」というようなことは
いっさいなく・・・(無念)


c0180581_18293418.jpg





c0180581_1829591.jpg


ボルテックスポイントのひとつ、
エアポートメサ

ひたすら登る、登る。






c0180581_18301586.jpg
木も磁力のせいで
このように
捻じ曲がって生えるという





なんて、スゴそうな写真を載せてますが
実はここは超・初心者向けのトレッキングスポット。
途中、手を使う場所も、あることはあるけど
素人のわれらでも10分もかからずに
素晴らしい頂上を拝むことができてしまうのだ。




c0180581_18303576.jpg

c0180581_1962558.jpg



だんご娘・瞑想の図

c0180581_18304821.jpg



ワーイ!ワーイ!

c0180581_18313910.jpg



むしろ侮れぬ
緊張感の下り。

おずおず・・







エアポートメサで心地よい征服感を味わった後
向かったのは、レッドロッククロッシング
絵葉書のような美しい景色を見ながらの川遊びで涼む。

ジーンズをたくし上げて川に入るなんて
何年ぶりだろうか。




c0180581_18321990.jpg


ヨロヨロ・・
オタオタ・・


c0180581_18322638.jpg



ワーイ!ワーイ!







続いて向かったのはホーリークロス教会
絶景をバックに、崖の中腹にそれはあるのだ。

一歩中へ入ると
シーンと厳かな雰囲気の中には
ひざまづいて祈りを捧げる女性も。
その傍らでは数え切れないほどのろうそくの炎が
静かにゆれている。


c0180581_18325423.jpg

c0180581_1833175.jpg

c0180581_18332830.jpg






芸術家の村、テラカパキを散策のあとは
アップタウンで、お土産の店を覗いて見たり、

c0180581_1833424.jpg

c0180581_18335470.jpg

c0180581_18342872.jpg

c0180581_18343749.jpg




巨大おにぎりのおかげで
しっかり昼食をとるほどの空腹感はなかったので
軽く休憩をとることにする。
ちょっとさびれた雰囲気がイイ感じのダイナーにて。

朝じゃなくても注文OK!だそうなので
ブレックファストメニューとチョコレートパイをオーダー。
それと紅茶を頼んだら出てきた、
よりどりみどりのティーバッグの山とポットに入ったお湯。
斬新ですな(笑)


c0180581_18345651.jpg

c0180581_1835412.jpg
c0180581_18351159.jpg






夕方、名残惜しいセドナを後にする。




c0180581_18352083.jpg帰りの休憩で立ち寄ったキングマンの
ドライブインでなんとなく買ったコーンドッグ
(日本でいうところのアメリカンドッグ)
驚くほど皮が薄くてパリッとして美味しかった。
夫は帰国後もこれが忘れられない様子。







アリゾナドライブの終わりが近づくとともに
空も美しく変化してゆく。



c0180581_1835444.jpg

c0180581_18355752.jpg

c0180581_18361182.jpg





8時すぎ、夜景が眩しいラスベガスに到着。

スピリチュアルな何かを体感することは
どうやら出来なかったけど
セドナは素晴らしい場所だった。
なんだかよく分からないけど、
また行きたいと思うのだから間違いない。

黒沢さんに厚~くお礼とお別れをいって
楽しかった4日目が終了。



が!
よりによってわが家で一番ニブそうな男が、
この日、誰も体感できなかったはずの
「ボルテックスパワー」の祝福をちゃっかり受けていようとは
このとき、誰も予想だにしなかったのである・・。

by miyoda-miyomiyo | 2009-08-31 23:36 | 2009 ラスベガス旅行記 | Comments(0)

仕事も家事もグダグダですけど!週末大好き、わたしと家族の12ヶ月。


by miyoda-miyomiyo